コラム

M&A動向2023年の予測、そして2022年の振り返りをM&Aのプロが解説!

臼井 智

プロフィール

臼井智

日本M&Aセンター 成長戦略開発センター 統括

西川 大介

プロフィール

西川大介

日本M&Aセンター 成長戦略開発センター長/株式会社ネクストナビ 取締役

M&A全般
更新日:

⽬次

[表示]

M&A2023年の予測と2022年振り返り

2022年に行われたM&Aを振り返る

西川: 今回は2022年のM&Aの振り返りと予測ということで・・・年末企画みたいな感じですね(笑)
1番のポイントとなるのは、昨年、日本企業が関与したM&Aの公表件数ですね。どれぐらいあると思いますか 。

臼井: 多分、4,304社ぐらいじゃないですかね・・新聞に出てました(笑)。

西川: 臼井さんがおっしゃったようにレコフM&Aデータベースによると4,304件ありました。レコフデータさんによると調査開始以来、過去最多の件数、という結果で、2年連続の最多件数を更新したということです。

レコフM&Aデータベースによると、2019年も実は4,088件で、それまでずっと右肩上がりだったのですが、コロナの始まった2020年はさすがに落ち込みます。ただ落ち込んだその翌年、翌々年2期連続で更新をしていると。現在、このような状況です。
そういった意味ではコロナ禍前どころか、それを超える形でM&Aは引き続き昨年活発に行われたと言えます。

西川: 件数としては4,304件と非常に多い数字ですが、この内訳もいろいろな観点で分析できます。

例えばマーケットという観点ですね。つまり国内同士のM&A(IN-IN)なのか、海外進出型のM&A(IN-OUT)なのか。あるいは海外の企業が日本に進出する、それとも日本の企業を買収するようなタイプ(OUT-IN)なのか。
臼井さん、それぞれの割合がどれくらいか、イメージとしていかがでしょうか。

臼井: やはりIN-INが件数として多いんじゃないですか。

西川: そうですね。4,304件のうち、約8割近くがIN-INに該当します。そもそもこれ4,304件って言ってますけども、我々の体感的には1万件、あるいはそれを大きく超えてる、そんな肌感覚がありますよね。

臼井: この他にも公表されていない案件は沢山あるので、そう思いますね。

西川: そうした意味では、IN-OUTやOUT-INの案件も少しずつ増えてると言えます。

西川: ここまで件数でみてきましたが、今度は取引金額ベースで振り返りたいと思います。これは売買金額とも言いますが、2022年は総額どれぐらいだと思いますか。

臼井: 10兆円は超えてるとは思うんですけども。

西川: ほぼ正解ですね。レコフM&Aデータベースによると、11.4兆円です。ただこれは、昨年対比で大きく31.6%の減少になるそうです。

例えば昨年大型の案件でOUT-INの事例でいうと、以前このYouTubeでも取り上げましたが、アメリカのファンドKKRによる日立物流の買収や、IN-OUTだとソニーグループによるバンジーの買収などがありました。IN-INの事例だと、昨年は大型の事業承継型案件がありましたね。

臼井: オリックス・DHCの案件ですね。これも以前YouTubeで取り上げました。

西川: それ以外に現場で感じたテーマとして、昨年目立ったものはありますか。

臼井: 事業構造の転換、成熟産業の統合、ソニーもそうですが先行投資型のM&A、見方を変えるとVC型的な投資をしているのが多かったように感じます。

2023年のM&A予測は!?

臼井: 2022年を振り返ってきましたが、西川さん、今年行われるM&Aとして、どう予測されていますか?

西川: 大きな流れとして私自身感じるところでは、レコフデータによると、昨年は事業再編型、つまりポートフォリオの見直し型が、やや一昨年と比べると少し減ってる。ちょっと落ち着いた、というコメントがありましたけど、私の肌感覚としては、直近でも、 事業構造の見直し型、ポートフォリオ見直し型のM&Aの相談が非常に増えているように感じています。 ただこれまでと違うのは、大型だけでなく中小規模のご相談がたくさん来ています。

これは大型M&Aのプレスリリースを見て「うちもしっかり手を入れてこう」と各社が動かれてるということだと思うんですけども、これがおそらく、来年、再来年とたくさん顕在化していくんじゃないかなと思ってます。

臼井: 業界や業種で見るとどうでしょうか。

西川: 脱炭素、再生エネルギー関連がどんどん増えている います。我々がそうしたマッチング、ご提案をいかにできるか。ここが1つポイントになると考えています。臼井さんは、2023年のM&A、どう捉えてらっしゃいますか?

臼井: やはり、変化が相当ドラスティックに起こってきてるかなと思います。さっき「件数が増えてる」という話がありましたけれども、今年は脱コロナで回復していき、今まで残ってた大きな変化が急速に来るかなと、考えています。

例えば 成熟産業での再編統合 ですね。今まで溜まってたものが一気に出てくるかと。これをM&Aと捉えるかという議論もあるかと思いますが、最近よく目に入るニュースとしては 金融機関の再編 ですよね。これは今後、本格的に出てくるかなと思っています。再編を促進するために法律やルールが変わり、国が背中を押してる背景もありますが、各地での金融機関の再編、これはおそらくもう少し進んでいくと思われます。
そのほかの成熟産業におけるM&Aも、まだまだ出てくる。大きな流れで言うと、そうしたところでしょうか。

中国やASEAN諸国の成長が拡大している中、先手を打って国際化を進めていく、あるいは海外の投資を進めていく。国内の産業構造が変わってきて、1年後ぐらいに様々な案件がリリースされるのではないかと考えます。

西川: 我々もそうした流れに応じて、さまざま企業の支援を引き続き行っていければと考えます。

※本記事は動画をもとに編集を行っています。動画本編はこちらからご覧いただけます。


高度な戦略提案を行う専門チームがあなたの会社の成長をサポート

日本M&Aセンターでは中堅・中小企業そして、上場企業の成長を実現するM&Aをサポートしております。
本記事に登場するような経験豊富なプロフェッショナル達が、戦略実現のためのプロアクティブサーチや企業組織再編など、高度なスキーム提案を専門チームを組成して行います。まずはあなたの会社の課題をお聞かせください。

プロフィール

臼井 智

臼井うすい さとし

日本M&Aセンター 成長戦略開発センター 統括

1991年に山一證券株式会社に入社、M&A部門に配属。同社自主廃業後、大手証券会社M&A部門を経て2009年に日本M&Aセンター入社。27年間にわたり一貫して国内外のM&A仲介アドバイザリー業務の第一線に従事。上場企業同士の経営統合から中小企業の事業承継案件まで、規模の大小を問わず幅広い業界にて200件超のM&A成約実績がある。最近は、S&P Global Market Intelligenceに2024年M&A展望についてコメントを寄稿。

西川 大介

西川にしかわ 大介だいすけ

日本M&Aセンター 成長戦略開発センター長/株式会社ネクストナビ 取締役

大手プラントエンジニアリング会社(海外プラント建設)、Big4系コンサルティングファーム(PMI等)、大手証券会社(M&Aアドバイザリー)を経て、2010年に当社に入社。通算20年近いM&A実務経験に強み。現在、上場会社グループに特化してM&Aサービスを提供する部門を率いる。事業ポートフォリオ再構築プランやM&A戦略の立案サポートから、クライアント毎のオーダーに基づく案件オリジネーション、交渉・実行サポートを行う。弊社において、大型案件、複雑案件、及びノンコア切離し案件をリードする。

この記事に関連するタグ

「買収・事業承継」に関連するコラム

M&Aの進め方とは?検討からクロージングまで、流れやポイントを解説

M&A実務
M&Aの進め方とは?検討からクロージングまで、流れやポイントを解説

M&Aは、検討を始めてから実行までの間にやるべきことが多く、その全容を正しく理解することは簡単ではありません。本記事では、M&A仲介会社の支援を受けた場合のM&Aの進め方について、「1.初期検討・相談」「2.マッチング・候補企業の検討」「3.面談・基本合意」「4.最終条件調整・成約」の主なフェーズごとに、押さえておきたいポイントを含めてご紹介します。参考:M&Aの全体の流れ(日本M&Aセンター)P

西日本におけるIT企業のM&A事情とは?IT業界の事業譲渡にも迫る

M&A全般
西日本におけるIT企業のM&A事情とは?IT業界の事業譲渡にも迫る

小森:買収の参観日チャンネル、今回は大阪支社からゲストに登場してもらいます。岡部:西日本事業法人部の岡部と申します。主にIT関連のお客様のM&Aをお手伝いしております。小森:岡部さんと一緒に、西日本のIT業界のM&A事情を色々掘り下げていきたいと思います。IT業界と建設業は似ている?小森:岡部さん自身がITに興味を持ったのは、どういうきっかけでしょうか。岡部:IT企業というと、勢いのあるベンチャー

オリックス、DHCを買収した背景とは。M&A事例を徹底解説!

M&A全般
オリックス、DHCを買収した背景とは。M&A事例を徹底解説!

西川:今回は2022年11月11日に公表された、オリックス株式会社による株式会社DHCの買収、これをテーマに今日は取り上げていきたいと思ってます。オリックスのプレスリリースによると、DHCの大株主でもある創業者との間で株式譲渡契約書を締結し、株式を譲り受ける基本的な合意に達した、という内容が発表されました。追記:オリックスは2023年1月31日付で、株式譲渡契約を結んでいたDHCの子会社化が完了し

物流業界のM&Aが増加している背景とは?わかりやすくニュース解説!

M&A全般
物流業界のM&Aが増加している背景とは?わかりやすくニュース解説!

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は物流業界のM&Aが近年増加している背景について詳しく解説します。本記事の動画はこちらからご覧いただけます。物流業界に差し迫る「2024年問題」西川:前回、前々回と日立物流の事例を取り上げてきましたが、今回はその流れで物流業界に関するM&

プロアスリートの第二のキャリア。元日本代表プロバスケットボール選手の挑戦

広報室だより
プロアスリートの第二のキャリア。元日本代表プロバスケットボール選手の挑戦

神奈川県横浜市内にあるフィットネスクラブ「ブルーゲートヨコハマ」。賃貸管理会社の株式会社ベルニが2020年に事業を譲受けました。今回、異業種の事業に参入した背景には、社長の伊藤俊亮氏の異色の経歴が関係しています。伊藤氏は2020年に父親の経営するベルニに後継者として入社しましたが、それまではプロバスケットボール選手として活躍していたのです。今回、事業承継と同時にM&Aを実行、新たな事業に挑戦する伊

会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

事業承継
会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

親族内や自社の内外に後継者としてふさわしい人物が見つからないオーナー経営者にとって、最終的に残される選択肢は2つしかありません。ひとつは廃業で、そしてもうひとつは会社の売却です。本記事では、会社売却の近況や会社を売るメリットなどを整理したうえで、売却時の注意点や全体の流れについて解説します。事業承継を断念する前に、会社を売却し事業を存続させる方法について話を聞いてみませんか?数々の事業承継をご支援

「買収・事業承継」に関連する学ぶコンテンツ

「買収・事業承継」に関連するM&Aニュース

アダストリア、TODAY'S SPECIAL事業及び GEOROGE'S事業を吸収分割により承継する会社の株式取得(子会社化)へ

株式会社アダストリア(2685)は、2024年4月17日開催の取締役会において、株式会社ウェルカム(東京都目黒区)が運営するTODAY'SSPECIAL事業及びGEOROGE'S事業を、吸収分割により承継する会社(以下「対象会社」)の全株式を取得し、子会社化することについて決議した。なお、本件は、ウェルカムの100%子会社である株式会社トゥデイズスペシャル(東京都目黒区)に対して、吸収分割の方法に

さくら野百貨店、北上店を北上都心開発に承継へ

株式会社さくら野百貨店(青森県青森市)は、百貨店事業のうち北上店に関して持つ権利義務を、新設立する株式会社いわて北上リテールマネジメントに承継させる新設分割を決定した。その後、新会社の全株式は、2023年8月末に北上都心開発株式会社(岩手県北上市)が買収し、子会社化する。北上都心開発は、2000年の開店より北上店が入居しているツインモールプラザを運営している。なお、新会社とさくら野百貨店は商標等ラ

伊藤忠丸紅鉄鋼、米国現地法人を通じ米Worthington Specialty Processing社所有のジャクソン工場を買収

伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社(東京都中央区)は、米国現地法人であるMarubeni-ItochuSteelAmerica,Inc.(米国ミシガン州ジャクソン、以下MISA)を通じ、WorthingtonSpecialtyProcessing社のジャクソン工場(米国ミシガン州ジャクソン)の買収を2022年11月1日(米国時間)に完了した。また、MISAは新会社「MISASpecialtyProcessin

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース