M&Aニュース

極楽湯HD(2340)、日本アジアグループ(3751)孫会社のエオネックスと利水社の全株式取得、子会社化へ

株式会社極楽湯ホールディングス(2340)は、日本アジアグループ株式会社(3751)の連結子会社である国際航業株式会社(東京都千代田区)の子会社である株式会社アスナルコーポレーション(石川県金沢市)より、株式会社エオネックス(石川県金沢市)及び株式会社利水社(石川県金沢市)の全株式を取得する株式譲渡契約の締結することを決定した。

極楽湯HDグループは、日本及び中国において「極楽湯」「RAKU SPA」ブランドにて温浴施設を運営。近年では、顧客ニーズの多様化に伴う滞在型温浴施設の出店や既存の温浴施設の譲受けによる直営店舗の拡大等に取り組んでいる。

日本アジアグループは、国際航業を中心とする空間情報事業やグリーン・エネルギー事業、森林活性化事業を展開。
アスナルコーポレーションは、北陸地方における事業会社の経営管理を主に行っている。

エオネックスグループは、石川県などの北陸地域をはじめ全国で温泉掘削や温泉設備工事、地質調査、測量及び温浴施設2店舗の運営等の事業を展開、また子会社の株式会社湯ネックスは、温浴施設の運営を行っている。
利水社は、測量、設計、地下水調査や建築物に関する調査などを行っている。

極楽湯HDグループは、温浴施設の出店が増えていく中、温浴設備の保守メンテナンスの強化が安定した施設運営において重要な施策と捉えている。
本件M&Aにより、極楽湯HDグループは、温泉掘削ボーリング事業のノウハウを取り込むことを含め、グループの既存の温浴施設の運営を効率よく、かつ低価格でサポートできる体制が確保し、さらなる企業向上を目指す。

●今後のスケジュール
株式取得日 2020年4月1日

理美容・クリーニング・温浴施設業界のM&A・事業承継の動向はこちら

極楽湯ホールディングス・日本アジアグループに関連するM&Aニュース

日本アジアグループ、国際航業及びJAG国際エナジーの株式譲渡へ

日本アジアグループ株式会社(3751)は、カーライル・グループ(カーライル)に属する投資ファンドによって保有・運営されているジオホールディングスエルピー(GeoHoldings,L.P.)(ケイマン島、ジオ社)に対し、日本アジアグループの完全子会社である国際航業株式会社(東京都千代田)の発行済株式の全てを、同じくカーライルに属する投資ファンドによって保有・運営されているグリーンホールディングスエル

シティインデックスイレブンス、持株会社の日本アジアグループに対する公開買付けを開始

株式会社シティインデックスイレブンス(東京都)は、日本アジアグループ株式会社(3751)に対する公開買付けを開始することを決定した。買付価格は、普通株式1株につき840円とする。シティインデックスイレブンスは、投資事業を行っている。日本アジアグループは、純粋持株会社。グループにおいて、国際航業株式会社を中心とする「空間情報事業」、JAG国際エナジー株式会社を中心とする「グリーン・エネルギー事業」、

日本アジアグループ(3751)、新潟の製材会社及び岩手の木材加工・販売会社の株式取得

日本アジアグループ(3751)は、株式会社坂詰製材所(新潟県阿賀野市)の発行済全株式、及び株式会社木村産業(岩手県二戸郡)の一部株式の取得を決定した。日本アジアグループは、2016年に森林プロジェクトチームを立ち上げ、四国に2,000haの森林を自社保有し、森林活性化事業に取り組んでいる。坂詰製材所は、約50年の業歴を有する新潟県有数の製材・プレカット事業者。木村産業は、製材事業に特化しており、端

日本アジアグループ(3751)、IoTクラウドシステム開発・運用のZ-Worksと資本業務提携

日本アジアグループ(3751)傘下の国際航業株式会社は、株式会社Z-Works(東京都新宿区)と資本提携を行った。Z-Worksは、主に介護・ヘルスケア分野においてIoTクラウドシステムの開発・運用を行っている。また、同社は世界標準の通信規格である「Z-Wave」に対応するシステムを展開しており、国内では数少ない企業。国際航業は、GPSの届かない大規模施設や工場、倉庫内における位置情報を捉え、作業

日本アジアグループ(3751)、北海道の地質調査会社の全事業を承継

日本アジアグループ(3751)の連結子会社である国際航業株式会社(東京都千代田区)及び株式会社アスナルコーポレーション(金沢市)は、明治コンサルタント株式会社(札幌市)の全事業を承継する。具体的には、明治コンサルタントの全事業を吸収分割により承継する明治コンサルタント株式会社(北海道札幌市、新明治コンサルタント)の全株式を取得する方法により、その株式譲渡契約を締結した。取得価格は概算3.5億円。新

この記事に関連するタグ

「子会社・株式譲渡」に関連するコラム

2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

広報室だより
沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

日本M&Aセンターグループとして初のM&Aを行い、2020年10月に株式会社企業評価総合研究所の子会社となった株式会社スピアは、2021年11月に創業25周年を迎えました。スピア取締役の宮城と社長室室長の永井に、M&A後のPMI(ポスト・マージャー・インテグレーション:M&A後の経営統合)について聞きました。日本M&Aセンターグループ初のM&Aで企業評価総合研究所の子会社にスピアでは74人(202

「子会社・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード