コラム

プロアスリートの第二のキャリア。元日本代表プロバスケットボール選手の挑戦

広報室だより

⽬次

[表示]

神奈川県横浜市内にあるフィットネスクラブ「ブルーゲート ヨコハマ」。賃貸管理会社の株式会社ベルニが2020年に事業を譲受けました。今回、異業種の事業に参入した背景には、社長の伊藤俊亮氏の異色の経歴が関係しています。伊藤氏は2020年に父親の経営するベルニに後継者として入社しましたが、それまではプロバスケットボール選手として活躍していたのです。今回、事業承継と同時にM&Aを実行、新たな事業に挑戦する伊藤氏に取り組みと想いを聞きました。

自身のキャリアを活かした新事業創出のためのM&A

2002年に大手電機メーカーの実業団に入団した伊藤氏は、センターとして最多得票でオールスター選出されるほどの人気選手で、日本代表として世界選手権にも出場、16年にわたり活躍しました。バスケットボールプロリーグであるBリーグの開幕と同じくして移籍した千葉ジェッツを2018年に引退した後は同チームでフロントスタッフとして運営にも携わりました。
「事業部長として法人営業をメインに、広報・MD・デザインと4部門を担当しました。フロント在籍は1年間でしたが、非常に勉強になりました」
その後、家業を継ぐべくベルニに入社した伊藤氏ですが、2020年はコロナ禍の真っ只中。本業の不動産賃貸も動きが鈍く厳しい状況が続く中、自分のキャリアを活かした事業を考え、たどり着いたのがM&Aでフィットネスクラブを譲受けることでした。
「プロアスリートのトレーニングというときついイメージがあると思いますが、それぞれの状況に合わせたトレーニングというのは実は手軽にできるんです。プロアスリートならではのコンテンツを作り、自身を広告塔にして独自の地域密着型フィットネスクラブを地元で作りたいと思いました」

現役時代は強靭な肉体と204センチの長身に走力を兼ね備えたフィジカルプレイヤーとして日本代表でも長きに渡って活躍した

事業譲渡の良さはすでにある魅力を活かして始められること

ただ、ゼロから作るのは大変です。そこで事業を譲受けることを考えました。フロントスタッフとして働いていた時に会社がM&Aをしたので、M&Aがどんなものかということは分かっていました。ですので選択肢として考えやすかったというのもあります」
相談を受けた日本M&Aセンターから提案されたのが、ベルニの会社近くにあるフィットネスクラブでした。もともと運営していたのは石川県を中心に直営でフィットネスクラブを7店舗運営する会社です。横浜の店舗は関東進出の足掛かりとして考えていたものの、知名度や土地勘もない上に新型コロナウイルスの感染拡大の影響で苦しい運営を続けていました。そこで、飛び地になっている横浜店の事業譲渡を決意されたのです。
「まず魅力に感じたのは立地です。横浜市中区で最寄り駅から1分、弊社からも歩いて20分ほどの距離でした。重視した条件の一つが横浜市内であるということでした。地元のネットワークとスポーツ業界での人脈をしっかり活かせることが大事だからです。その点で、条件に合致するお相手でした。また、設備もいいものが入っていて環境面も申し分ありませんでした」


清潔感のある施設内

地域密着と全世代をカバーした新プログラムで3年以内の黒字化を目指す

最終契約を交わしたのが2020年12月でした。まさにコロナ禍でのM&Aです。検討中には最初の緊急事態宣言も発令され、休業を余儀なくされたりフィットネスクラブが敬遠される事態に陥ったりしました。最終的にM&A後、会員数がピーク時の半分という状態からのスタートとなったのです。
「まずはあらゆるコストの見直しに取り組みました。清掃業者を変えて自分たちで掃除する部分を増やすことに始まり、すべての契約の見直しをしました。
次にメニューの見直しです。特にシニアとキッズのメニューの充実に力を入れました。例えば大人向けメニューとして始めたフラダンスのプログラムはおかげさまで好評いただいています。
時間帯で年齢層も変化します。朝はシニアの方、日中は主婦や男性が多くいらっしゃいます。今後は夕方の時間帯に学校帰りのキッズ向けのプログラムを企画する予定です。全世代をカバーしていくことで、今後は広い層でファンを作っていきたいと考えています」
直近の目標は3年以内での黒字化です。今、M&Aから1年が経ちましたので、残り2年での実現を目指します」

フィットネスクラブ ブルーゲートのホームページ

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「買収・事業承継」に関連するコラム

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

株式取得とは何か?M&Aにおけるメリットやデメリット、手続きを解説

M&A全般
株式取得とは何か?M&Aにおけるメリットやデメリット、手続きを解説

株式取得はM&Aにおける買収手法の一つです。代表的な株式取得の手段としては株主からの直接譲受、株式市場における買付やTOB(株式公開買付け)、第三者割当による株式発行などが挙げられます。本記事では株式取得の種類やメリット・デメリット、手続きの流れなどについて解説します。株式取得とは?株式取得とは、M&Aにおける買収手法の一つであり、株式の取得により相手企業の経営権を獲得することを指します。株式取得

