M&Aニュース

ピックルスコーポレーション、持株会社設立

株式会社ピックルスコーポレーション(2925)は、単独株式移転の方法により「株式会社ピックルスホールディングス」(持株会社)を設立することを決定した。
ピックルスコーポレーションを株式移転完全子会社、持株会社を株式移転設立完全親会社とする単独株式移転。

ピックルスコーポレーションは、浅漬・惣菜等の製造、販売および漬物等の販売などを行っている。

ピックルスホールディングスは、グループ会社等の経営管理およびそれに付帯または関連する業務などを行う。本店の所在地は埼玉県所沢市を予定している。

本件により、ピックルスコーポレーションは、M&Aや新規事業を含むグループ経営の戦略立案機能を強化し、グループ内における経営資源の配分を最適化する。また、監督機能と執行機能を分離することで、持株会社と事業会社の役割と責任を明確化するとともに、各事業会社における意思決定を迅速に行える体制を整え、時代の変化に対応しグループ競争力の強化を図る。

・今後の予定
株式移転計画承認定時株主総会 2022年5月26日
上場廃止日 2022年8月30日
持株会社設立登記日(本株式移転効力発生日) 2022年9月1日
持株会社上場日 2022年9月1日

食品製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

ピックルスコーポレーションに関連するM&Aニュース

ピックルスコーポレーション(2925)、茨城の野菜卸子会社・県西中央青果の全株式譲渡

ピックルスコーポレーション(2925)は、連結子会社である県西中央青果株式会社(茨城県古河市)の全株式を譲渡することを決定した。ピックルスコーポレーションは、浅漬、キムチ及び惣菜等の製造及び販売を行っている。同社は、製品の原料となる国産野菜の安定調達を企図し、平成27年6月に県西中央青果を子会社化した。本件M&Aにより、ピックルスコーポレーションは、企業価値の維持・向上を図る。●今後のスケジュール

ピックルスコーポレーション(2925)、食品製造のフードレーベルHDを子会社化

株式会社ピックルスコーポレーション(2925)は、株式会社フードレーベルホールディングス(東京都台東区、FLH)の株式を取得し、子会社化することを決定した。FLH普通株式の取得価額は1,100百万円。ピックルスコーポレーションは、「ご飯がススムキムチ」など、消費者が好む商品ラインナップを確立し、事業展開している。FLHは、牛角ブランドを使用した製品を、チルド製品(キムチ等)、ドライ製品(醤油だれ等

ピックルスコーポレーション(2925)、茨城の県西中央青果を子会社化

株式会社ピックルスコーポレーション(2925)は、青果市場の運営を行う県西中央青果株式会社(茨城県古河市)の株式を取得し、子会社化することを決定した。議決権所有割合は50.7%となる。ピックルスコーポレーションは、漬物・惣菜等の製造・販売を行っている。本件により、グループの主要な原材料である国産野菜の調達方法を多様化し、国産野菜の産地における生育状況や取引価格動向などの情報収集を強化する。●今後の

この記事に関連するタグ

「持株会社・株式移転・子会社・親会社」に関連するコラム

沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

広報室だより
沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

日本M&Aセンターグループとして初のM&Aを行い、2020年10月に株式会社企業評価総合研究所の子会社となった株式会社スピアは、2021年11月に創業25周年を迎えました。スピア取締役の宮城と社長室室長の永井に、M&A後のPMI(ポスト・マージャー・インテグレーション:M&A後の経営統合)について聞きました。日本M&Aセンターグループ初のM&Aで企業評価総合研究所の子会社にスピアでは74人(202

持株会社とは?種類やメリット・デメリット、設立方法について解説

経営・ビジネス
持株会社とは?種類やメリット・デメリット、設立方法について解説

持株会社とは?種類やメリット・デメリット、設立方法について解説複数の会社が企業グループを形成しようとする場合、お互いに株式を持ち合う資本提携や、親会社が子会社の株式を100%取得して完全子会社化していくなどさまざまな形があります。その中でも、上場・非上場を問わず、近年多くの企業が導入しているのが持株会社制度です。本記事では持株会社の特徴や種類、メリット・デメリットなどについて解説していきます。持株

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

「持株会社・株式移転・子会社・親会社」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年4月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード