コラム

2023年の主要トピックス~海外M&A担当者による世界経済予測~

榊原  啓士

日本M&Aセンター 執行役員 九州支店長 兼 IN-OUT推進部長

M&A全般
更新日:

⽬次

[表示]


2022年は、地政学リスクに振り回された1年と言えるでしょう。
2023年、世界は、日本は、どのような年になるのか。個人的な所感を述べてみたいと思います。
※本記事は2022年12月30日に執筆されました。

地政学リスクに振り回された世界経済

表題の通り、2022年は地政学リスクに大きく左右された1年となりました。
年初にはNYダウ平均は36,950ドル超の史上最高値を更新し、GAFAMやテスラなどのテック企業を中心に世界の時価総額は大きく拡大していました。しかし、2022年2月24日にロシアがウクライナへの侵攻を始めたことを機に、それまでの拡大傾向は180度転換し、我々の生活を大きく変えました。

ロシアやウクライナには天然資源・食品など、重要なコモディティで世界的に大きなシェアを占めているものが沢山あります。
もともと2021年頃から、新型コロナウイルス感染症のパンデミックを引き金とした、物価上昇傾向がありました。しかし、このロシアによるウクライナ侵攻で、さらに原油や穀物、魚介類などの価格が上昇し、その結果、2022年の下期から世界的にインフレ傾向が強くなりました。

米国消費者物価指数は2021年頃から上昇してきていましたが、2022年には毎月前年比7~8%の上昇が続き、市民の生活に大きなインパクトを与えるようになりました。このインフレを押さえるため、欧米の中央銀行はそれまでのゼロ金利政策から方針転換をし、歴史的に類を見ない勢いで政策金利を引き上げています。

それに対して日本銀行は金融緩和政策を維持する方針を打ち出したため、年初115円/ドルだったものが一時150円/ドル(約30%上昇)となり、企業の事業環境に大きな影響を与えています。

2023年予測。2023年はどうなるのか

2023年がどうなっていくのか、個人的な予測をしてみます(あくまで個人的な予測である事、ご了承ください)。

やはり注視すべきはロシアと中国の地政学リスクと中央銀行の政策だと思っています。これまでの両国の動きを見る限り、戦争は終結に向かうとしても、暫く対立状況が落ち着くことはないと考えています。

欧米の中央銀行の政策については金利上昇速度が緩やかになるものの、金利を下げることは2023年中には行われないのではないでしょうか。

その中で日本国内の状況ですが、大きなイベントとしては日銀総裁の交代だと思っています。

4月に新総裁の就任予定となりますが、人事については1月下旬から2月上旬ぐらいには見えてくるでしょう。その新総裁を日本政府がどう選ぶのか、金融緩和を継続するのか否か。

2022年12月には、日本銀行から長期金利の変動幅を広げるとのサプライズ発表があったため、為替が大きく動き130円/ドルほどまで大きく円高に振れました。

これまで黒田総裁は金融緩和継続を強い信念として持ってきましたが、新総裁を中心とした政策委員会メンバーの構成次第では、大きな変動の可能性もあるかと予想しています。

皆さんもご承知の通り、日本は世界でもトップクラスの国債発行国となっています。金利上昇は利払いにも影響があるため、日本銀行がどう舵取りをするのか、しっかりと注目していく必要があると思います。

リスク分散でグローバル社会を勝ち抜く

コロナによる移動制限がほぼ撤廃される中、グローバルでのビジネス展開はより加速していくものと考えています。

弊社にも国内外の企業様から海外M&Aに関するお問合せを多数いただいております。

海外ビジネスはリスクが高いと言いますし、それは事実でもあるかと思います。
しかし一方で、これからの世の中、日本だけに留まることも大きなリスクではないかと感じています。

海外進出を行うとしても、いくつかのやり方があります。
オーガニックに新拠点を作る、海外企業を買収してビジネスの基盤を手に入れる、はたまた海外企業やファンドから投資をしてもらい、海外進出のきっかけづくりとサポートをしてもらう等です。


海外M&Aはあくまで経営の選択肢の一つだと思っています。少しでもご関心を頂けましたなら、お気軽に弊社へお問い合わせを頂ければ幸いです。

日本M&Aセンターの海外M&A支援

日本M&Aセンターでは、中立な立場で、譲渡企業と譲受企業双方のメリットを考慮にいれたM&Aの仲介を行っております。また、海外企業の買収(In-Out)、海外企業による日本企業の買収(Out-In)、海外企業同士の買収(Out-Out)も数多く手掛けてまいりました。

海外進出や事業継承に関するご相談・お悩みについて、お気軽にお問い合わせください。

著者

榊原  啓士

榊原 さかきばら 啓士けいし

日本M&Aセンター 執行役員 九州支店長 兼 IN-OUT推進部長

電機メーカー、IT企業、大手金融機関を経て2012年日本M&Aセンターに入社。入社以来、企業譲受のアドバイザリーを中心に従事。 また、企業の成長戦略の提案について定評があり、多くの企業の業績アップに寄与。国内のみならず海外M&A案件での実績も多数。 証券アナリスト。2023年4月より現職。

この記事に関連するタグ

「海外M&A・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A
タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

日本M&Aセンターホールディングスは、このたびタイに現地法人「NihonM&ACenter(Thailand)Co.,LTD」を設立し、2024年1月23日より営業を開始いたしました。今回は、タイにおけるクロスボーダーM&Aの可能性や、今注目すべき領域はどこか?について、タイを拠点に活動するM&Aプレイヤーの視点よりお届けします。タイのクロスボーダーM&A市場動向と2024年の注目ポイントタイにお

2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

海外M&A
2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

日本M&Aセンターの海外事業部でインドネシアのクロスボーダーM&Aを担当している徳永です。世界4位の人口があり、これからさらに成長を遂げることが予想される成長市場のインドネシアにおけるクロスボーダーM&Aについて、その魅力と併せてM&Aにおける難しさについて紹介します。インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力まずはインドネシアで現地企業をクロスボーダーM&Aで譲受けするメリットについて書いてみた

2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

海外M&A
2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

こんにちは。日本M&Aセンター海外事業部の亀井です。本コラムでは、2024年の製造業におけるクロスボーダーM&Aの課題やトレンド、今後狙うべき戦略について紹介します。海外拠点を既にもつ製造業の課題まず、日系企業の海外拠点での販売・調達・生産の課題を考えてみたいと思います。ジェトロの「海外進出日系企業実態調査」によると、多くの海外進出企業が販売先の見直しを検討しており、特に現地市場向けの販売強化を目

ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A
ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

こんにちは、日本M&Aセンター海外事業部の松原です。ベトナムを中心にクロスボーダー案件を担当しております。2023年は日越国交関係樹立50周年の節目となる年で、政治や経済、文化などの分野において友好関係がさらに発展した1年でした。日越間のこの記念すべき1年について、企業の究極的な友好関係であるM&Aの視点から振り返ります。後半では2024年の展望にも触れていきます。2023年ベトナム経済振り返り日

IT業界におけるクロスボーダーM&A 2024年の展望

海外M&A
IT業界におけるクロスボーダーM&A 2024年の展望

日本M&AセンターにてASEANのクロスボーダー案件を手掛けている河田です。日本国内でも多くの件数を誇るIT業界のM&Aですが、最近は海外マーケットへの進出を検討している企業も増えてきております。本記事では、IT業界のクロスボーダーM&Aについて2023年の振り返りと2024年の展望について解説します。「海外・クロスボーダーM&A」って、ハードルが高いと感じていませんか?日本M&Aセンターは、海外

マレーシアM&Aの2023年振り返りと2024年予測

海外M&A
マレーシアM&Aの2023年振り返りと2024年予測

日本M&Aセンター海外事業部の福島です。マレーシアを中心としたクロスボーダーM&Aのサポートをさせて頂いております。本コラムでは、2023年のマレーシアおけるM&A動向や日系企業の投資の動向を振り返りつつ、2024年の注目市場について所見をまとめました。「海外・クロスボーダーM&A」って、ハードルが高いと感じていませんか?日本M&Aセンターは、海外進出・撤退・移転などをご検討の企業さまを、海外クロ

「海外M&A・クロスボーダーM&A」に関連する学ぶコンテンツ

「海外M&A・クロスボーダーM&A」に関連するM&Aニュース

ルノー、電気自動車(EV)のバッテリーの設計と製造において2社と提携

RenaultGroup(フランス、ルノー)は、電気自動車のバッテリーの設計と製造において、フランスのVerkor(フランス、ヴェルコール)とEnvisionAESC(神奈川県座間市、エンビジョンAESCグループ)の2社と提携を行うことを発表した。ルノーは、125の国々で、乗用、商用モデルや様々な仕様の自動車モデルを展開している。ヴェルコールは、上昇するEVと定置型電力貯蔵の需要に対応するため、南

マーチャント・バンカーズ、大手暗号資産交換所運営会社IDCM社と資本業務提携へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、IDCMGlobalLimited(セーシェル共和国・マエー島、IDCM)と資本提携、および全世界での暗号資産関連業務での業務提携に関するMOUを締結することを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内および海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務、宿泊施設・飲食施設およびボウリング場等の運営・管

双日、Silaba Motorsを買収しパナマで自動車販売事業へ参入

双日株式会社(2768)は、パナマでKia(キア)、マツダブランドなどの正規ディーラーを運営するSilabaMotorsS.A.(以下「SilabaMotors」)の全株式を取得し、パナマにおける自動車ディーラー事業へ参入した。SilabaMotorsは、自動車販売事業、アフターサービス事業、パーツ販売事業などを行う。SilabaMotorsは、1991年に創業し、自動車の正規輸入卸とディーラー運

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース