コラム

買収には落とし穴がある?正しい知識でM&Aを進めよう

久力 創

プロフィール

久力創

日本M&Aセンター 上席執行役員 金融提携事業部長 

壷井 直貴

プロフィール

壷井直貴

日本M&Aセンター 営業本部 地銀チャネル チャネル部長

M&A全般
更新日:

⽬次

[表示]

買収には落とし穴がある?正しい知識でM&Aを進めよう
日本M&Aセンターでは毎月買い手企業の方に向けて「どのように買収を進めていけばいいのか」「買収後どのように統合作業を行っていくのか」といったテーマで「買収の参観日」というセミナーを行っています。本記事では、そのセミナーのスピンオフとしてスタートしたYouTube動画の内容をお届けします。

直近の「買収の参観日セミナー」の詳細はこちらから!

ありそうでなかった⁉買い手企業向けの情報発信をスタート

久力(くりき): そもそも壷井さんは「ザ・サムライ」という感じで日本M&Aセンターの中でも動画に出るようなタイプではないですよね。なぜ、今回動画に出ようと思ったんですか。

壷井(つぼい): そうですね。いままで延べ約100件ほどいろいろなM&Aに携わってきましたが、業種も様々ですし、オーナーさんの買収目的も本当に様々で。やっぱりこの経験値を伝えていきたいなと思っています。

M&Aって手段としてうまく有効活用できれば、会社もすごく成長しますし、 何より 会社の空気感が変わる と思っています。そういった事を買い手の企業さんに届けて、上場を目指す、あるいは売上目標100億円といったことをM&Aを通じて実現するお手伝いをこれからもしていきたいと思っています。

ただ落とし穴というか、 買収には押さえておかなければいけないポイントがたくさんある んですよね。そしてそれは経験者にしか絶対わからないんですよ。なので、特にはじめてM&Aを行う会社さんには前もって正しい情報を知ってほしいという思いがあるので、満を持して動画に出演しました。

久力: 売り手企業さん向けの情報はたくさん世の中にあるんですけど。 買い手企業さん向けの情報って、なかなか意外と無い ですよね。

壷井: そもそも買い手企業さん専門の担当者って一般的には少ないですよね。

久力: 詳しくはわからないですが、他の仲介会社さんを見てると、どうしても売り手企業さんの担当者がたくさんいらっしゃって、その方々がお相手となる買い手企業さんを探すというスタイルが多いように感じます。当社は買い手企業さん専門の担当者が何人くらいいるか知ってますか?

壷井: 東西あわせると100人・・?

久力: 惜しい、98人です(笑)。当社もいろいろノウハウがあるのでお客さんに伝えていきたいですよね。

壷井: いや本当に知ってほしいですよね。

M&Aを進める前に知っておきたかった!押さえておきたいポイント

久力: M&Aを進めていると検討過程で、経営者の方々も「ここ気になるな」「あれ気になるな」と出てくることが多いじゃないですか。

壷井: そうですね、多いですね。

久力: 検討過程だとどうしても交渉要素が入っちゃいますよね。なかなか相手に言いにくかったり、はじめてM&Aを行う人は不安ですよね。

壷井: 怖いですよね。

久力: だって家を買うのでも大変じゃないですか。私も家を買いたいなと色々さがしてたんですけど、不動産屋さんに聞くと、だいたい「売りたい、売りたい!」という気持ちが強い気がして「本当にここ買っていいのかな」とか、ハウスメーカーさんだったら本当に良いといってるのか、広いからお勧めしてるのかちょっとわからないなぁ、みたいなことが多々あります。

壷井: 私も最近不動産見ているんですけど…

久力: いや、この動画は不動産チャンネルじゃないよ(笑)

壷井: いえいえ(笑)、気づいたことがありまして。不動産情報をたくさん見ていくと、同じ地域で高い安い、広い狭いで坪単価とか比較していくじゃないですか。結局いいものを探そうとすると、ずっと待って見送って、ずっと選り好みして永遠に買わない。そうすると情報が入って来なくなるんですよ。

久力: 不動産屋さんも「もうあそこの壷井さんに提案しても買ってくれないな」っていうふうになるんですよね。

壷井: そうなんです。 M&Aで重要なのは「情報量を仕入れること」 じゃないですか。

久力: 当社だけじゃなくて、いろんな仲介会社さんとか銀行さんとか会計事務所さんなどから情報を広く入手することも大事です。

壷井: 「こういう会社が(M&A)情報に出てきたら、うちの会社もトライしてみよう」という 判断軸をしっかり持っていく。いろんな情報を見ながらそうした軸を作っていくことが、不動産見てて重要だと思いましたね。

久力: 今からはじめてM&Aを検討しようとする人が、これからいろんな仲介会社さんなどとコミュニケーションを取って、提案がたとえば2年で10件以上になったとしましょう。いざその10件、15件を検討しようとしたときに、本当だったら3件目に提案された案件が振り返ってみると良かったなぁと思っちゃったりすることも出てくると思います。そうならないためにも、どのポイントを押さえていけばいいか、 疑似体験をこの動画を通じてしていただければ いいなと思っています。

買収の参観日で伝えたいこと

久力: さて、本編のセミナーではこれから具体的にどういうことをお伝えしてくのかご紹介していきましょうか。

壷井: 例えば、検討時のポイントとかですかね。買い手企業さんは譲渡を検討しているお客様の情報を「企業概要書」から収集して、M&Aを勧めるかどうか検討していきます。でもその「企業概要書」だけだと全てがわからないんです。概要書だけの情報でトップ同士の面談時に「思っていたのと違った」とギャップを感じたという話も少なくありません。

久力: ちなみにその企業概要書というのは、どんな内容が載ってるんですか。

壷井: ボリュームとしては多い場合で40枚くらいあります。基本的には財務内容から従業員の情報、取引先がどこで、など概要ですね。

久力: 買い手の企業さんの場合、概要書を見た時に「この取引先どうなの?」とか「この金額の在庫は大丈夫?」とディテールを気にされるケースがあります。検討時に本当に大切なポイントはどこなのか、そういうこともセミナーでは取り上げていきたいと思います。

壷井: 他には企業評価、価格についてなどもテーマとして挙げられます。価格の妥当性、どのように適正な価格を算出すればいいのか、というところにも踏み込んでいく予定です。

久力: 難しいですよね、会社の価値をいくらと評価するのか。「御社はこの会社いくらだと思いますか」とお客さまによく聞かれますよね。その時に基準となる考え方が無いと、妥当なのか、どうなのかわかりませんからね。ちなみに評価手法ってどんな方法があるんですか。

壷井: 一般的には3つあります。まずは、純資産に過去の利益水準をのせるという時価純資産法。

久力: 簡単に言うと、 過去の蓄積をベースに価値をだすという方法ですね。

壷井: もう一つは上場会社の時価総額の金額とからめて、いわゆるEBITDA倍率を使った評価方法ですね。

久力: 上場会社がどのくらいで買収されているのかを参考にしながら、その会社のキャッシュフローとか利益などを比較して株価を出す方法ですね。最後は何ですか。

壷井: DCF法ってよく言いますけど、将来キャッシュフローがどのくらい見込めるかから逆算して現在の価値を出すんですけど、まぁ難しいですよね。

久力: 本当に難しいですね。中小企業のM&Aではほとんど使われないかと思います。

壷井: このDCF法に当てはめて、企業価値を出されても、買い手企業さんとしては本当に投資回収ができるのか。それが3年後、5年後に失敗だったか成功だったのかの判断もつきにくい。企業評価という側面を見ても、これって本当に正しく買えていますか?というのが大きいですよね。

久力: 「金額がいくらだからM&Aをやらない」という判断が本当に正しいのか、そのあたりにも触れていきたいと思います。そういうのも概要書とか計算だけを見てもらうと判断しづらいですからね。そういったことを大局的にお届けするセミナーですので、有効に活用していただければ幸いです。

壷井: お客様から聞こえる「もうちょっとこういう情報を知っておけるとよかったなぁ」という声を参考にしながら、正しい判断で正しくM&Aをしてもらえるような動画での発信、そして本編のセミナーもお楽しみしていただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします!

本記事の動画はこちらからご覧いただけます。

M&Aに関するご相談はこちらから承っております。
ご検討段階の方もお気軽にお問合せください。

プロフィール

久力 創

久力くりき はじめ

日本M&Aセンター 上席執行役員 金融提携事業部長 

大手証券会社を経て2008年日本M&Aセンター入社。主に譲受企業担当として数多くのM&A支援実績を有する。2023年4月より現職。

壷井 直貴

壷井つぼい 直貴なおき

日本M&Aセンター 営業本部 地銀チャネル チャネル部長

大手福利厚生サービス企業を経て、日本M&Aセンターに入社。一貫して成長企業に対する買収提案を行い、100件を超える買収支援実績を誇る。2024年4月より現職。

この記事に関連するタグ

「買収・M&A実務」に関連するコラム

会社を買う方法とは?メリット・注意点をわかりやすく解説

M&A全般
会社を買う方法とは?メリット・注意点をわかりやすく解説

会社を買うことができるのは、多額の資金を保有している企業だけだと思っている人も少なくないかもしれません。しかし、実際は法人に限らずサラリーマンのような個人も会社を買うことができます。本記事では会社を買うメリットや注意点、押さえておきたいポイントをご紹介します。法人の買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。

ロングリストとは?M&Aにおける活用方法、ショートリストとの違いを解説

M&A実務
ロングリストとは?M&Aにおける活用方法、ショートリストとの違いを解説

M&Aの重要なプロセスの一つが、M&Aの対象候補となる企業の選定と絞り込みです。このプロセスにおいて、大切な役割を果たすのが今回紹介するロングリストです。本記事ではロングリストの概要や重要なポイントを解説します。ロングリストとは?ロングリストとは、M&Aの初期段階においてターゲット候補となる企業を一定の条件で絞り込みを行い、作成された候補企業リストです。M&Aの提案候補をなるべく広く検討するため、

トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(後篇)

M&A実務
トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(後篇)

前回の記事に引き続き、買収を検討している企業側の視点で、トップ面談に臨む際に押さえておきたいポイントを経験豊富なコンサルタント2人がお届けします。※本記事はYouTube動画をもとに編集しています。@sitelinkトップ面談の冒頭に相手の心を掴むには壷井:小森さん、ちなみにトップ面談の時は手土産とか持参するように伝えますか?小森:壷井さんは手土産の話、好きですよねー(笑)壷井:いや、でも手土産の

トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(前篇)

M&A実務
トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(前篇)

日本M&Aセンターでは、毎月買い手企業の方に向けて「どのように買収を進めていけばいいのか」「買収後どのように統合作業を行っていくのか」といったテーマで「買収の参観日」というセミナーを行っています。本記事では、そのセミナーのスピンオフであるYouTube動画の内容をお届けします。トップ面談は準備が8割壷井:今回は当社の中でもM&A業界での経験が豊富な小森さんと、「トップ面談」をテーマにお送りします。

個人M&Aを成功させるポイントとは?メリット・注意点を解説

M&A全般
個人M&Aを成功させるポイントとは?メリット・注意点を解説

M&Aは大企業や中小企業など企業ではく、個人が行うケースも増えています。本記事では、個人M&Aの現状や実行する場合のメリット、注意点・利用目的・利用方法などについて詳しくご紹介します。法人の買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録(無料)はこちら個人による

PMIを検討するポイントとは?買い手企業目線の留意点を解説

M&A実務
PMIを検討するポイントとは?買い手企業目線の留意点を解説

国内外のM&Aの専門家であるDr.Mが、身近なM&A事例を用いて、独自の視点でポイントをわかりやすく解説する「Dr.MのM&Aワンポイント解説」。第4回となる今回はM&Aのその先に待ち構えるPMIについてです。M&Aが具体的検討フェーズに進んだら、はじめにPMIを考えよう!—ドクター本日のテーマをお願いします。Dr.M:今回のテーマは「PMI」です。「PMI」とは、「ポスト・マージャー・インテグレ

「買収・M&A実務」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aにおける登場人物とその役割

M&Aにおける登場人物とその役割

M&Aの実行には高度な論点が複雑に絡み合い、高い専門性や知識が必要とされるため当事者以外に多くの関係者が登場します。本記事ではM&Aの関係者・専門家について解説していきます。分類登場人物概要・主な役割M&Aの当事者M&Aの取引対象M&Aで取引されるもの(会社・事業など)譲渡希望企業(M&Aの売り手)「M&Aの取引対象」の保有者(株主・会社)譲受け希望企業(M

譲渡企業(買収先)の探し方。ロングリスト、ショートリストとは

譲渡企業(買収先)の探し方。ロングリスト、ショートリストとは

M&A仲介会社などパートナーを選定したら、次は買収先、つまり譲渡企業(売り手)を探すステップに移ります。お相手探しは主に2つの方法で行われます。それぞれについて詳しく見てまいりましょう。買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録(無料)はこちら譲渡企業の探し

譲受け企業(買い手)がM&Aで押さえておきたいポイントとは?

譲受け企業(買い手)がM&Aで押さえておきたいポイントとは?

一言でM&Aといっても、買収戦略を実行していく譲受企業(買い手)側には様々な目的があります。M&Aの成功に向けて、押さえておきたいポイントを確認していきましょう。【登録無料】買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録はこちらM&A実行の目的・メリット一般的に

M&Aの相談先。頼れる専門家について

M&Aの相談先。頼れる専門家について

自社の今後を見据え、M&Aという選択肢が浮かんだ時、あなたらどうするでしょうか。まず誰か詳しい人に話を聞いてみよう、相談しようと考える人が多いのではないでしょうか。M&Aの実行には高度な論点が複雑に絡み合い、高い専門性や知識が必要とされるため、当事者以外に専門家をはじめ様々な関係者が関係してきます。本記事では具体的に誰に、M&Aの相談をするのがふさわしいのか解説していきます。M&A分野の専門家まず

「買収・M&A実務」に関連するM&Aニュース

Rebase、宮崎県青島にてエリア開発・施設運営を行うLibertyshipの株式取得

株式会社Rebase(5138)は、株式会社Libertyship(宮崎県宮崎市)の株式を取得し、持分法適用関連会社化することについて決議した。Rebaseは、レンタルスペースの予約マッチングプラットフォーム「インスタベース」、コミュニティイベントサービス「TOIRO」を運営している。Libertyshipは、宮崎県青島にてエリア開発、施設運営、バレルサウナの販売などを行っている。株式の取得の理由

三井E&S造船、三井造船昭島研究所の全株式取得

常石造船株式会社(広島県福山市)は、グループである三井E&S造船株式会社(東京都港区)が、株式会社三井造船昭島研究所(東京都昭島市)の全株式を取得したと発表した。常石造船は、船舶の建造、修繕などを行っている。三井E&S造船は、船舶の設計やエンジニアリング並びに操船装置の開発などを行っている。三井造船昭島研究所は、水槽施設と風洞施設を有する流体力学を中心とした船舶・海洋分野における研究所。目的本件に

Link-Uグループ、持分法適用関連会社で雑誌読み放題サービスのビューンを子会社化

Link-Uグループ株式会社(4446)は、2024年5月23日開催の取締役会において、持分法適用関連会社である株式会社ビューン(東京都千代田区)の株式を追加取得し、連結子会社化することを決議した。Link-Uグループは、グループ会社の経営管理等を行う。ビューンは、インターネットを利用したコンテンツ配信サービス、法人向け電子書籍サービスに強みを持ち、「ビューン読み放題スポット」「ビューン読み放題タ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース