M&Aニュース

日本アジアグループ、国際航業及びJAG国際エナジーの株式譲渡へ

日本アジアグループ株式会社(3751)は、カーライル・グループ(カーライル)に属する投資ファンドによって保有・運営されているジオ ホールディングス エルピー(Geo Holdings, L.P.)(ケイマン島、ジオ社)に対し、日本アジアグループの完全子会社である国際航業株式会社(東京都千代田)の発行済株式の全てを、同じくカーライルに属する投資ファンドによって保有・運営されているグリーン ホールディングス エルピー(Green Holdings, L.P.)(ケイマン島、グリーン社)に対し、日本アジアグループの完全子会社であるJAG国際エナジー株式会社(東京都千代田)の普通株式を譲渡することを決定した。

日本アジアグループは、純粋持株会社。グループにおいて、国際航業株式会社を中心とする「空間情報事業」、JAG国際エナジー株式会社を中心とする「グリーン・エネルギー事業」、JAGフォレスト株式会社を中心とする「森林活性化事業」を行っている。

ジオ社は、主に国際航業の普通株式の取得および保有を目的として組成されている。

グリーン社は、主にJAG国際エナジーの普通株式の取得および保有を目的として組成されている。

日本アジアグループは、国際航業およびJAG国際エナジーと日本アジアグループの各事業の双方のさらなる事業成長に繋がると考え、本件譲渡に至った。

・今後のスケジュール
株式譲渡実行日 2021年9月7日

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・事業譲渡・株式譲渡」に関連するM&Aニュース

シティインデックスイレブンス、持株会社の日本アジアグループに対する公開買付けを開始

株式会社シティインデックスイレブンス(東京都)は、日本アジアグループ株式会社(3751)に対する公開買付けを開始することを決定した。買付価格は、普通株式1株につき840円とする。シティインデックスイレブンスは、投資事業を行っている。日本アジアグループは、純粋持株会社。グループにおいて、国際航業株式会社を中心とする「空間情報事業」、JAG国際エナジー株式会社を中心とする「グリーン・エネルギー事業」、

極楽湯HD(2340)、日本アジアグループ(3751)孫会社のエオネックスと利水社の全株式取得、子会社化へ

株式会社極楽湯ホールディングス(2340)は、日本アジアグループ株式会社(3751)の連結子会社である国際航業株式会社(東京都千代田区)の子会社である株式会社アスナルコーポレーション(石川県金沢市)より、株式会社エオネックス(石川県金沢市)及び株式会社利水社(石川県金沢市)の全株式を取得する株式譲渡契約の締結することを決定した。極楽湯HDグループは、日本及び中国において「極楽湯」「RAKUSPA」

日本アジアグループ(3751)、新潟の製材会社及び岩手の木材加工・販売会社の株式取得

日本アジアグループ(3751)は、株式会社坂詰製材所(新潟県阿賀野市)の発行済全株式、及び株式会社木村産業(岩手県二戸郡)の一部株式の取得を決定した。日本アジアグループは、2016年に森林プロジェクトチームを立ち上げ、四国に2,000haの森林を自社保有し、森林活性化事業に取り組んでいる。坂詰製材所は、約50年の業歴を有する新潟県有数の製材・プレカット事業者。木村産業は、製材事業に特化しており、端

日本アジアグループ(3751)、IoTクラウドシステム開発・運用のZ-Worksと資本業務提携

日本アジアグループ(3751)傘下の国際航業株式会社は、株式会社Z-Works(東京都新宿区)と資本提携を行った。Z-Worksは、主に介護・ヘルスケア分野においてIoTクラウドシステムの開発・運用を行っている。また、同社は世界標準の通信規格である「Z-Wave」に対応するシステムを展開しており、国内では数少ない企業。国際航業は、GPSの届かない大規模施設や工場、倉庫内における位置情報を捉え、作業

日本アジアグループ(3751)、北海道の地質調査会社の全事業を承継

日本アジアグループ(3751)の連結子会社である国際航業株式会社(東京都千代田区)及び株式会社アスナルコーポレーション(金沢市)は、明治コンサルタント株式会社(札幌市)の全事業を承継する。具体的には、明治コンサルタントの全事業を吸収分割により承継する明治コンサルタント株式会社(北海道札幌市、新明治コンサルタント)の全株式を取得する方法により、その株式譲渡契約を締結した。取得価格は概算3.5億円。新

藍澤證券(8708)、日本アジアグループ(3751)傘下の日本アジア証券を子会社化へ

藍澤證券(8708)は、日本アジアグループ(3751)の100%子会社である日本アジア証券株式会社(東京都中央区)の株式を取得し、連結子会社とすることについて、日本アジアグループと具体的な協議を進めていくことについて、基本合意した。藍澤證券は、日本アジアグループ株式の12.47%を保有している。藍澤證券は、関東、東海、関西、中国地方における地域密着型営業の証券会社。他社に先駆けたアジア株式への取り

沖縄銀行(8397)、日本アジアグループ(3751)子会社のおきなわ証券を子会社化へ

株式会社沖縄銀行(8397)は、日本アジアグループ(3751)傘下の日本アジア証券株式会社との間で、おきなわ証券株式会社(那覇市)の株式取得・連結子会社化に向けて協議を進めることに関する基本合意書の締結を決定した。おきなわ証券は、沖縄県内の唯一の証券会社。沖縄銀行は、沖縄県下に顧客基盤を有し、銀行窓販業務や金融商品仲介業務等を通じた積極的なサービスの拡充を行っている。本件により、沖縄銀行はおきなわ

日本アジアグループ(3751)、子会社である香港の証券会社を譲渡

日本アジアグループ(3751)は、連結子会社であるJapanAsiaSecuritiesLimited(香港)の全株式を譲渡した。譲渡価額は約247,694千円。株式譲渡日は平成28年10月7日。JapanAsiaSecuritiesLimitedは、香港を拠点とする証券会社。本件により、日本アジアグループは、経営資源の選択と集中を図り、中長期的な成長の実現を目指す。

日本アジアグループ(3751)、株式交換により連結子会社KHCを完全子会社化

日本アジアグループ(3751)及び連結子会社の株式会社KHC(兵庫県明石市)は、両社の取締役会において、日本アジアグループを完全親会社、KHCを完全子会社とする株式交換を行うことを決定し、株式交換契約を締結した。所有割合は98.99%から100%となる。KHCの普通株式1株に対して、日本アジアグループの普通株式14.6株を割当て交付する。日本アジアグループは、再生可能エネルギー発電施設開発を企画か

「クロスボーダーM&A・事業譲渡・株式譲渡」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

2021年上半期の「後継者難倒産」が181件で最多、事業承継が急務

調査データ
2021年上半期の「後継者難倒産」が181件で最多、事業承継が急務

経営者の死亡や体調不良等に起因する「後継者難倒産」が社会問題になりつつあります。東京商工リサーチが公表したレポートによると、2021年上半期(4-9月)の後継者難倒産件数は181件に上り、2年連続で前年同期を上回りました。今年上半期の倒産件数2,937件に占める割合は6.1%となり、比率は年々高まっています。コロナ禍における活況な政府の補助金と金融機関の融資により、倒産件数は低水準で推移しています

M&A仲介に表明保証保険を自動付帯する日本初の取り組み 東京海上日動火災保険と業務提携

広報室だより
M&A仲介に表明保証保険を自動付帯する日本初の取り組み 東京海上日動火災保険と業務提携

「審査・保険料負担なし」の日本初の自動付帯型M&A仲介保険が誕生しました。日本M&Aセンターは損保最大手の東京海上日動火災保険(以下、東京海上日動)と2021年10月29日に業務提携を結び、中堅・中小企業の経営者が安心してM&Aをご検討いただける保険サービスの提供を始めます。日本M&Aセンターが仲介する全てのM&A案件に適用され、当社負担で東京海上日動に保険料を支払うため、譲渡・譲受企業は審査不要

理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

広報室だより
理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

日本M&Aセンターは、M&Aを検討する経営者が自社の買い手候補企業をその場で簡単に調べられる新サービス、会社売却先シミュレーション「M-Compass(エムコンパス)」を2021年9月にリリースしました。開発責任者である、日本M&Aセンター上席執行役員(CDO)九鬼隆剛に新サービス開発の背景と狙いを聞きました。他社に真似できない高精度のマッチングーサービス開発の背景について教えてください九鬼:今回

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード