コラム

「M&A全般」カテゴリの記事一覧(3ページ目)

PEファンドを活用した事業承継とは?事例を交えて解説

M&A全般

日本M&AセンターではPEファンドとのパートナー戦略をサポートする専門チームを社内に組成し、高度なコンサルティングサービスを提供しています。本記事では、過去に好評を博したセミナーの中から、ファンドへの譲渡(社長・経営陣が継続して関わる場合)に関する内容を抜粋してご紹介します。日本M&Aセンターではファンドと提携した専門チームが高度なコンサルティングサービスを提供しております。詳細ページより、専門チ

PEファンドを活用した事業承継とは?事例を交えて解説

株式併合とは?目的や注意点、手続きの流れなどをわかりやすく解説

M&A全般

株式併合は、複数の株を統合して発行済株式数を減らすというものです。本記事では、株式併合の仕組みや目的を整理したうえで、注意点、手続きの流れについて解説します。日本M&Aセンターでは様々なスキームのM&Aを経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお尋ねください。M&Aに関するご相談はこちらから株式併合とは?株式併合とは、複数の株を1株に統合して、発行済株式数を減らす手法です。

株式併合とは?目的や注意点、手続きの流れなどをわかりやすく解説

PEファンドが譲受ける中堅・中小企業の条件とは?

M&A全般

日本M&Aセンターのファンド部が、事業承継や会社の発展のためにPEファンドという選択肢があることを、会社経営者の皆様、関係者様に向けて定期的にYouTube動画でご紹介しています。本記事では、動画の内容を編集してお届けします。日本M&Aセンターではファンドと提携した専門チームが高度なコンサルティングサービスを提供しております。詳細ページより、専門チームまでお問合せください。PEファンドを活用したM

PEファンドが譲受ける中堅・中小企業の条件とは?

分社化するメリットとは?子会社化との違い、ポイントを詳しく解説

M&A全般

企業の規模に関わらず、専門性の強化、迅速な事業展開などを目的に分社化が行われています。本記事では、分社化の概要、メリットやデメリットについて整理し、実際に分社化する際のポイント等について詳しく解説します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら分社化とは?分社化とは、複数の事業を持つ企業

分社化するメリットとは?子会社化との違い、ポイントを詳しく解説

買収されるとどうなる?会社の存続や社員にもたらす変化とは

M&A全般

もし自分の会社が買収される事態になったら、社員や取引先は「これまでと同じ環境や待遇で働くことができるのか」「継続して取引を続けることができるのか」と不安を覚えるでしょう。本記事では、会社が買収された場合に、どのような変化がもたらされるのか、また、スムーズな統合に向けてのポイントをご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精

買収されるとどうなる?会社の存続や社員にもたらす変化とは

【対談】日本M&Aセンターに仲介を託した理由。譲渡を経験した元オーナーと振り返る

M&A全般

EC事業のコンサルティングを行う株式会社ECIが、2023年1月にM&A事例を紹介するセミナーを開催しました。本記事では、自社の譲渡をご経験された元オーナー早乙女様と、日本M&Aセンターの担当コンサルタント龍石による対談の様子をご紹介します。日本M&Aセンターに仲介を託した理由とはーM&Aによって、会社譲渡を検討された背景についてお聞かせください。早乙女様:OBC(「オリジナルブランド商品構築コン

【対談】日本M&Aセンターに仲介を託した理由。譲渡を経験した元オーナーと振り返る

M&Aが失敗する要因とは?対処法や事例も紹介

M&A全般

M&Aは譲渡企業(売り手)、譲受け企業(買い手)の双方が目的実現のために、M&Aを実行します。しかし、残念ながら中にはM&Aが失敗、交渉途中に破談に終わるケースもあります。本記事では、M&Aが失敗に至ってしまう原因や、対応策についてご紹介します。M&Aにおける失敗の定義はじめに、M&Aが失敗したとみなされる主なケースについて見ていきます。想定していたシナジー効果が得られないM&Aの目的の一つとして

M&Aが失敗する要因とは?対処法や事例も紹介

株式交付とは?株式交換との違いやM&Aで活用するメリット・注意点を詳しく解説

M&A全般

株式交付制度は、令和3年3月1日に施行された「会社法の一部を改正する法律案」で、企業買収の手続きを合理化することを目的として新たに創設されました。本記事では、株式交付の仕組みや基本的内容を整理し、既存の株式交換との違いや、M&Aで活用する場合のメリット、注意すべき点について詳しくご紹介します。株式交付とは?株式交付は、M&Aなどにおいて買い手(譲受け企業)が他社を子会社化するために支払う対価として

株式交付とは?株式交換との違いやM&Aで活用するメリット・注意点を詳しく解説

[スタートアップのM&A事例]バーチャルレストランはなぜ譲渡を決断したのか?

M&A全般

2022年9月、フードデリバリーブランドのフランチャイズ事業を展開する株式会社バーチャルレストランは、株式会社USEN-NEXTHOLDINGSに株式譲渡を行いました。株式会社バーチャルレストラン代表取締役社長牧本天増様と株式会社バーチャルレストラン取締役小松原史弥様を迎えて、M&A実施の背景、今後の展望について、担当コンサルタントの渡邉がお話を伺いました。学生時代に起業、バーチャルレストランが出

[スタートアップのM&A事例]バーチャルレストランはなぜ譲渡を決断したのか?

M&A動向2023年の予測、そして2022年の振り返りをM&Aのプロが解説!

M&A全般

2022年に行われたM&Aを振り返る西川:今回は2022年のM&Aの振り返りと予測ということで・・・年末企画みたいな感じですね(笑)1番のポイントとなるのは、昨年、日本企業が関与したM&Aの公表件数ですね。どれぐらいあると思いますか。臼井:多分、4,304社ぐらいじゃないですかね・・新聞に出てました(笑)。西川:臼井さんがおっしゃったようにレコフM&Aデータベースによると4,304件ありました。レ

M&A動向2023年の予測、そして2022年の振り返りをM&Aのプロが解説!

【連載「会計事務所のための補助金解説」③】補助金の需要はこれからどうなる?元官僚による未来予想

M&A全般

※本記事は、中小企業の経営者から経営、事業承継についてご相談を受ける機会の多い、会計事務所のご担当者に向けた連載記事です。皆さんこんにちは。株式会社湘南フロンティアで補助金サポーターをしております、藤井と申します。会計事務所向けに補助金を分かりやすく解説する活動を行っております。今回は「補助金の需要はこれからどうなる?」というテーマで解説をしていきます。補助金の需要はこれからどうなる?結論から言っ

【連載「会計事務所のための補助金解説」③】補助金の需要はこれからどうなる?元官僚による未来予想

2022年のM&A件数は過去最多更新するも、23年は景気後退の影響を受ける可能性も

M&A全般

アフターコロナによる経済活動の本格的な再開により、日本企業のM&A件数が過去最高を更新しました。レコフM&Aデータベースによると、2022年の日本企業が関連したM&A件数は、21年の4,280件を24件上回る4,304件となり、2年連続で過去最多を更新しました。一方でM&Aの取引額は11兆4,530億円と21年の16兆7,270億円から31.5%減少しました。これは、大幅損失で今後の舵取りが注目さ

2022年のM&A件数は過去最多更新するも、23年は景気後退の影響を受ける可能性も

M&Aの「着手金」の役割とは?着手金をいただき続けていることへのこだわり

M&A全般

M&Aの仲介会社を選ぶシーンで、その仲介会社の料金体系が「着手金あり」か「着手金なし」かというのは、M&Aを検討する企業にとって、とても気になるところだと思います。日本M&Aセンターは「着手金あり」の料金体系です。今回は我々の「着手金の使い道」についてお話しさせていただきます。日本M&Aセンターの着手金とは日本M&Aセンターの着手金は「企業評価料」と「案件化料」から成ります。企業評価とは、譲渡企業

M&Aの「着手金」の役割とは?着手金をいただき続けていることへのこだわり

2023年の主要トピックス~海外M&A担当者による世界経済予測~

M&A全般

2022年は、地政学リスクに振り回された1年と言えるでしょう。2023年、世界は、日本は、どのような年になるのか。個人的な所感を述べてみたいと思います。※本記事は2022年12月30日に執筆されました。地政学リスクに振り回された世界経済表題の通り、2022年は地政学リスクに大きく左右された1年となりました。年初にはNYダウ平均は36,950ドル超の史上最高値を更新し、GAFAMやテスラなどのテック

2023年の主要トピックス~海外M&A担当者による世界経済予測~

西日本におけるIT企業のM&A事情とは?IT業界の事業譲渡にも迫る

M&A全般

小森:買収の参観日チャンネル、今回は大阪支社からゲストに登場してもらいます。岡部:西日本事業法人部の岡部と申します。主にIT関連のお客様のM&Aをお手伝いしております。小森:岡部さんと一緒に、西日本のIT業界のM&A事情を色々掘り下げていきたいと思います。IT業界と建設業は似ている?小森:岡部さん自身がITに興味を持ったのは、どういうきっかけでしょうか。岡部:IT企業というと、勢いのあるベンチャー

西日本におけるIT企業のM&A事情とは?IT業界の事業譲渡にも迫る