M&Aニュース

ツルハHD(3391)連結子会社、江頭エーザイより福岡のドラッグストアを事業譲受

株式会社ツルハホールディングス(3391)の連結子会社である株式会社ツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本(広島県西区)は、株式会社江頭エーザイ(福岡県大川市)より、同社が福岡県内で展開するドラッグストア1店舗を譲り受けることを決定した。

ドラッグストア業界のM&A

ツルハホールディングスグループは、ドラッグストア・調剤・介護事業を中心に、地域医療の担い手として、より身近で安心できるサービスとして、顧客の視点に立った店づくりを展開している。
ツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本は、中国・九州地区において283店舗(2020年2月15日現在)を展開し、ツルハグループの西日本地区における中核企業として積極的な出店を加速させている。

江頭エーザイは、福岡・佐賀県を中心に医薬品、化粧品・雑貨・食品・軽衣料の販売、保険調剤を展開している。

本件により、ツルハホールディングスは、更なるドミナント化の推進により地域の顧客に質の高いサービスを提供し、一層の営業基盤の強化を図る。

●今後のスケジュール
事業譲受実行日 2020年5月1日

この記事に関連するタグ

「事業譲渡」に関連するM&Aニュース

ツルハホールディングス(3391)グループ、秋田で1店舗運営のおおがたむら調剤薬局の全株式取得

ツルハホールディングス(3391)子会社である株式会社ツルハ(北海道札幌市)は、有限会社おおがたむら調剤薬局(秋田県南秋田郡)の発行済全株式を取得するため、おおがたむら調剤薬局とおおがたむら調剤薬局株主との間で株式譲渡契約を締結した。ツルハは、全国各地に1,208店舗を展開し、ツルハグループの中心企業として積極的な出店を加速している。おおがたむら調剤薬局は、秋田県南秋田郡大潟村にて調剤薬局1店舗を

ツルハホールディングス(3391)、子会社により広島市内でドラッグストア2店舗展開の広島中央薬局の全株式取得

ツルハホールディングス(3391)子会社である株式会社ツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本(広島市)は、株式会社広島中央薬局(広島市)の発行済全株式を取得について、広島中央薬局及び同社株主との間で株式譲渡契約を締結した。ツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本は、中国・九州地区にドラッグストア・調剤薬局を280店舗を展開し、グループの同地域における中核企業として積極的な出店を加速している。

ツルハHD(3391)、愛知県でドラッグストア・調剤事業展開のビー・アンド・ディーHDの全株式取得

ツルハホールディングス(3391)は、株式会社ビー・アンド・ディーホールディングス(愛知県春日井市)の全株式を取得し、ビー・アンド・ディーHD及びその完全子会社である株式会社ビー・アンド・ディー(愛知県名古屋市)を連結子会社化することを決定した。ビー・アンド・ディーHDは、愛知県でドラッグストア及び調剤薬局65店舗を展開している。本件M&Aにより、ツルハHDグループは、中部地区におけるドミナント強

ツルハHD(3391) 子会社のくすりの福太郎、ドラッグ・アーバンより都内のドラッグストア3店舗を譲り受け

ツルハホールディングス(3391)の子会社である株式会社くすりの福太郎(千葉県鎌ヶ谷市)は、株式会社ドラッグ・アーバン(東京都江戸川区)より、東京都内で展開するドラッグストア3店舗を譲り受けることを決定した。くすりの福太郎は、千葉県と東京都内を中心に200店舗を展開するツルハグループの関東地区における中核企業。本件により、ツルハHDは、更なるドミナント化の推進により地域の顧客に質の高いサービスを提

ツルハHD(3391)、静岡県でドラッグストア・調剤薬局展開の杏林堂薬局と資本業務提携へ

ツルハホールディングス(3391)は、株式会社杏林堂薬局(静岡県浜松市)及びその親会社である株式会社杏林堂グループ・ホールディングス(同市)との間で、資本業務提携に関する基本合意書を締結した。ツルハHDは、杏林堂HDの既存株主から発行済株式総数の51%にあたる51,000株を取得し子会社化する予定。ツルハHDグループは、北海道から東北・関東・中部・関西・中国・四国・九州地区にかけて1,755店舗の

「事業譲渡」に関連するコラム

中小企業白書から読み解くM&A

広報室だより
中小企業白書から読み解くM&A

中小企業の現状や動向を調査・分析する中小企業白書。毎年、閣議決定後に公表される白書は中小企業にとってバイブルとなっています。2021年版では、M&Aが大きなトピックスになりました。コロナ禍の対応策が特集された第2部「危機を乗り越える力」の中で、「事業承継を通じた企業の成長・発展とM&Aによる経営資源の有効活用」が章立てされています。M&Aにおける意識調査や統計資料にはじまり、実際にM&Aを実施した

NHKおはよう日本で日本M&Aセンターが特集

広報室だより
NHKおはよう日本で日本M&Aセンターが特集

2021年12月10日放送のNHK「NEWSおはよう日本」で、日本M&Aセンター代表取締役社長の三宅卓のインタビューが放映されました。「中小企業後継者どう探す」をテーマに日本M&Aセンターの事業内容も紹介され、黒字ながら休廃業する中小企業の事業承継がフォーカスされました。(動画)NHK「おはBiz5分でわかる経済トレンド中小企業後継者どう探す」日本の少子高齢化を背景に、国の試算では2025年までに

2021年上半期の「後継者難倒産」が181件で最多、事業承継が急務

調査データ
2021年上半期の「後継者難倒産」が181件で最多、事業承継が急務

経営者の死亡や体調不良等に起因する「後継者難倒産」が社会問題になりつつあります。東京商工リサーチが公表したレポートによると、2021年上半期(4-9月)の後継者難倒産件数は181件に上り、2年連続で前年同期を上回りました。今年上半期の倒産件数2,937件に占める割合は6.1%となり、比率は年々高まっています。コロナ禍における活況な政府の補助金と金融機関の融資により、倒産件数は低水準で推移しています

M&A仲介に表明保証保険を自動付帯する日本初の取り組み 東京海上日動火災保険と業務提携

広報室だより
M&A仲介に表明保証保険を自動付帯する日本初の取り組み 東京海上日動火災保険と業務提携

「審査・保険料負担なし」の日本初の自動付帯型M&A仲介保険が誕生しました。日本M&Aセンターは損保最大手の東京海上日動火災保険(以下、東京海上日動)と2021年10月29日に業務提携を結び、中堅・中小企業の経営者が安心してM&Aをご検討いただける保険サービスの提供を始めます。日本M&Aセンターが仲介する全てのM&A案件に適用され、当社負担で東京海上日動に保険料を支払うため、譲渡・譲受企業は審査不要

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

広報室だより
理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

日本M&Aセンターは、M&Aを検討する経営者が自社の買い手候補企業をその場で簡単に調べられる新サービス、会社売却先シミュレーション「M-Compass(エムコンパス)」を2021年9月にリリースしました。開発責任者である、日本M&Aセンター上席執行役員(CDO)九鬼隆剛に新サービス開発の背景と狙いを聞きました。他社に真似できない高精度のマッチングーサービス開発の背景について教えてください九鬼:今回

「事業譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード