M&Aニュース

アステラス製薬(4503)、英国Nanna Therapeutics Limitedの全株式取得、子会社化

アステラス製薬株式会社(4503)は、Nanna Therapeutics Limited(英国ケンブリッジ、Nanna社)との合意に基づき、英国子会社であるAstellas Pharma Europe Ltd.を通じて、Nanna社の発行済み全株式を取得することにより、買収した。 取得価額は、最大で6,950万ポンド。

バイオ・医薬品製造業界のM&A

アステラス製薬は、東京に本社を置き、「先端・信頼の医薬で、世界の人々の健康に貢献する」ことを経営理念に掲げる製薬企業。ミトコンドリアバイオロジーの研究・開発において実績を持っている。 Nanna社は、ミトコンドリア関連疾患を含むアンメットメディカルニーズの高い、加齢に伴う疾患に対する創薬研究に注力する英国のバイオベンチャー企業。新規のDNAエンコード化合物ライブラリー技術および最先端のスクリーニングプラットフォームを有する。また、ミトコンドリア関連疾患に対する革新的な治療法の開発に注力している。 本件M&Aにより、アステラス製薬は、Nanna社の多様な化合物ライブラリーの作成と迅速なスクリーニングを実施することが可能になることから、アンメットメディカルニーズに応える治療法の創出を目指し、創薬研究プログラムの加速を図る。

この記事に関連するタグ

「クロスボーダー・株式譲渡・買収」に関連するM&Aニュース

アステラス製薬、アメリカの超小型医療機器「neural dust」を開発するスタートアップ企業を買収

アステラス製薬株式会社(4503)は、iotaBiosciences,Inc.(アメリカ・カリフォルニア州、iota社)との間で、アステラス製薬が米国子会社を通じてiota社を買収することに合意し、契約を締結した。取得価額は、約1億2,750万米ドル。アステラス製薬株式会社は、医薬品の製造・販売および輸出入を行っている。iota社は、バイオエレクトロニクス分野の未来を切り開く基盤の構築にフォーカス

アステラス製薬(4503)、がん免疫治療医薬品の開発業者 米国Xyphos Biosciences, Inc.を買収

アステラス製薬株式会社(4503)は、XyphosBiosciences,Inc.(米国カリフォルニア州、Xyphos社)との合意に基づき、米国子会社アステラスUSホールディングInc.を通じてXyphos社の発行済み全株式を取得することにより、買収を決定した。買収対価は手続き完了時に1億2,000万ドル支払われ、開発の進捗に応じた支払いを含めると最大で総額6億6,500万ドルとなる見込み。アステ

アステラス製薬(4503)、米国カリフォルニア州のバイオテクノロジー企業Audentes Therapeutics, Inc.をTOBにより完全子会社へ

アステラス製薬株式会社(4503)は、バイオテクノロジー企業AudentesTherapeutics,Inc.(米国カリフォルニア州、Audentes)を買収することで合意し、契約の締結を決定した。また、米国持株子会社アステラスUSホールディングInc.(米国イリノイ州)の100%子会社であるAsilomarAcquisitionCorp.を通じて、Audentesに対して、現金による株式公開買付

アステラス製薬、アメリカのバイオテクノロジー企業Audentes社を買収

アステラス製薬株式会社(4503、アステラス)は、AudentesTherapeutics,Inc.(アメリカ・カリフォルニア州、Audentes)との間で、アステラス製薬がAudentesを買収することで合意し、契約を締結した。アステラスは、医薬品の製造・販売および輸出入を行っている。Audentesは、遺伝子治療技術を活用した医薬品の研究開発を行っている。本件により、アステラス製薬は、Focu

アステラス製薬(4503)、米国のがん免疫関連バイオテクノロジー企業Potenza社を買収

アステラス製薬(4503)は、PotenzaTherapeutics,Inc.(米国・マサチューセッツ州、Potenza社)を買収した。Potenza社は、米国のがん免疫関連バイオテクノロジー企業。アステラス製薬とPotenza社は、2015年に独占的共同研究開発契約を締結している。本件は同契約に基づきアステラス製薬が独占的オプション権を行使したもの。両社は、これまでの共同研究開発により、免疫刺激

アステラス製薬(4503)、英国の眼科疾患特化のバイオベンチャーQuethera社を買収

アステラス製薬(4503)は、QuetheraLimited(英国ケンブリッジ、Quethera社)を買収した。対価は現金で、一時金およびあらかじめ契約で定められた条件に基づく支払いを合わせ、最大で85百万ポンド。Quethera社は、緑内障など眼科領域における新規の遺伝子治療の開発に注力する英国のバイオベンチャー企業。本件M&Aにより、アステラス製薬は、緑内障患者の網膜に治療遺伝子を発現させる遺

アステラス製薬(4503)、米国のバイオベンチャーMitobridge社を完全子会社化

アステラス製薬(4503)は、Mitobridge,Inc.(Mitobridge社)の買収を完了し、Mitobridge社を完全子会社化した。Mitobridge社は、米国のバイオベンチャー。今後は、アステラス製薬の一部門として、「Mitobridge」の名称にて引き続きマサチューセッツ州ケンブリッジで研究活動を行う。本件M&Aにより、アステラス製薬は、ミトコンドリア関連疾患における研究開発の更

アステラス製薬(4503)、ベルギーOgeda社を完全子会社化

アステラス製薬(4503)は、ベルギーのOgeda社を買収・完全子会社化した。Ogeda社は、現在進行中の臨床開発プログラム「fezolinetant」において、更年期に伴う血管運動神経症状を持つ患者を対象とした開発に注力している。本件件M&Aにより、アステラス製薬は、臨床開発段階のパイプラインを拡充し、成長基盤の強化を図る。

アステラス製薬(4503)、ベルギーの医薬品企業Ogeda社を買収

アステラス製薬(4503)は、医薬品企業OgedaSA(ベルギー、Ogeda社)の株主との間で、アステラス製薬がOgeda社を買収することに合意し、契約を締結した。Ogeda社は、ベルギーの医薬品企業。多くの疾患への関与が分っている受容体であるGタンパク質共役受容体(GPCR)創薬の研究開発に注力しており、複数の低分子化合物プログラムを有している。同社において現在最も進んだ臨床開発段階にある「fe

アステラス製薬(4503)、疼痛領域特化の独製薬メーカーGrünenthal社にライセンス譲渡

アステラス製薬(4503)子会社のアステラスファーマヨーロッパLtd.(英国)は、Grünenthal社(ドイツ)との間で、全28か国の欧州連合加盟国、スイス、アイスランド、ノルウェー、リヒテンシュタイン、東欧、中東およびアフリカ諸国におけるQutenzaTMの商業化に関する独占的な権利を譲渡することについて契約を締結した。QutenzaTMは、高濃度カプサイシンを主成分とする局所パッチ剤。成人の

「クロスボーダー・株式譲渡・買収」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

人気セミナー「買収の参観日」PMI編~成約を成功に導くPMIとは?~

広報室だより
人気セミナー「買収の参観日」PMI編~成約を成功に導くPMIとは?~

M&Aの買い手企業として知っておきたい考え方やテクニックを紹介する日本M&Aセンターの人気オンラインセミナー「買収の参観日~はじめてのM&Aを考えてみよう」が2021年10月11日に開催されました。5回目の今回は成約を成功に導くキーワード「PMI(PostMergerIntegration)」について、当社グループのPMI支援専門会社株式会社日本PMIコンサルティング代表取締役の竹林信幸が解説しま

TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

経営・ビジネス
TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

本記事ではTOBについて、概要およびメリット・デメリット、対処法について解説します。TOB(株式公開買付)とは?TOBとは、“Take-OverBid”の略で、「株式公開買付」と呼ばれるM&Aの手法の一つです。譲受側(買い手)が事前に買付期間・買取株数・価格を公告して、買収対象の企業の株式を既に保有している不特定多数の株主に対して、株式の買付を呼びかけます。通常の取引市場での買付と異なり、TOBは

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

日本M&AセンターはASEANにおいてシンガポールに次ぐ第二の拠点として、2019年10月にインドネシア駐在員事務所を開設しました。将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長が期待されるインドネシアのM&Aについてご紹介します。ASEANの大国・インドネシアクロスボーダーM&Aの中でも今後成長が見込まれ、注目されているASEAN。そのASEANの中で、将来の大きな成長が期待できるのが

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年4月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード