M&Aニュース

新鷹、EPSホールディングスの株式を公開買付けにより取得、子会社化へ

新鷹株式会社(東京都新宿区)は、EPSホールディングス株式会社(4282)の普通株式に対して公開買付けへの応募を推奨することを決定した。決定した。

新鷹は、有価証券の取得・保有および売買、また付帯関連する一切の業務を行っている。

EPSホールディングスは、CRO(Contract Research Organization)事業、SMO(Site Management Organization)事業、CSO(Contract Sales Organization)事業、GR(Global Research)事業、益新事業を展開している。

本件により、新鷹は、EPSホールディングスおよびグループの企業価値向上および拡大に期待する。

・今後のスケジュール
買付け等期間 2021年5月28日~2021年7月8日

この記事に関連するタグ

「MBO・TOB・子会社・株式譲渡」に関連するM&Aニュース

EPSホールディングスのグループ会社EPメディエイト、医療機器選任製造販売業者(DMAH)サービス等を行うマイクレン・ヘルスケアの全株式取得、子会社化へ

EPSホールディングス株式会社(4282)のグループ会社である株式会社EPメディエイト(東京都新宿区)は、マイクレン・ヘルスケア株式会社(東京都新宿区)の全株式を取得し、完全子会社化することとする株式譲渡契約を締結した。EPSホールディングスは、CRO(ContractResearchOrganization)事業、SMO(SiteManagementOrganization)事業、CSO(Con

EPSホールディングス、サプライチェーン・マネジメント・サービスを行うSPEEDの株式取得、子会社化へ

EPSホールディングス株式会社(4282)は、尚捷集團控股有限公司(香港、SPEED)について、大株主のSpeedDevelopmentCo.Ltd(香港)が保有する株式を取得することを決定し、契約を締結した。取得価額は、約5,270百万円。取得割合は、75%となる。EPSホールディングスは、CRO(ContractResearchOrganization)事業、SMO(SiteManagemen

EPSホールディングス、体外診断薬専門の研究開発支援を行うTRSS全株式取得、完全子会社化

EPSホールディングス株式会社(4282)のグループ会社である株式会社EPメディエイト(東京都新宿区)は、TRSS株式会社(埼玉県さいたま市)の発行済全株式を取得し、完全子会社化することとする株式譲渡契約を締結した。EPSホールディングスおよびグループは、CROのパイオニアとして創業以来、開発から育薬、販売、マーケティグ、コンサルテーション等のソリューションに加え、ビッグデータ&AI、再生医療など

EPSホールディングス(4282)の孫会社益新国際医薬科技、北京格鋭博医薬研発を子会社化、持分譲渡契約締結

EPSホールディングス株式会社(4282、EPS)の孫会社である益新国際医薬科技有限公司(中国上海市)は、北京格鋭博医薬研発有限公司(中国北京市、G&P)を子会社化し、持分譲渡契約を締結した。EPSは、CROをコアにSMO、CSO等のアウトソーシングサービスを展開し、国内外の医薬品・医療機器開発をサポートしている。G&Pは、医学研究試験や技術プロモーションサービス、食品安全技術トレーニング事業を展

メディカルシステムネットワーク(4350)、治験施設支援事業子会社をEPSホールディングス(4282)に譲渡へ

メディカルシステムネットワーク(4350)は、連結子会社である株式会社エスエムオーメディシス(札幌市)の全株式をEPSホールディングス(4282)100%子会社の株式会社EP綜合(東京都新宿区)に譲渡することについて、同社との基本合意書の締結を決定した。メディカルシステムネットワークは、医薬品等ネットワーク事業と調剤薬局事業の2事業を中核事業として展開している。エスエムオーメディシスは、北海道内を

スズケン(9987)とEPS HD(4282)およびEPS益新、資本業務提携

スズケン(9987)と、EPSホールディングス(4282)と同社の連結子会社であるEPS益新株式会社(東京都新宿区)は、資本業務提携を行う事を決定した。スズケンは、保有する自己株式632,000株(発行済株式総数0.61%、総額1,997,752,000円)を、第三者割当の方法によりEPSHDに割当てる。またスズケンは、、EPSHDが保有する自己株式1,504,000株(発行済株式数3.25%、総

EPSホールディングス(4282)、連結子会社により中国基因工程有限公司を子会社化

EPSホールディングス株式会社(4282)は、連結子会社である益新(中国)有限公司(以下「益新中国」)を通じて、中国基因工程有限公司(香港、以下「中国基因」)の株式を新たに取得し、子会社化することを決定した。本件により、中国基因の子会社である上海華新生物高技術有限公司(中国上海市、以下「華新製薬」)もEPSホールディングスの子会社となる。中国基因株式の取得価額は2,050百万円、議決権所有割合は5

「MBO・TOB・子会社・株式譲渡」に関連するコラム

TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

経営・ビジネス
TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

本記事ではTOBについて、概要およびメリット・デメリット、対処法について解説します。TOB(株式公開買付)とは?TOBとは、“Take-OverBid”の略で、「株式公開買付」と呼ばれるM&Aの手法の一つです。譲受側(買い手)が事前に買付期間・買取株数・価格を公告して、買収対象の企業の株式を既に保有している不特定多数の株主に対して、株式の買付を呼びかけます。通常の取引市場での買付と異なり、TOBは

保守的な会社こそ、M&Aによる成長戦略が有効

M&A全般
保守的な会社こそ、M&Aによる成長戦略が有効

5年ほど前、ある企業の社長とCFOにお会いしました。東京23区内の会社で、売上高は100億円を超え、純資産も潤沢な優良企業です。その社長も事業承継と成長戦略に悩みを抱えていました。「事業承継については、うちの会社は保守的なので社内で解決したいと思っています」「今は業績が好調ですが、当社の事業の市場は将来確実に縮小します。でも、うちの役員や従業員は保守的なので…」いろいろとお話をお伺いしていくうちに

プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

M&A全般
プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

近年、事業承継の解決や成長戦略の実現のためのM&A活用が増加してきたのはご存じのとおりです。当社は2006年にM&A仲介会社として初めて上場しましたが、上場しているM&A仲介会社は現在では当社含めて3社となっています(2017年3月現在)。各社とも業績を伸ばしており、M&Aの活発さがうかがえます。なぜ専門の仲介会社が必要なのかM&Aは、戦略面に加え、税務、会計、法務、労務、その他のあらゆる視点・角

株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

M&A実務
株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

株式譲渡であれば所得税の税率は固定!中小企業の社長の皆さまとM&Aのお話をしていると「私はオーナーとして会社から毎年3千万円の役員給与を得ている。もしも会社が2億円で売れたとしても、7年足らずで同じくらいの給与が得られるので会社を売ることにあまりメリットを感じない」とおっしゃる方がかなりいらっしゃいます。掛け算で考えればその通りのようにも思えますが、実際はそれぞれの税金インパクトを考慮する必要があ

上場企業オーナー経営者の主要株式の売却について

M&A全般
上場企業オーナー経営者の主要株式の売却について

上場企業オーナー経営者の企業承継のためには、非上場企業とは異なる金融商品取引法(以下、「金商法」という)に基づき、株式公開買付け(TOB)によることが殆ど不可欠である。発行済み株式の3分の1超の株式の売買を伴うケースでは、オーナー経営者が予め特定の買受人(以下、「承継予定者」という)と相対で株式を売却する場合でも、TOBによることが金商法上必要になる。そこで、検討すべき実務上のポイントを、以下に説

<FUTURE特別対談>調剤薬局業界(患者/病院/薬局/地域)の将来を考えた末、 戦略的な経営統合を決断した両経営トップ

M&A全般
<FUTURE特別対談>調剤薬局業界(患者/病院/薬局/地域)の将来を考えた末、 戦略的な経営統合を決断した両経営トップ

現在、在宅の推進や点数誘導をはじめ、調剤薬局を取り巻く環境が大きく変わりつつある。本対談では、メディカルシステムネットワーク(以下「メディシス社」という)とトータル・メディカルサービス(以下「トータルメディ社」という)の先のM&Aについて、田尻稲雄社長と大野繁樹社長の両当事者に、実情と経緯、そしてM&Aの有効性について語ってもらった。(インタビュー:日本M&Aセンター企業戦略部西川大介)新事業展開

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年5月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード