M&Aニュース

クリーク・アンド・リバー社、ALFA PMCを子会社化へ

更新日:

株式会社クリーク・アンド・リバー社(4763)は、株式会社ALFA PMC(東京都港区)の株式取得による子会社化するとともに、同社が実施する第三者割当増資を引き受けることを決定した。

株式会社クリーク・アンド・リバー社は、映像、ゲーム、Web、広告・出版、作家などの18分野において、ライツマネジメント(知的財産の企画開発・流通)、プロデュース(開発・請負)、エージェンシー(派遣・紹介)の事業を展開している。

株式会社ALFA PMCは、施設建築領域全般におけるマネジメント・セミナーの提供・配信等を行っている。

今回の子会社化により、クリーク・アンド・リバー社は、建築分野のプロフェッショナルの生涯価値向上とともに、グループの企業価値向上を目指す。なお本件により、クリーク・アンド・リバー社グループ会社は全29社となる。

・今後の予定
株式譲受実行日 2023年5月31日

放送・出版・コンテンツ制作業界のM&A・事業承継の動向はこちら

放送・出版・コンテンツ制作業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、放送・出版・コンテンツ制作業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

クリーク・アンド・リバー社に関連するM&Aニュース

クリーク・アンド・リバー社、リヴァイを買収

株式会社クリーク・アンド・リバー社(4763)は、2024年2月29日開催の取締役会において、リヴァイ株式会社(神奈川県横浜市)の株式取得により、子会社化することを決議した。クリーク・アンド・リバーグループは、映像、ゲーム、Web、広告・出版、作家等の18分野で、プロフェッショナル・エージェンシーを展開している。また、クリエイターをはじめとしたプロフェッショナルの生涯価値の向上に向け、VR/AR/

クリーク・アンド・リバー社、Shiftallを買収

株式会社クリーク・アンド・リバー社(4763)は、2024年1月31日開催の取締役会において、株式会社Shiftall(東京都中央区)の株式取得により、子会社化することを決議した。クリーク・アンド・リバー社は、ライツマネジメント事業(知的財産の企画開発・流通)、プロデュース事業(開発・請負)、エージェンシー事業(派遣・紹介)を行う。Shiftallは、VR・メタバース・IoT機器の企画・開発・販売

クリーク・アンド・リバー社、シオングループを子会社化へ

株式会社クリーク・アンド・リバー社(4763)は、株式会社シオングループ(東京都千代田区)の子会社化を決定した。クリーク・アンド・リバー社は、映像、ゲーム、Web、広告・出版などの18分野において、ライツマネジメント(知的財産の企画開発・流通)、プロデュース(開発・請負)、エージェンシー(派遣・紹介)の事業を展開している。テレビ・映像分野はグループ創業の事業として展開しており、日本および韓国の主要

クリーク・アンド・リバー社、連結子会社であるGruneの株式を譲渡へ

株式会社クリーク・アンド・リバー社(4763)は、連結子会社である株式会社Grune(福島県南相馬市)の株式を譲渡することを決定した。クリーク・アンド・リバー社は、開発・請負を行うプロデュース事業、派遣・紹介を行うエージェンシー事業、知的財産の企画開発・流通を行うライツマネジメント事業を行っている。クリーク・アンド・リバーグループとしては、Web、医療、会計、法曹、建築、など18分野のプロフェッシ

クリーク・アンド・リバー社、新商品・サービスの企画、開発等を行うきづきアーキテクトの株式取得、子会社化へ

株式会社クリーク・アンド・リバー社(4763)は、きづきアーキテクト株式会社(京都府京都市)の第三者割当増資を引き受け、子会社化することを決定した。議決権所有割合は、70%となる。第三者割当増資による新株式発行価額は、1株につき47,620円。クリーク・アンド・リバー社は、エージェンシー事業(派遣・紹介)、プロデュース事業(請負・アウトソーシング)、ライツマネジメント事業(知的財産)、教育事業を展

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・子会社・第三者割当増資」に関連するコラム

関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

広報室だより
関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

2022年11月下旬に大阪市内で開催された関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip2022」(主催:株式会社ニューズピックス)で、株式会社日本M&Aセンターの渡部恒郎がトークセッションに登壇しました。当日の模様を紹介します。(写真左から)株式会社日本M&Aセンター取締役渡部恒郎氏、株式会社スマートメディア代表取締役成井五久実氏、株式会社USEN-NEXTHOLDINGS執行役員/事業

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

事業承継
会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

事業を継いでくれる後継者が見つからない場合、残される選択肢は廃業、そして会社の売却です。本記事では、会社売却の動向、会社売却のメリットなどを整理したうえで、売却時の注意点や全体の流れについて解説します。事業承継を断念する前に、会社を売却し事業を存続させる方法について話を聞いてみませんか?数々の事業承継をご支援してきたコンサルタントが、M&Aによる取引価額、売却先候補についてご案内致します。ご相談は

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

「株式譲渡・子会社・第三者割当増資」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード