M&Aニュース

NEC、5G Open RANシステム構築事業を行うAspire Technologyの株式取得、子会社化へ

日本電気株式会社(6701、NEC)は、Aspire Technology Unlimited Company(アイルランド・ダブリン)の全株式を取得する株式売買契約を締結した。

NECは、住友グループの電機メーカー。社会公共・社会基盤・エンタープライズ・ネットワークサービス・グローバル事業を展開している。

Aspire Technologyは、通信事業者向けに5G Open RAN※システムの構築事業を行っている。
※Open RAN:オープンな無線アクセスネットワーク

NECは、Open RANへの取り組みを行っており、Open RANをエンドツーエンドで実現するソリューションを提供するとともに、それらを統合するシステム構築力も持つ。
本件M&Aにより、NECの5G Open RANシステムの設計・構築力を強化していく。

・今後の予定
株式取得完了 7月中

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

日本電気に関連するM&Aニュース

ENEOS、NECからEV充電サービス事業を譲受

ENEOS株式会社(東京都千代田区)は、日本電気株式会社(6701、NEC)との間で、NECが運営する電気自動車(EV)充電設備を用いたEV充電サービスの事業譲渡契約を締結した。これまでNECが展開してきたEV充電器約4,600基の運営・管理業務を承継し、EV充電器の運用管理システムをNECが引き続き提供する。ENEOSは、石油製品の精製・販売、ガス/石炭の輸入・販売、石油化学製品等の製造・販売、

NECオンコイミュニティ、VAXIMM社よりネオアンチゲン個別化がんワクチン事業を買収

NEC(6701)の子会社であるNECOncoImmunityAS(ノルウェー、NOI)は、スイスとドイツを拠点とするバイオテクノロジー企業であるVAXIMMAG(スイス、VAXIMM)のネオアンチゲン個別化がんワクチン事業を買収した。NOIは、アンメット・メディカル・ニーズ(※1)領域に焦点をあてて独自のAI技術を開発している。VAXIMMは、広範囲のがん関連抗原を対象に患者への細胞傷害性T細胞

アンリツ、NECの子会社で電源、電子負荷装置等の研究開発・製造・販売を行う高砂製作所の株式取得、子会社化へ

アンリツ株式会社(6754)は、日本電気株式会社(6701、NEC)の子会社である株式会社高砂製作所(神奈川県川崎市)の発行済み株式のうち、NECが保有する99.7%の株式を取得することを決定し、NECと株式譲渡契約を締結した。アンリツは、電子計測器、食品・医薬品の品質保証システム、情報通信機器、デバイスなどの開発・製造・販売事業を展開している。NECは、社会公共、社会基盤、エンタープライズ、ネッ

NECの英国子会社、ヘルスケア向けソフトウェア企業のVantage Healthを買収

日本電気株式会社(6701、NEC)の子会社NorthgatePublicServices(イギリス・ハートフォードシャー州、NPS)は、VantageHealth(イギリス・ロンドン、VantageHealth社)を買収した。NECは、社会公共、社会基盤、エンタープライズ、ネットワークサービス、グローバル事業を展開している。英国子会社のNPSは、新生児や糖尿病患者などの健診プロセスをデジタル化す

NECの英国子会社、英国で警察向けソフトウェア事業を展開するCharter Systemsを買収

日本電気株式会社(6701、NEC)の子会社であるNorthgatePublicServices(イギリス・ハートフォードシャー州、NPS)は、警察向けソフトウェア企業CharterSystems(英国・サリー州)を買収した。NECは、社会公共事業、社会基盤事業、エンタープライズ事業、ネットワークサービス事業、グローバル事業を展開している。子会社のNPSは、警察市場において、50%以上のシェアを持

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・子会社・買収・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

M&A全般
上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

物流業3PL分野の有力企業同士のM&Aに注目西川:これまで日立物流の事例を取り上げてきましたが、今年に入って行われた物流M&A事例をもう1件紹介したいと思います。買い手は丸和運輸機関、株を売却したのがファイズホールディングス(ファイズHD)です。どちらも上場しているオーナー系の企業であり、今回TOBが用いられました。ただしTOBの後もファイズHDは上場を維持しています。【M&Aニュース】丸和運輸機

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武建設をミライトHDへ売却する背景とは?西武ホールディングスのカーブアウト事例を解説

M&A全般
西武建設をミライトHDへ売却する背景とは?西武ホールディングスのカーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

M&A全般
ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

「世の中のM&A事例をわかりやすく解説してほしい」そんな声にお応えする解説動画が、YouTubeの公式チャンネルでスタートしました。解説を行うのは、日本M&Aセンターの中でも長年業界に携わってきた、M&Aマスターの二人です。本記事では動画の内容をご紹介します。動画はこちらから西川:皆様こんにちは!日本M&Aセンター企業戦略部の西川です。どうぞよろしくお願いいたします。臼井:日本M&AセンターTOK

「株式譲渡・子会社・買収・クロスボーダーM&A」に関連する学ぶコンテンツ

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年7月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード