M&A用語集

持株会社

読み
もちかぶがいしゃ
英語
holding company

持株会社とは、一般に他社の株式を保有し、その会社を支配することを目的とした会社のことをいう。独占禁止法では子会社の株式の取得価額(最終の貸借対照表において別に付した価額があるときは、その価額)の合計額の当該会社の総資産の額に対する割合が100分の50を超える会社を持株会社と定義している。

「持株会社」の関連用語

「持株会社」の関連コラム

「持株会社」の関連M&Aニュース

ピックルスコーポレーション、持株会社設立

株式会社ピックルスコーポレーション(2925)は、単独株式移転の方法により「株式会社ピックルスホールディングス」(持株会社)を設立することを決定した。ピックルスコーポレーションを株式移転完全子会社、持株会社を株式移転設立完全親会社とする単独株式移転。ピックルスコーポレーションは、浅漬・惣菜等の製造、販売および漬物等の販売などを行っている。ピックルスホールディングスは、グループ会社等の経営管理および

タナベ経営、会社分割により純粋持株会社体制へ移行

株式会社タナベ経営(9644)は、会社分割により純粋持株会社体制へ移行すること、および完全子会社として「株式会社タナベコンサルティング」(分割準備会社)を設立することを決定した。タナベ経営は、経営コンサルティング全事業を会社分割(吸収分割)の方法により分割準備会社に承継させ、純粋持株会社へ移行する。また、商号を「株式会社タナベコンサルティンググループ」に変更する予定。・今後の予定2022年4月15

マツモトキヨシHD(3088)、ココカラファイン(3098)と経営統合へ

株式会社マツモトキヨシホールディングス(3088)及び株式会社ココカラファイン(3098)は、両社間の経営統合に関する基本合意書及び経営統合に向けた資本業務提携に関する契約を締結した。両社は、共同株式移転による持株会社の設立を基本方針として、経営統合の方式について検討及び協議していく。マツモトキヨシHDは、第三者割当増資によりココカラファインの普通株5,939,600株(増資後の完全議決権に対する

大陽日酸(4091)、会社分割により持株会社体制へ 商号変更も

大陽日酸株式会社(4091)は、会社分割方式により持株会社体制へ移行することおよびその準備を円滑に進めるために分割準備会社を設立することを決定した。また、持株会社体制への移行に伴い、持株会社となる大陽日酸は、商号を「日本酸素ホールディングス株式会社」と変更することを決定した。大陽日酸およびグループは、グローバル化の推進を掲げ、日本、米国、欧州、アジア・オセアニアの4極体制で産業ガス事業を展開してい

東京海上HD(8766)の子会社、ブラジル国有銀行Caixaの子会社と保険合弁会社を設立

東京海上ホールディングス株式会社(8766)は、子会社であるTokioMarineSeguradoraS.A.(以下「TMSR社」)と、ブラジルの大手国有銀行であるCaixaEconomicaFederal(以下「Caixa銀行」)の保険持株子会社であるCaixaSeguridade社との間で、モーゲージ保険・ホームオーナーズ保険を引き受ける合弁会社を設立することで合意した。本合弁会社設立に伴う東

SBSホールディングス(2384)、リコー(7752)の物流子会社リコーロジスティクの株式取得

SBSホールディングス(2384)は、リコー(7752)から、同社子会社であるリコーロジスティクス株式会社(東京都大田区)の普通株式の一部を取得し、連結子会社化することを決定した。取得価額は18,000百万円。議決権所有割合は66.6%となる。あわせて、リコーは共同持株会社(JV)を設立し、保有するリコーロジスティクスの残りの全株式を譲渡する。その後、リコーは、保有するJVの普通株式の33.4%を