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

事業承継と事業継承の違いとは?正しい意味や使い分けを解説

事業承継
事業承継と事業継承の違いとは?正しい意味や使い分けを解説

事業承継と事業継承は、受け継ぐ「もの」は異なりますが、どちらも「~を受け継ぐ」という意味で使われる言葉です。どちらが正しい表現か悩ましく感じる方も多いでしょう。本記事では「承継」「継承」の意味の違いや使い分けについて見ていきます。「承継」と「継承」の違い「承継(しょうけい)」と「継承(けいしょう)」は似て非なる言葉です。前者は先代から「地位や精神、身分、仕事、事業を受け継ぐ」という意味があり、後者

バイアウトとは?具体的な手法や成功させるポイントを解説

M&A全般
バイアウトとは?具体的な手法や成功させるポイントを解説

企業の経営活動を続けていくなかで、業績の悪化や、後継者不足により事業を継続していくことが困難になったとき、検討する手段のひとつにバイアウトがあります。日本語では買収を意味しますが、その手法は目的によっていくつかに分かれます。本記事では、バイアウトの手法を解説し、成功に導くためのポイントについてまとめています。さまざまな経営上の課題を解決していくための手段として、バイアウトを検討している場合や、いず

M&Aの買い手担当者必見!最初にチェックすべき5つのポイント

M&A実務
M&Aの買い手担当者必見!最初にチェックすべき5つのポイント

国内外のM&Aの専門家であるDr.Mが、身近なM&A事例を用いて、独自の視点でポイントをわかりやすく解説する「Dr.MのM&Aワンポイント解説」。第3回となる今回は・・・日々受け取るM&A案件情報の中から、どう見極めるか—ドクター本日のテーマをお願いします。Dr.M:今まで企業事例取り上げながら、気になるトピックをご紹介してきましたが、今回は少し趣向を変えまして。よくお客様から質問されることが多い

「買収・事業承継」に関連するM&Aニュース

トランスコスモス、新設会社「日本直販」に通信販売事業を承継および同新設会社の株式を譲渡

トランスコスモス株式会社(9715)は、総合通信販売事業を中心とする日本直販事業を会社分割により新設会社に承継し、同新設会社の全株式を株式会社悠遊生活(神奈川県横浜市)に譲渡することを決定した。トランスコスモスを分割会社とし、新設会社を承継会社とする簡易新設分割。【新設会社の概要】名称:日本直販株式会社所在地:大阪府大阪市事業内容:総合通信販売事業分割効力発生日に、悠遊生活の子会社となる予定。トラ

住友林業、豪州でランドスケープ事業を展開するRegal Innovationsの株式取得、子会社化

住友林業株式会社(1911)は、RegalInnovationsPtyLtd(オーストラリア、Regal)の株式51%を取得し子会社化した。住友林業は、資源環境、木材建材、海外住宅/不動産、住宅/建築業、生活サービス事業を行っている。豪州主要都市では、2009年から住宅事業を展開している。Regalは、ニューサウスウェールズ州を中心に商業・公共施設の外構や緑地帯・公園の設計・施工等を行うランドスケ

ハウス食品グループ、子会社間で国内業務用食品事業を統合

ハウス食品グループ本社株式会社(2810)は、子会社であるハウス食品株式会社(東京都千代田区)の業務用食品事業を、同じく小会社の株式会社ギャバン(東京都中央区)に承継させることを決定した。分割会社はハウス食品、承継会社はギャバンとなる簡易吸収分割の方式。ギャバンの商号は「ハウスギャバン株式会社」に変更される。ハウス食品グループ本社は、グループ戦略立案、事業会社(国内・海外)への経営サポートならびに

セイコーHD、吸収分割により子会社のセイコーアイ・テクノリサーチに事業を承継

セイコーホールディングス株式会社(8050)は、吸収分割により機能の一部を完全子会社であるセイコーアイ・テクノリサーチ株式会社(千葉県千葉市)に承継させることを決定した。セイコーHDを分割会社、セイコーアイ・テクノリサーチを承継会社とする簡易吸収分割。【分割する事業の内容】・グループ全体の研究開発および生産技術開発、事業サポート・グループ横断の新事業開発・上記に附帯または関連する事業セイコーHDは

カラーコンタクトブランド「DollColor」の3GEM、ARCOCOのカラーコンタクト事業を譲受

株式会社3GEM(東京都中央区)は、株式会社ARCOCO(大阪市都島区)よりカラーコンタクト事業を譲り受けた。買収金額は非公開。3GEMは、カラーコントタクトの販売・製造・企画などを行っている。カラーコンタクトブランド「DollColor・ドールカラー」を展開している。ARCOCOは、コンタクトレンズ販売、飲料製品販売などを行っている。カラーコンタクトブランド「ARCOCO」を展開している。本件M

日本物流未来投資、EMCの全株式を譲受

SBSホールディングス株式会社(2384)と株式会社日本政策投資銀行(東京都千代田区)が共同運営する日本物流未来投資事業有限責任組合(東京都新宿区)は、株式会社EMC(東京都千代田区)との間で株式譲渡契約を締結し、全株式を譲受けた。日本物流未来投資は、事業継承や人手不足問題に不安を抱えた全国の中堅・中小物流事業者を支援する投資組合。EMCは、物流設計、システム開発、倉庫手配、人員手配、マテハン導入

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース