M&Aニュース

クリーク・アンド・リバー社、Shiftallを買収

更新日:

株式会社クリーク・アンド・リバー社(4763) は、2024年1月31日開催の取締役会において、株式会社Shiftall(東京都中央区)の株式取得により、子会社化することを決議した。

クリーク・アンド・リバー社は、ライツマネジメント事業(知的財産の企画開発・流通)、プロデュース事業(開発・請負)、エージェンシー事業(派遣・紹介)を行う。

Shiftallは、VR・メタバース・IoT機器の企画・開発・販売・サポート等を行う。

・株式取得の理由
今般の子会社化により、クリーク・アンド・リバー社の持つVRやメタバースに関するビジネス向けのコンテンツ開発やシステム開発、ハードウェア販売事業とのシナジーの発揮をはかっていくとともに、同社の持つ豊富なプロフェッショナルネットワークとの融合による新たな価値創造により、社会に貢献していくことを目指す。

・今後の予定
株式譲受実行日 2024年2月1日

放送・出版・コンテンツ制作業界のM&A・事業承継の動向はこちら

放送・出版・コンテンツ制作業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、放送・出版・コンテンツ制作業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

クリーク・アンド・リバー社に関連するM&Aニュース

クリーク・アンド・リバー社、ALFA PMCを子会社化へ

株式会社クリーク・アンド・リバー社(4763)は、株式会社ALFAPMC(東京都港区)の株式取得による子会社化するとともに、同社が実施する第三者割当増資を引き受けることを決定した。株式会社クリーク・アンド・リバー社は、映像、ゲーム、Web、広告・出版、作家などの18分野において、ライツマネジメント(知的財産の企画開発・流通)、プロデュース(開発・請負)、エージェンシー(派遣・紹介)の事業を展開して

クリーク・アンド・リバー社、シオングループを子会社化へ

株式会社クリーク・アンド・リバー社(4763)は、株式会社シオングループ(東京都千代田区)の子会社化を決定した。クリーク・アンド・リバー社は、映像、ゲーム、Web、広告・出版などの18分野において、ライツマネジメント(知的財産の企画開発・流通)、プロデュース(開発・請負)、エージェンシー(派遣・紹介)の事業を展開している。テレビ・映像分野はグループ創業の事業として展開しており、日本および韓国の主要

クリーク・アンド・リバー社、連結子会社であるGruneの株式を譲渡へ

株式会社クリーク・アンド・リバー社(4763)は、連結子会社である株式会社Grune(福島県南相馬市)の株式を譲渡することを決定した。クリーク・アンド・リバー社は、開発・請負を行うプロデュース事業、派遣・紹介を行うエージェンシー事業、知的財産の企画開発・流通を行うライツマネジメント事業を行っている。クリーク・アンド・リバーグループとしては、Web、医療、会計、法曹、建築、など18分野のプロフェッシ

クリーク・アンド・リバー社、新商品・サービスの企画、開発等を行うきづきアーキテクトの株式取得、子会社化へ

株式会社クリーク・アンド・リバー社(4763)は、きづきアーキテクト株式会社(京都府京都市)の第三者割当増資を引き受け、子会社化することを決定した。議決権所有割合は、70%となる。第三者割当増資による新株式発行価額は、1株につき47,620円。クリーク・アンド・リバー社は、エージェンシー事業(派遣・紹介)、プロデュース事業(請負・アウトソーシング)、ライツマネジメント事業(知的財産)、教育事業を展

クリーク・アンド・リバー社(4763)の子会社クレイテックワークス、インタラクティブブレインズより3DCGアバター、VR等開発事業を譲り受け

クリーク・アンド・リバー社(4763)の子会社株式会社クレイテックワークス(東京都港区、CTW)は、株式会社インタラクティブブレインズ(東京都渋谷区)の3DCGアバター事業、VR事業、コンテンツ等の開発事業を譲り受けた。C&R社とCTWを含むC&R社グループは、映像、ゲーム、広告媒体他15分野においてプロフェッショナル・エージェンシー事業を展開している。インタラクティブブレインズは、スマートデバイ

この記事に関連するタグ

「買収」に関連するコラム

TOB(株式公開買付け)とは?目的や流れ、企業事例を解説!

M&A全般
TOB(株式公開買付け)とは?目的や流れ、企業事例を解説!

東京証券取引所の市場再編やPBR(株価純資産倍率)改善要請を背景に、成長を意識した買収、上場企業へのTOB(株式公開買い付け)の動きが活発化しています。本記事ではTOBの概要や主な流れ、メリット、企業事例をご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらTOB(株式

コングロマリットとは?メリットや企業事例を紹介

M&A全般
コングロマリットとは?メリットや企業事例を紹介

不透明な時代を生き抜くための戦略として、コングロマリット型経営は注目されており、国内ではその動きが活発化しています。本記事では、コングロマリットの特徴やメリットなどについて解説していきます。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらコングロマリットとはコングロマリット(co

新NISAがM&Aのきっかけ?ドコモのマネックス証券子会社化を解説

M&A全般
新NISAがM&Aのきっかけ?ドコモのマネックス証券子会社化を解説

業界経験豊富なM&Aのスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動きについて、プレスリリースを紐解き解説する「M&Aニュースサテライト」。今回はNTTドコモとマネックスグループ・マネックス証券のニュースを解説します。※本記事はYouTube動画の内容を抜粋・編集してご紹介します。日本M&Aセンターは上場企業、中堅・中小企業のM&A・企業戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。ご相談は無料、秘密厳

敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

M&A全般
敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

買収は「敵対的買収」と「友好的買収」の2つに大別できます。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが、稀に敵対的買収が行われることもあります。本記事では、敵対的買収の概要、敵対的買収を仕掛けられた側の防衛策、企業事例などをご紹介します。日本M&Aセンターでは、友好的M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せ

「後継者のいない会社」を買うメリットとは?

M&A全般
「後継者のいない会社」を買うメリットとは?

近年、後継者不在の会社を第三者が譲受けるケースが増加傾向にあります。本記事では、後継者のいない会社を買う場合のメリット、認識しておきたい注意点、会社の探し方や相談先についてご紹介します。買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録(無料)はこちら後継者のいない

【連載】「伸びる企業の買収戦略」買収成功のロードマップ 『100日プラン』

【連載】「伸びる企業の買収戦略」買収成功のロードマップ 『100日プラン』

日本M&Aセンターの新刊書籍『伸びる企業の買収戦略―実録中堅・中小M&A成功事例の徹底解剖!』が発売されました(2023年9月13日ダイヤモンド社より発行)。中堅・中小企業向けに買収戦略の考え方や成功パターン、デューデリジェンスやPMIなどのポイント、複数社買収の効果や海外M&Aなどについて、豊富な実例を交えて解説した「譲受企業(買い手)」向けの実践的な入門書です。M&Aマガジンでは、全4回にわた

「買収」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード