M&Aニュース

RPAホールディングス、子会社ディレクトのマーケティング支援サイトに関する事業の一部をイードに譲渡へ

更新日:

RPAホールディングス株式会社 (6572) は、2024年1月26日開催の経営会議において、連結子会社である株式会社ディレクト(東京都港区)がトランスフォーメーション事業で行っているマーケティング支援サイトに関する事業の一部を株式会社イード(6038)に譲渡することについて決議した。

RPAホールディングスは、ロボットアウトソーシング事業、ロボットトランスフォーメーション事業、RaaS事業、新規事業支援&創出を行う。

ディレクトは、インターネットに関する総合コンサルティング業務を行う。

イードは、メディア事業、リサーチ事業、メディアコマース事業を行う。

RPAグループの事業ポートフォリオの見直しの中で検討した結果、トランスフォーメーション事業の経営資源の再分配を行うこととなったため、事業譲渡を行うに至った。

・譲渡価額及び決済方法
譲渡価額:48百万円
決済方法:現金による決済

・今後の予定
譲渡実行日 :2024年2月上旬

インターネット関連サービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

イード・RPAホールディングスに関連するM&Aニュース

RPAホールディングス、子会社ディレクトのシステムソリューション事業の一部を譲渡へ

RPAホールディングス株式会社(6572)は、連結子会社である株式会社ディレクト(東京都港区)がトランスフォーメーション事業で行うシステムソリューション事業の一部を譲渡することを決定した。RPAホールディングスは、純粋持株会社。単純作業の代行を行うソフトウェアのロボット「BizRobo!」を扱うロボットアウトソーシング事業、オンライン広告業界にてロボットによる付加価値を加えるロボットトランスフォー

イード、カブスルと株式交換契約及び吸収合併へ

株式会社イード(6038)は、株式会社カブスル(北海道札幌市)と株式交換契約および吸収合併契約を締結した。イードを株式交換完全親会社とし、カブスルを株式交換完全子会社とする株式交換。イードは、カブスルの普通株式1株に対して、イードの普通株式392.55株を割当交付する。吸収合併は、イードを存続会社とし、カブスルを消滅会社とする方式で、カブスルは解散する。イードは、デジタルメディアを中心に21ジャン

イード、車両実験の関連事業を行うエフ・アイ・ティー・パシフィックの株式取得、子会社化へ

株式会社イード(6038)は、エフ・アイ・ティー・パシフィック株式会社(東京都台東区)の発行済株式(自己株式を除く)の70.7%を取得し、子会社化することを決定した。イードは、メディア事業、リサーチ事業、メディアコマース事業を行っている。2017年よりMaaS※などによって変化する自動車産業に注目し、ベンチャー企業とのアクセラレーション・コラボを進めている。エフ・アイ・ティー・パシフィックは、車両

イード、進学相談イベントを運営するリンクの全株式取得、子会社化

株式会社イード(6038)は、株式会社リンク(神奈川県横浜市)の全株式を取得し、子会社化した。イードは、メディア事業、リサーチ事業、メディアコマース事業を展開している。リンクは、東京・神奈川における私立小学校・中学校・高等学校を中心とする進学相談イベント、地域密着型のフリーペーパー横浜生活情報マガジン「Fravent(フレヴァン)」を2本の柱に事業を行っている。本件M&Aにより、Web媒体の「イー

イード、EC支援サービス事業を行うNHN SAVAWAYの全株式取得、子会社化へ

株式会社イード(6038)は、NHNSAVAWAY株式会社(東京都港区、SAVAWAY)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。なお、株式譲渡実行日にSAVAWAYの商号を「SAVAWAY株式会社」に変更する予定。取得価額は、約57百万円。イードは、メディア事業、リサーチ事業、メディアコマース事業、プラットフォーム(iid-CMP)を展開している。SAVAWAYは、EC支援サービス事業、複数

この記事に関連するタグ

「事業譲渡・選択と集中・事業ポートフォリオ」に関連するコラム

事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

M&A全般
事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

複数の事業を展開する中で、不採算部門を整理し、主力事業へ経営資源を集中するなど、事業戦略の見直しを迫られる場合があります。このような場面で活用されるのが、事業売却です。事業売却は組織再編において有効な方法ですが、その特徴を十分に理解しておかなければ、かえってマイナスの効果を生みかねません。本記事では、事業売却の概要、メリット・デメリットなどをご紹介します。日本M&Aセンターでは、事業売却をはじめ、

カーブアウトとは?メリットや課題、進め方、企業事例を紹介

M&A全般
カーブアウトとは?メリットや課題、進め方、企業事例を紹介

~ある上場企業の経営企画部長の悩み~社長から「事業ポートフォリオ見直しに着手せよ」という指示を受けました。選択と集中は不可欠で、子会社や事業の切離し(カーブアウト)も視野に入れたいと社長は力説します。しかし、当社は買収実績があっても売却はほとんどしたことがない。さて、どうしたものか・・・。近年、事業ポートフォリオの見直しに伴う、グループ会社や事業の切り離し、つまりカーブアウトの動きが加速しています

スピンアウトとは?スピンオフとの違いやメリット・注意点・事例まで詳しく解説

経営・ビジネス
スピンアウトとは?スピンオフとの違いやメリット・注意点・事例まで詳しく解説

スピンアウトは、新たな事業価値を創出する手段として注目されています。そこで本記事では、スピンアウトとスピンオフの違い、スピンアウトのメリットや注意点等について詳しく解説します。スピンアウトとは?スピンアウトとは、企業が特定の子会社や事業を切り離し、新たな会社として独立させる言葉として、ビジネスの場面で用いられます。親会社との資本関係を解消するため、新会社は完全な独立企業になる点が特徴です。親会社の

事業ポートフォリオとは?作成するメリットや手順や最適化のコツを紹介

経営・ビジネス
事業ポートフォリオとは?作成するメリットや手順や最適化のコツを紹介

事業ポートフォリオとは、企業が運営しているすべての事業を組み合わせて可視化したものです。事業ポートフォリオを作成すれば、それぞれの事業の収益性や成長性などを確認しやすくなります。本記事では事業ポートフォリオを作成するメリット、作成手順、事業ポートフォリオを最適化するためのポイントなどについて解説します。@sitelink事業ポートフォリオとは事業ポートフォリオとは、企業の事業を一覧化したものを指し

「選択と集中」とは?手法やメリット・デメリット、企業事例を解説

M&A全般
「選択と集中」とは?手法やメリット・デメリット、企業事例を解説

どの企業にも強みと弱みがあります。すべての強みを伸ばしながら弱みを小さくして事業成長を図るのが理想的ですが、活用できる経営資源は限られているため、実現は難しいでしょう。そこで考えられたのが、「選択と集中」という経営戦略です。本記事では、「選択と集中」とはどのような経営戦略で、メリットとデメリットにはどういったものがあるのかを解説し、実行する際のポイントなども説明します。日本M&Aセンターは場企業の

会社売却をしたら退職金はどうなる?

M&A全般
会社売却をしたら退職金はどうなる?

会社売却後に退職する場合、退職金はもともとの規定が引き継がれるのでしょうか。支払われる金額や方法、時期などに変化が生じるのでしょうか。本記事では、会社売却にともない退職者が出た場合の従業員や役員の退職金、注意すべきポイントについて解説します。@sitelink退職金とは退職金とは、従業員の退職時に雇用主である会社が支払う金銭のことで、通常の給与や賞与とは別に支給されるものです。退職金制度の導入は法

「事業譲渡・選択と集中・事業ポートフォリオ」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード