M&Aニュース

レカム、連結子会社の住宅設備機器販売事業を譲渡、及びグループ会社の株式譲渡へ

更新日:

レカム株式会社(3323)は、連結子会社である株式会社産電(大阪府大阪市)が行う太陽光発電システムなどの住宅設備機器販売事業の事業譲渡、およびこれらの施工工事を行う株式会社産電テクノ(奈良県奈良市)の全株式を譲渡することを決定した。

併せて、株式会社NEXTAGE GROUP(東京都港区)と株式譲渡契約書、およびMED Communications株式会社(東京都港区)と事業譲渡契約書を締結した。

本件の株式譲渡に伴い、産電テクノはレカムの連結範囲から除外される。

【譲渡する事業内容】
・産電が行う住宅用太陽光発電システムやオール電化システム、蓄電システム等の販売

【異動方法】
・産電が行う太陽光発電システム等、住宅設備機器販売事業をNEXTAGE GROUPの子会社であるMED Communicationsへ事業譲渡
・産電テクノの全株式をNEXTAGE GROUPへ譲渡

レカムは、情報通信機器の販売・設置工事・保守、インターネットサービスを行うITソリューション事業、太陽光発電システムや、蓄電池・カーポート等の住宅設備機器販売を行うエネルギーソリューション事業などを展開している。

産電は、太陽光発電システムの販売・施工、オール電化システムの販売・施工、エクステリア製品の販売・施工、住宅設備・家電製品の販売および施工を行っている。

産電テクノは、太陽光発電システムなど住宅設備機器の取付施工を行っている。

NEXTAGE GROUPは、グループ会社の管理運営を行う持株会社。 太陽光発電、蓄電池システム等住宅設備機器の販売、新築住宅や住宅リフォームの提案、およびこれらに係る施工、設備工事を行う事業会社を管理している。

MED Communicationsは、太陽光発電、蓄電池、オール電化、住宅設備、リフォーム、ヘルスケア、インシュアランス、コールセンター、アライアンス、エデュケーション、コンサルティング、施工を事業に展開している。

レカムは、NEXTAGE GROUPが住宅設備機器販売および施工も手掛けていることから、産電および産電テクノの事業拡大につながると判断し、本件に至った。

・今後の予定
株式譲渡・事業譲渡実行日 2021年9月30日

機械器具小売業界のM&A・事業承継の動向はこちら

レカムに関連するM&Aニュース

レカム、マレーシアのSin Lian Wah Electric Sdn. Bhd.を子会社化へ

レカム株式会社(3323)は、SinLianWahElectricSdn.Bhd.(マレーシアクアラルンプール、以下SLWE社)の全株式を取得し子会社化するため株式譲渡契約の締結を決定した。レカムは、デジタル複合機の販売、独自の定額保守サービス「RETʼSCOPY」やLED照明、環境負荷に配慮した業務用エアコンの販売・設置などを行っている。SLWE社は、電気製品・部品販売会社(卸売業者、小売業者、

レカム、マレーシアで電器・照明器具の卸売業を行うSin Lian Wah Lighting Sdn . Bhd.の全株式取得、子会社化へ

レカム株式会社(3323)は、SinLianWahLightingSdn.Bhd.(マレーシア、SLW社)の全株式を取得し子会社化するための株式譲渡契約を締結することを決定した。取得価額は、795百万円。レカムは、ビジネスホン、デジタル複合機、ネットワーク商品、LED照明、その他エコ商品の販売、その他OA機器全般の販売、設置工事及び保守サービスの提供、ホームページ作成、モバイル端末の販売、インター

レカム(3323)、BPO事業子会社を通じてマスターピース・グループ傘下の中国コールセンターサービス会社の全持分取得

レカム(3323)は、連結子会社であるレカムビジネスソリューションズ(大連)株式有限公司(中国・大連、レカム大連社)がマスターピース・グループ株式会社(東京都港区、MPG社)の孫会社である大連傑作商務諮詢有限公司(中国・大連、MP大連社)の全持分を取得し、連結子会社化することを決定した。取得価額は70百万円。レカムグループは、中小企業を対象に情報通信事業、LED照明などの環境関連商材の販売や電力の

レカム(3323)、光通信(9435)と環境関連関連事業で資本業務提携及び同社子会社の株式取得へ

レカム(3323)は、光通信(9435)とLED照明や業務用エアコン等の環境関連関連事業に関する資本業務提携契約を締結し、光通信子会社である株式会社アイ・イーグループ・エコ(東京都豊島区、IEエコ社)株式の51%を取得することについて基本合意契約を締結することを決定した。取得価額は510百万円。レカムは、新株予約権証券30,000個を光通信に割り当てる。レカムグループは、中小企業に対する情報通信機

レカム(3323)、上海茂麓貿易(香港)有限公司と資本業務提携

レカムは、上海茂麓貿易(香港)有限公司(上海モール社)と資本業務提携を行うことを決定し、資本業務提携契約を締結した。レカムは子会社であるレカムビジネスソリューションズ(大連)有限公司の出資持分2.0%を上海モール社に譲渡する。レカムグループは、情報通信機器の販売、設置工事・保守、BPO事業(BusinessProcessOutsourcing)など、中小企業を中心に情報通信に関するあらゆる商品およ

この記事に関連するタグ

「事業譲渡・株式譲渡・子会社・連結」に関連するコラム

会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

事業承継
会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

親族内や自社の内外に後継者としてふさわしい人物が見つからないオーナー経営者にとって、最終的に残される選択肢は2つしかありません。ひとつは廃業で、そしてもうひとつは会社の売却です。本記事では、会社売却の近況や会社を売るメリットなどを整理したうえで、売却時の注意点や全体の流れについて解説します。事業承継を断念する前に、会社を売却し事業を存続させる方法について話を聞いてみませんか?数々の事業承継をご支援

会社売却をしたら退職金はどうなる?

M&A全般
会社売却をしたら退職金はどうなる?

会社売却後に退職する場合、退職金はもともとの規定が引き継がれるのでしょうか。支払われる金額や方法、時期などに変化が生じるのでしょうか。本記事では、会社売却にともない退職者が出た場合の従業員や役員の退職金、注意すべきポイントについて解説します。@sitelink退職金とは退職金とは、従業員の退職時に雇用主である会社が支払う金銭のことで、通常の給与や賞与とは別に支給されるものです。退職金制度の導入は法

会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

M&A全般
会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

中小企業のオーナー経営者が会社売却を検討する際「売却した後、関係者に与える影響が一番気がかり」と考える人は少なくありません。本記事では、中小企業が会社売却をおこなう際、会社関係者、取引先などそれぞれのステークホルダーに与える影響、メリット、注意点についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様

M&Aが失敗する要因とは?対処法や事例も紹介

M&A全般
M&Aが失敗する要因とは?対処法や事例も紹介

M&Aは譲渡企業(売り手)、譲受け企業(買い手)の双方が目的実現のために、M&Aを実行します。しかし、残念ながら中にはM&Aが失敗、交渉途中に破談に終わるケースもあります。本記事では、M&Aが失敗に至ってしまう原因や、対応策についてご紹介します。M&Aにおける失敗の定義はじめに、M&Aが失敗したとみなされる主なケースについて見ていきます。想定していたシナジー効果が得られないM&Aの目的の一つとして

関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

広報室だより
関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

2022年11月下旬に大阪市内で開催された関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip2022」(主催:株式会社ニューズピックス)で、株式会社日本M&Aセンターの渡部恒郎がトークセッションに登壇しました。当日の模様を紹介します。(写真左から)株式会社日本M&Aセンター取締役渡部恒郎氏、株式会社スマートメディア代表取締役成井五久実氏、株式会社USEN-NEXTHOLDINGS執行役員/事業

全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業評価
全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業の後継者不在問題が深刻な沖縄県。帝国データバンクの調査によると、沖縄県の後継者不在率の高さは2011年から2020年まで全国1位、2021年は全国2位となり、2011年の調査開始から一貫して後継者不在率が70%を超えています。こうした状況を受け、同県を拠点とする沖縄銀行ではM&Aや事業承継のサポート体制の強化を進めています。その一環としてこのたび、日本M&Aセンターホールディングスグループ会社

「事業譲渡・株式譲渡・子会社・連結」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年9月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード