コラム

【大人気セミナー「買収の参観日」開催レポート】日本初のM&A仲介業務に自動付帯する保険サービスがスタート!

広報室だより

⽬次

[表示]


M&Aの買い手企業として知っておきたい考え方やテクニックを紹介する日本M&Aセンターの人気オンラインセミナー「買収の参観日」が2021年12月10日に開催されましたのでセミナーレポートをお届けいたします。
7回目を迎える今回は、下記の3つのテーマについてお話ししました。
1、実行する前に知っておくべきM&Aの基礎知識
2、当社仲介案件に付与する「表明保証保険」について
3、データが導き出す 買収戦略とマッチング
M&Aの知識をご理解いただき、ぜひM&Aを成功に導いていただければと思います。

1、実行する前に知っておくべきM&Aの基礎知識

東日本事業法人チャネル統括部長 川畑勇人

(図1 中小企業白書2021年度(中小企業庁)を元に当社編集)

現在、M&Aのニーズは高まりを見せています。なぜM&Aをする企業が増えているのか。その背景を知るデータの一つに中小企業庁のデータがあります。(図1参照)このデータによれば、M&Aを実行している企業(赤)とそうでない企業では、売上高はともに伸びているものの、利益を比べてみるとM&Aを実施している企業は伸びているのに対してそうでない企業ではマイナス成長となっています。これでは自社単独で成長することは厳しい状況です。つまり、今は“買収しない”がリスクの時代ともいえるのではないでしょうか。

では、どのようにM&Aを進めていけばいいのか、今回は注意点に焦点を当てて解説します。
そもそもM&Aはこのようなプロセスで進んでいきます。
① ビジョン、戦略策定、マッチング――まずはM&Aをしてどこに向かいたいのかという「ゴール」を決めることが大事
② TOP面談――相性を確認
③ 基本合意――条件の大枠の合意のため細かな文言にこだわりすぎない。スピードが大事
④ DD(デューデリジェンス)――DDに慣れた信頼できる専門家に依頼
⑤ 最終契約決済――すべてに法的拘束力あり!弁護士や司法書士に必ず相談
⑥ 従業員発表
⑦ PMI

今回、特に注意していただきたいのは 「TOP面談」 です。
TOP面談はお互いを理解しあう場です。ですから、「相手に選んでもらうにはどうすべきか」という視点が大事になります。一方的な質問攻め、数値的な話に終始する、買収後の計画がないなどはNGです。
たまに、企業概要書上で判断をして、いつまでたっても誰とも会わない経営者の方がいらっしゃいますが、これではM&Aの成功からどんどん遠ざかってしまいます。
実際に会う、という行為自体に多くのメリットがあります。書面上ではわからない売り手の考えを知ることになったり、売り手の考えを受けてあらためて自社の戦略を再確認する事もあります。また、経営者同士の会談ですから、会話からビジネスのヒントを得ることもあるでしょう。
各プロセスでポイントを押さえながら、M&Aを必ず成功させてほしいと思います。

2、当社仲介案件に付与する「表明保証保険」

地域金融1部 沼尾加奈絵

表明保証保険.png
みなさんは、M&Aに保険があることをご存じでしょうか。日本M&Aセンターは、2021年11月から、日本初のM&A仲介業務に自動付帯する保険サービスを開始しました。日本M&Aセンターが仲介する案件であれば、審査・保険料負担なしで、保険に加入いただけます。今回は、その「表明保証保険」の概要についてご説明します。

Qどんな保険か
損害保険業界最大手の東京海上日動火災保険株式会社様と業務提携を締結したことにより実現した「これまでになかったタイプの中小企業のための『M&A保険』」です。これまではM&Aの保険というと大型案件を対象にしていたり、売り手・買い手ごとの保険が一般的でしたが、この保険は「案件そのもの」に対して保険をかけるというところが違います。
こちらの保険は、日本M&Aセンターの仲介案件であれば保険会社の審査なく加入できるほか、保険料は日本M&Aセンターが支払うため企業様の保険料負担もありません。

Q何を保証するのか
株式譲渡契約に記載された表明保証に違反したときの損害を補填します。表明保証の”表明”とは何かというと、例えば下記のような意思表示です。
「開示した決算書に、間違いはありません」
「税務申告書に間違いはありません。税金の未払・支払遅延もありません」
「株主名簿に間違いはありません。未記載の株主はいません」
「労務問題は発生していません。未払の給料・退職金はありません」
もちろん、間違いなく正確に表明できればいいのですが、中小企業のM&Aでは売り手企業様自身が「知らなかった」「気付いていなかった」というケースも多くあります。しかし、その場合でも違反です。そこで、この保険が重要になるのです。

Q「表明保証保険」の付与における3つの条件と注意点
①日本M&Aセンターの仲介案件であること(FA案件は対象外)
②外部専門家によるDDを実施すること(内部・社内でのDDは対象外)
③「買収の参観日」セミナーに参加すること(ご視聴後のアンケート提出までが必要)
どれが欠けても保険に加入できません。保険金請求時には、DDレポートが必要になります。

保険が適用されるもの・されないもの、保険のアップグレードなど詳しい保険内容は保険代理店にお問合せください。

今回の保険は売り手企業・買い手企業ともにより安心してM&Aを進めていただくためのものですが、基本は互いに責任をもって調査、情報開示をすることが大原則です。その上で、問題が発生した際には協議によって解決することが大事です。

3、データが導き出す 買収戦略とマッチング

データマーケティング部部長 青柳隆司

日本M&Aセンターでは、これまでの成約実績を分析し、日々よりよいマッチングにつなげています。その分析を専門に行うのがデータマーケティング部です。買いニーズ情報をデータ登録し、毎日1,700案件超の譲渡案件とのデータマッチングを実施。1買いニーズあたり平均12案件をレコメンドすることで、お客様に数多くの案件情報を提供しています。

今回は、日々買い手ニーズに触れているデータマーケティング部部長の青柳より、最新のM&Aトレンドをご紹介します。

(図2 2018年度および2020年度の成約実績)

まずは図2をご覧ください。これはコロナ前(2018年度)の買い手・売り手の業種とエリアの組み合わせごとの成約実績をグラフにしたものです。これを見ると、業種もエリアも異なる組み合わせでのM&Aがもっとも多い(53%)という結果が出ています。
ところがコロナ禍の2020年度では同じエリアでのマッチングが12%増えました。M&AではTOP面談やDDなど、買い手企業が売り手企業を訪問するフェーズがありますが、コロナ禍で県をまたいだM&Aが進みませんでした。今年度はまた人の交流が増えてきたという感触があります。

次に、買収目的についてデータを抽出してみます。図をご覧ください。
1位 クロスセリング(42%)
2位 エリア拡大(19%)
3位 周辺事業進出(14%)
この上位3位が全体の75%を占めています。皆様の中でM&Aを検討される際にはまずはこの3つの視点で戦略の立案をされてるのもいいかもしれません。ぜひ参考にしてください。

大人気セミナー「買収の参観日」、次回の開催は2022年1月11日です。
お申込みはこちら
https://www.nihon-ma.co.jp/page/seminar/buyside_basic202201/

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「買収・表明保証」に関連するコラム

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

株式取得とは何か?M&Aにおけるメリットやデメリット、手続きを解説

M&A全般
株式取得とは何か?M&Aにおけるメリットやデメリット、手続きを解説

株式取得はM&Aにおける買収手法の一つです。代表的な株式取得の手段としては株主からの直接譲受、株式市場における買付やTOB(株式公開買付け)、第三者割当による株式発行などが挙げられます。本記事では株式取得の種類やメリット・デメリット、手続きの流れなどについて解説します。株式取得とは?株式取得とは、M&Aにおける買収手法の一つであり、株式の取得により相手企業の経営権を獲得することを指します。株式取得

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

プロアスリートの第二のキャリア。元日本代表プロバスケットボール選手の挑戦

広報室だより
プロアスリートの第二のキャリア。元日本代表プロバスケットボール選手の挑戦

神奈川県横浜市内にあるフィットネスクラブ「ブルーゲートヨコハマ」。賃貸管理会社の株式会社ベルニが2020年に事業を譲受けました。今回、異業種の事業に参入した背景には、社長の伊藤俊亮氏の異色の経歴が関係しています。伊藤氏は2020年に父親の経営するベルニに後継者として入社しましたが、それまではプロバスケットボール選手として活躍していたのです。今回、事業承継と同時にM&Aを実行、新たな事業に挑戦する伊

バイアウトとは?具体的な手法や成功させるポイントを解説

M&A全般
バイアウトとは?具体的な手法や成功させるポイントを解説

企業の経営活動を続けていくなかで、業績の悪化や、後継者不足により事業を継続していくことが困難になったとき、検討する手段のひとつにバイアウトがあります。日本語では買収を意味しますが、その手法は目的によっていくつかに分かれます。本記事では、バイアウトの手法を解説し、成功に導くためのポイントについてまとめています。さまざまな経営上の課題を解決していくための手段として、バイアウトを検討している場合や、いず

M&Aの買い手担当者必見!最初にチェックすべき5つのポイント

M&A実務
M&Aの買い手担当者必見!最初にチェックすべき5つのポイント

国内外のM&Aの専門家であるDr.Mが、身近なM&A事例を用いて、独自の視点でポイントをわかりやすく解説する「Dr.MのM&Aワンポイント解説」。第3回となる今回は・・・日々受け取るM&A案件情報の中から、どう見極めるか—ドクター本日のテーマをお願いします。Dr.M:今まで企業事例取り上げながら、気になるトピックをご紹介してきましたが、今回は少し趣向を変えまして。よくお客様から質問されることが多い

「買収・表明保証」に関連するM&Aニュース

カラーコンタクトブランド「DollColor」の3GEM、ARCOCOのカラーコンタクト事業を譲受

株式会社3GEM(東京都中央区)は、株式会社ARCOCO(大阪市都島区)よりカラーコンタクト事業を譲り受けた。買収金額は非公開。3GEMは、カラーコントタクトの販売・製造・企画などを行っている。カラーコンタクトブランド「DollColor・ドールカラー」を展開している。ARCOCOは、コンタクトレンズ販売、飲料製品販売などを行っている。カラーコンタクトブランド「ARCOCO」を展開している。本件M

日本物流未来投資、EMCの全株式を譲受

SBSホールディングス株式会社(2384)と株式会社日本政策投資銀行(東京都千代田区)が共同運営する日本物流未来投資事業有限責任組合(東京都新宿区)は、株式会社EMC(東京都千代田区)との間で株式譲渡契約を締結し、全株式を譲受けた。日本物流未来投資は、事業継承や人手不足問題に不安を抱えた全国の中堅・中小物流事業者を支援する投資組合。EMCは、物流設計、システム開発、倉庫手配、人員手配、マテハン導入

Chorus Call Asia、IRイベント支援を行うイー・アソシエイツを完全子会社化

ChorusCallAsia株式会社(東京都中央区、CCA)は、イー・アソシエイツ株式会社(東京都千代⽥区)の発⾏済み全株式を取得し、完全子会社化した。CCAは、ビデオ会議・ウェブ会議・配信サービスなど各種コミュニケーション、クラウドサービスの提供を行っている。イー・アソシエイツは、IRイベント(電話・Web)支援、株主総会支援、IR専門翻訳サービスの提供を行っている。本件M&Aにより、CCAは、

アルコニックス、リチウムイオン電池向け金属部品を扱うソーデナガノの株式取得、連結子会社化へ

アルコニックス株式会社(3036)は、株式会社ソーデナガノ(長野県岡谷市)の株式を取得し、連結子会社化することを決定した。取得価格は、デューデリジェンス費用等も含め約8,837百万円。アルコニックスは、非鉄金属およびレアメタル、レアアース等の製品並びに原材料等の輸出、輸入および国内販売を行っている。ソーデナガノは、リチウムイオン電池向け金属プレス部品製造、金型設計製作、機械装置製造を行っている。本

ダイオーズ ジャパン、リネンレンタル事業を行うグリーンアースから事業を譲受け

株式会社ダイオーズ(4653)の完全子会社である株式会社ダイオーズジャパン(東京都千代田区)は、有限会社グリーンアース(福岡県嘉麻市)から事業を譲り受けた。ダイオーズは、飲料サービス事業、クリーンケア事業、オフィスサービス事業などを展開している。ダイオーズジャパンは、飲料サービス・環境衛生サービスなどを行っている。グリーンアースは、美容室へのリネンレンタル事業を行っている。本件M&Aにより、ダイオ

ダイヤモンドエレクトリックHD、金型設計・製造を行うクラフトの全株式取得、完全子会社化へ

ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(6699)は、株式会社クラフト(東京都西多摩郡瑞穂町)の全株式を取得し、完全子会社化することを決定した。取得価額は、237.64百万円。ダイヤモンドエレクトリックHDは、自動車機器事業、電子制御機器事業、附帯関連する一切の事業を行う子会社等の経営管理およびそれに附帯又は関連する業務を行っている。クラフトは、金型設計・製造、プラスチック成型部品試作

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース