コラム

カーブアウトの税務

熊谷 秀幸

日本M&Aセンター 取締役

M&A実務

⽬次

[表示]

現在の日本は、いざなみ景気を超えて戦後最長の景気拡大となっているとされている。しかし、少子高齢化、人口減少、財政問題など日本の将来に対する漠然とした不安、あるいは産業構造の変化が著しいビジネス環境において、自社のビジネスポートフォリオをスピーディーに入れ替える必要性を感じている人は多い。このような背景からか、ここ数年、カーブアウトやスピンオフにより企業が選択と集中を実行することを税務面からも後押しする重要な改正が行なわれている。本稿では当該改正についてみていきたいと思う。

分割型分割に係る税制適格要件の見直し

平成29年度の税制改正によりいわゆる分割型分割に係る税制適格要件の見直しが行われている。分割型分割とは、図1のとおりA社から切り出された事業(x事業)の対価が事業を切り出した法人(A社)の株主に交付される会社分割であり、切り出された事業はA社の兄弟会社(X社)に承継されることになる。

図1:分割型分割

図1:分割型分割

当該カーブアウトスキームは、A社が営むa事業とx事業のうちどちらかの事業のみを他社に譲渡したい場合に用いられるが、検討する場合に問題となるのが税制適格要件であり、当該要件を満たさない場合、予期せぬ税負担が生じることとなる。 例えば、A社が保有するa事業とx事業の価値(=資産)が共に2億円(簿価=時価)、A社の資本金等の額が1億円、利益積立金額が3億円とする。x事業を分割型分割により新設するX社に承継させた場合、図2のようなX社が新設される。当該分割型分割が税制適格要件を満たさない場合、X社のx事業の価値2億のうち資本金等の額0.5億を上回る1.5億がA社株主に対するみなし配当となる。 A社の株主が個人である場合、分割後にA社株式を第三者に譲渡した場合の課税は譲渡益の20%程度となるが、これに加えて分割に伴うみなし配当課税により50%程度の税負担が生じることになることから、分割型分割を用いたスキームを用いる場合、税制適格要件を満たし、このような税負担を生じさせない配慮が必要となる。

図2:非適格分割型分割の課税関係

図2:非適格分割型分割の課税関係

スピンオフ税制

平成29年度税制改正では、企業の機動的な事業再編を促進するため、特定事業を切り出して独立会社とする「スピンオフ」を行なう際に課税が繰延べられるようになった。図3のとおり分割型分割と株式分配の2通りのケースがあるが、いずれも「非支配要件」をはじめとした税制適格要件を満たすことで、みなし配当課税や移転資産に対する譲渡益課税を回避することができる。 上記のようなスピンオフは、上場会社が1事業部門や完全子会社を独立させるために実施することを想定していると思われるが、執筆時点で国内での活用事例があるのかは不明である。スピンオフすることで独立した会社は、テクニカル上場できるわけではなく、一部の手続は緩和されているものの通常の新規上場申請と同様の手続が必要とされているため実務的な活用が難しい側面があると思われる。 とはいえ海外では2015年7月に米化学大手のデュポンが高機能化学事業をケマーズ社としてスピンオフした事例や米ネットオークション大手イーベイがWeb決済子会社のペイパルをスピンオフして両社の株式価値を上昇させた事例があるようだ(経済産業省産業組織課平成30年8月「スピンオフ」の活用に関する手引)。

また、平成30年度税制改正では、適格株式分配前に実施される組織再編の税制適格要件が緩和されている。例えば図3においてa事業以外にb事業も営んでおり、b事業をX社に分社型分割で承継させた後、株式分配をした場合、税制改正前は当該分社型分割が非適格となっていた。平成30年度税制改正により適格株式分配の直前の時までA社とX社の完全支配関係が継続すれば当該分社型分割も適格要件を満たせることになった。 スピンオフ税制は、移転資産等に対する支配が継続していれば課税を繰延べるという組織再編税制の考え方からすると違和感はあるものの、当該制度の活用により企業の価値を高める事例が増えていくことを期待したい。

図3:スピンオフの態様と税制適格要件1 図3:スピンオフの態様と税制適格要件2

図3:スピンオフの態様と税制適格要件

広報誌「Future」 vol.15

Future vol.15

当記事は日本M&Aセンター広報誌「Future vol.15」に掲載されています。

広報誌「Future」バックナンバー

著者

熊谷 秀幸

熊谷くまがい 秀幸ひでゆき

日本M&Aセンター 取締役

大手監査法人で10年超に渡り、監査業務を中心にIPO、事業承継、M&Aに関するアドバイザリー業務等幅広い業務を経験してきた。当社入社後は、主にコーポレートアドバイザー室において会計税務を中心とした専門領域の営業サポートを行っており、当社案件の中でもテクニカルな論点が多い案件に幅広く関わっている。 2020年6月に株式会社日本M&Aセンター取締役就任し、現在に至る。 著書に「中小企業M&A実務必携 M&A手法選択の実務(共著)」(きんざい)などがある。

この記事に関連するタグ

「広報誌・M&A税務・カーブアウト・選択と集中」に関連するコラム

With/Afterコロナ新時代!ライバルとの差を広げるレバレッジ戦略の提唱 ~危機に強い会社になるために、経営者に残された選択肢とは?!~

M&A全般
With/Afterコロナ新時代!ライバルとの差を広げるレバレッジ戦略の提唱 ~危機に強い会社になるために、経営者に残された選択肢とは?!~

【連載】With/Afterコロナにおいて上場会社グループがとるべきM&A戦略「With/Afterコロナにおいて上場会社グループがとるべきM&A戦略~リスク分散できる事業構造への抜本的改革とM&Aの活用~」と題し、全5回で連載したします。連載第2回の今回は、日本M&Aセンター企業戦略部部長西川大介より危機に強い会社になるための戦略について解説いたします。不況をライバルに差をつける機会と捉える新型

カーブアウトの法務

M&A法務
カーブアウトの法務

カーブアウトの法的スキーム企業グループの既存事業を見直し、選択と集中を行う場合、ノンコア事業部門を事業売却する手法は、カーブアウト(又はスピンアウト)と称され、数多くの活用事例がある。ノンコア事業が100%子会社の形態で存在する場合は株式譲渡の手法によるが、企業内の事業部門である場合、以下が主要な方法である。1.事業部門を事業譲渡する2.事業部門を会社分割の方法で分割したうえでその事業部門を承継し

日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは

M&A全般
日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は日立製作所の子会社、日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年4月下旬に行われました。日立製作所が日立物流を売却へ、その背景とは?西川:このところ大きなM&Aリリースはな

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

シナジー効果とのれん

M&A実務
シナジー効果とのれん

はじめにM&Aによる企業買収を実施することで、既存事業と買収事業のシナジー(相乗)効果が生まれ、収益機会の増加やコストカットを通じた成長が実現可能となる。このシナジー効果と類似した概念で「のれん」という概念があり、のれんは買収先の顧客やブランド、人材といった超過収益力の価値と解釈されている。本稿では、シナジー効果とのれんの関係性を解説するとともに、のれんが会計に与える影響や近年のトピックについて記

シンガポール進出4年目を迎えて

海外M&A
シンガポール進出4年目を迎えて

日本M&Aセンターの初のASEAN海外拠点として、2016年4月にシンガポールに事務所を開設した。以来3年間の活動で得たシンガポールのM&A動向について記したい。ASEANにおけるM&A件数推移下の図を参照いただきたい。近年のアジアにおけるIn-Outの件数推移である。2018年はシンガポール企業の買収が53件と、最も多い。単年に限ったことではなく、ここ5年ほどはASEANのM&Aにおいて最も日本

「広報誌・M&A税務・カーブアウト・選択と集中」に関連する学ぶコンテンツ

「広報誌・M&A税務・カーブアウト・選択と集中」に関連するM&Aニュース

マミヤ・オーピー、連結子会社キャスコの全株式をKSTに譲渡

マミヤ・オーピー株式会社(7991)の連結子会社であるキャスコ株式会社(香川県さぬき市)の全株式を株式会社KST(埼玉県児玉郡)に譲渡することを決定した。本件伴い、キャスコは連結対象から除外される。譲渡価額は、500百万円。マミヤ・オーピーは、電子機器事業、スポーツ事業、不動産事業を行っている。連結子会社キャスコは、ゴルフ用品の製造・販売を行っている。KSTは、ゴルフ場経営および管理請負業、ゴルフ

テレビ東京HD、子会社間で吸収合併

株式会社テレビ東京ホールディングス(9413)は、子会社である株式会社テレビ東京コマーシャル(東京都港区)が、同子会社の株式会社テレビ東京ヒューマン(東京都港区)を吸収合併し、新たに会社を設立することを発表した。本件は、テレビ東京コマーシャルを存続会社、テレビ東京ヒューマンを消滅会社とする吸収合併方式とする。株式の発行または金銭等の割り当てはない。テレビ東京HDは、株式等の保有を通じて企業グループ

ノジマ、完全子会社シグニの全株式を譲渡

株式会社ノジマ(7419)は、完全子会社であるシグニ株式会社(東京都江東区)の発行済全株式を、ベーシック・キャピタル・マネジメント株式会社(東京都中央区、BCM)が運営するBCM-V投資事業有限責任組合(東京都中央区、BCM-V)へ譲渡した。ノジマは、「デジタル家電専門店運営事業」「キャリアショップ運営事業」「インターネット事業」「海外事業」を軸とし事業を展開している。完全子会社のシグニは、医療機

シダックス、連結子会社シダックス中伊豆ワイナリーヒルズの全株式を志太HDに譲渡へ

シダックス株式会社(4837)は、連結子会社であるシダックス中伊豆ワイナリーヒルズ株式会社(東京都調布市)の全株式を、志太ホールディングス株式会社(東京都千代田区)に譲渡することを決定した。中伊豆ワイナリーの事業に関連する固定資産も譲渡する。本件に伴い、中伊豆ワイナリーは連結子会社から除外される。シダックスは、フードサービスを中心に、売店、車両運行管理などの業務を一括受託するトータルアウトソーシン

東京衡機、無錫三和塑料製品有限公司の全出資持分をFPKナカタケに譲渡

株式会社東京衡機(7719)は、連結子会社である無錫三和塑料製品有限公司(中国・江蘇省)の全出資持分をFPKナカタケ株式会社(静岡県焼津市)に譲渡することを決定した。譲渡価額は、15,000,000円。本件に伴い、無錫三和塑料製品有限公司の完全子会社である無錫特可思衡機貿易有限公司も連結対象から外れる。東京衡機は、株式保有によるグループ全社の経営・管理および商事事業を行っている。連結子会社の無錫三

サントリー、オセアニアにてコーヒー事業を展開する子会社をUCCに譲渡

サントリー食品インターナショナル株式会社(2587、サントリー)は、ユーシーシーホールディングス株式会社(兵庫県神戸市)の子会社であるUCCANZMANAGEMENTPTYLTD(オーストラリア・クイーンズランド州、UCC社)との間で、オセアニアを中心にフレッシュコーヒー事業を展開しているSuntoryCoffeeAustraliaLimited(オーストラリア・ニューサウスウェールズ州)の全株式

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース