コラム

With/Afterコロナ新時代!ライバルとの差を広げるレバレッジ戦略の提唱 ~危機に強い会社になるために、経営者に残された選択肢とは?!~

西川 大介

日本M&Aセンター 企業戦略部 企業戦略部統括

M&A全般

⽬次

[表示]

【連載】With/Afterコロナにおいて上場会社グループがとるべきM&A戦略

「With/Afterコロナにおいて上場会社グループがとるべきM&A戦略~リスク分散できる事業構造への抜本的改革とM&Aの活用~」と題し、全5回で連載したします。 連載第2回の今回は、日本M&Aセンター 企業戦略部 部長 西川 大介より危機に強い会社になるための戦略について解説いたします。

不況をライバルに差をつける機会と捉える

新型コロナウイルス発生当初、企業は従業員や顧客の安全確保・危機回避の施策を急ピッチで講じた。現在は、多くの企業でオペレーション確保のステージにあり、リモート対応やその他様々な代替対応により、一時の混乱を既に収束させている。一方、一部の先進企業が次のステージに駒を進め、その投資活動が俊敏だ。With/Afterコロナを見据え、そこで勝ち残るために新たなイノベーション戦略を着々と準備している(図1)。図1で示す「With/Afterコロナを勝ち残るポイント」で列挙するように、不況を勝ち残る企業には特徴がある。イノベーション戦略への投資に加えて、他社への売却を視野に、ノンコア事業の整理はもとより、老朽コア事業へもメスを入れる。

他方、コロナの影響を半年、1年程度静観し、見極めるまで、コロナ前に温めてきたM&A案件などの重要な取り組みの一切を凍結する企業もあるが、果たして本当にそれで良いのか心配である。社会、仕事、生活がいつかは元通りになるという幻想を抱いているようならそれは大きな問題だ。

なお、M&Aが生みだす新たな企業価値は、不況期下のM&Aの方が、好況期下のM&Aより15%高い(総株主投資利回りベース)という先行研究の報告も見られる。実際に我が国においても、リーマンショック後に積極的にM&Aを実行し、ライバル企業との競争力の差をつけ、現在競争優位性を確保している企業が少なくない。

日本M&AセンターによるWith/Afterコロナにおけるイノベーション支援

現在、各社からのWith/Afterコロナ戦略の検討/実行に関する相談が増えている。企業経営者は、現リセッション下、あるいは今後訪れるニューノーマル(既に訪れている産業もある)を踏まえ、中長期的な視野に立ち、リスク分散できる事業構造への抜本的な改革を進める必要がある。そこで、日本M&Aセンターから経営者へ、With/Afterコロナ戦略を早急に策定し、財務・業績の回復を短期間で実現することを目指し、レバレッジ戦略としてのM&A実行を徹底的に検討されることを提唱したい。自社だけは何とかしのげるといった感覚は直ちに捨てるべきだ。そうでなければ、運よく今を生きながらえたとしても、次は生き残ることはできない。

日本M&AセンターのWith/Afterコロナ戦略の実行支援サービス「プロアクティブ・サーチ」(図2)は、事業ポートフォリオの視点からWith/Afterコロナを踏まえたイノベーション戦略を立案し、これを実行手段としてのM&A戦略へ落とし込むことからスタートする。ここでのM&A戦略は買収のみならず、売却やカーブアウトの可能性を追求することが重要になる。M&A戦略やターゲット要件をもとに、相手先企業を抽出し、具体的M&A案件のオリジネーションと実現に向け、相手企業への打診を戦略的、能動的、そして継続的に行う。これがアクティブ型M&Aである。なお、日本M&AセンターではM&A正式交渉はもとよりPMI(Post Merger Integration)支援までをワンストップで対応させていただく。

イノベーション戦略の成否を決める「M&Aケイパビリティ」

With/Afterコロナ戦略の実現には、図2に示す「M&Aケイパビリティ整備」がとても重要だ。M&A、特にコロナ禍においては、貴重な優良案件に有力ライバル企業が集中することが予想され、事前のM&A推進能力が成否を左右する。自社固有の「M&Aマニュアル」としてケイパビリティ確保に必要な事項を検討・整理されることを勧める。特に上場企業の多くでは、有能人材の頻繁な人事異動によりM&Aのノウハウや知見の定着が難しい事情があり、マニュアル整備の効果は大きいと言える。また、当該マニュアルを使った幹部向けM&A研修も有効だ。

M&A戦略オプションの総合的・網羅的な検討

限られた経営資源のもとに行われるM&Aを確実に成功に導くために、図2にある戦略立案フェーズにおいて、適切な対応施策を整備することが肝要だ。ここで最後に、日本M&Aセンターの考えるWith/Afterコロナにおける対応方針オプションの抽出/優先順位付けの考え方を図3「With/Afterコロナ対応方針とM&A戦略オプション」に紹介する。不況期において上場企業にとって重要な点は、財務を守ること、事業を強化すること、株価を上げる(最低限維持)ことの3点である。このことを踏まえ、図3の「対応方針オプション(チェックリスト)」にある各項目について、自社の現状を総合的に漏れなくチェックし、With/Afterコロナを見据えた戦略・対応方針を策定していく。その上で、各対応方針の具体的な実行方法として、M&Aの可能性を探っていくことになる。なお図3の「戦略・施策優先順の基準例」等により、多数あがってくる方針や施策に優先度を付けることも重要だ。各社、過去に例を見ない困難を目の前にしているのだから、M&A戦略の選択肢として、エージングした「コア事業」の売却やカーブアウトも聖域とせず、ゼロベースで検討する覚悟が必要だ。

著者

西川 大介

西川にしかわ 大介だいすけ

日本M&Aセンター 企業戦略部 企業戦略部統括

大手プラントエンジニアリング会社(海外プラント建設)、Big4系コンサルティングファーム(PMI等)、大手証券会社(M&Aアドバイザリー)を経て、2010年に当社に入社。通算20年近いM&A実務経験に強み。現在、上場会社グループに特化してM&Aサービスを提供する部門を率いる。事業ポートフォリオ再構築プランやM&A戦略の立案サポートから、クライアント毎のオーダーに基づく案件オリジネーション、交渉・実行サポートを行う。弊社において、大型案件、複雑案件、及びノンコア切離し案件をリードする。

この記事に関連するタグ

「広報誌・カーブアウト・選択と集中・With コロナ・レバレッジ戦略」に関連するコラム

カーブアウトの税務

M&A実務
カーブアウトの税務

現在の日本は、いざなみ景気を超えて戦後最長の景気拡大となっているとされている。しかし、少子高齢化、人口減少、財政問題など日本の将来に対する漠然とした不安、あるいは産業構造の変化が著しいビジネス環境において、自社のビジネスポートフォリオをスピーディーに入れ替える必要性を感じている人は多い。このような背景からか、ここ数年、カーブアウトやスピンオフにより企業が選択と集中を実行することを税務面からも後押し

カーブアウトの法務

M&A法務
カーブアウトの法務

カーブアウトの法的スキーム企業グループの既存事業を見直し、選択と集中を行う場合、ノンコア事業部門を事業売却する手法は、カーブアウト(又はスピンアウト)と称され、数多くの活用事例がある。ノンコア事業が100%子会社の形態で存在する場合は株式譲渡の手法によるが、企業内の事業部門である場合、以下が主要な方法である。1.事業部門を事業譲渡する2.事業部門を会社分割の方法で分割したうえでその事業部門を承継し

日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは

M&A全般
日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は日立製作所の子会社、日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年4月下旬に行われました。西川:このところ大きなM&Aリリースはなかったのですが、久しぶりに取り上げたい案件の

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

【第1回】PEファンドのパイオニア、アドバンテッジパートナーズの笹沼代表に訊く、 「上場会社におけるWith/Afterコロナ戦略のあり方」について(特別寄稿)

M&A全般
【第1回】PEファンドのパイオニア、アドバンテッジパートナーズの笹沼代表に訊く、 「上場会社におけるWith/Afterコロナ戦略のあり方」について(特別寄稿)

【連載】With/Afterコロナにおいて上場会社グループがとるべきM&A戦略「With/Afterコロナにおいて上場会社グループがとるべきM&A戦略~リスク分散できる事業構造への抜本的改革とM&Aの活用~」と題し、全5回で連載したします。自然は飛躍せず以前勤務していた経営コンサルティング会社の上司の方から紹介して頂いた言葉に、18世紀に活躍したスウェーデンの植物学者リンネの「自然は飛躍せず」があ

シンガポール進出4年目を迎えて

海外M&A
シンガポール進出4年目を迎えて

日本M&Aセンターの初のASEAN海外拠点として、2016年4月にシンガポールに事務所を開設した。以来3年間の活動で得たシンガポールのM&A動向について記したい。ASEANにおけるM&A件数推移下の図を参照いただきたい。近年のアジアにおけるIn-Outの件数推移である。2018年はシンガポール企業の買収が53件と、最も多い。単年に限ったことではなく、ここ5年ほどはASEANのM&Aにおいて最も日本

「広報誌・カーブアウト・選択と集中・With コロナ・レバレッジ戦略」に関連するM&Aニュース

マミヤ・オーピー、連結子会社キャスコの全株式をKSTに譲渡

マミヤ・オーピー株式会社(7991)の連結子会社であるキャスコ株式会社(香川県さぬき市)の全株式を株式会社KST(埼玉県児玉郡)に譲渡することを決定した。本件伴い、キャスコは連結対象から除外される。譲渡価額は、500百万円。マミヤ・オーピーは、電子機器事業、スポーツ事業、不動産事業を行っている。連結子会社キャスコは、ゴルフ用品の製造・販売を行っている。KSTは、ゴルフ場経営および管理請負業、ゴルフ

テレビ東京HD、子会社間で吸収合併

株式会社テレビ東京ホールディングス(9413)は、子会社である株式会社テレビ東京コマーシャル(東京都港区)が、同子会社の株式会社テレビ東京ヒューマン(東京都港区)を吸収合併し、新たに会社を設立することを発表した。本件は、テレビ東京コマーシャルを存続会社、テレビ東京ヒューマンを消滅会社とする吸収合併方式とする。株式の発行または金銭等の割り当てはない。テレビ東京HDは、株式等の保有を通じて企業グループ

ノジマ、完全子会社シグニの全株式を譲渡

株式会社ノジマ(7419)は、完全子会社であるシグニ株式会社(東京都江東区)の発行済全株式を、ベーシック・キャピタル・マネジメント株式会社(東京都中央区、BCM)が運営するBCM-V投資事業有限責任組合(東京都中央区、BCM-V)へ譲渡した。ノジマは、「デジタル家電専門店運営事業」「キャリアショップ運営事業」「インターネット事業」「海外事業」を軸とし事業を展開している。完全子会社のシグニは、医療機

シダックス、連結子会社シダックス中伊豆ワイナリーヒルズの全株式を志太HDに譲渡へ

シダックス株式会社(4837)は、連結子会社であるシダックス中伊豆ワイナリーヒルズ株式会社(東京都調布市)の全株式を、志太ホールディングス株式会社(東京都千代田区)に譲渡することを決定した。中伊豆ワイナリーの事業に関連する固定資産も譲渡する。本件に伴い、中伊豆ワイナリーは連結子会社から除外される。シダックスは、フードサービスを中心に、売店、車両運行管理などの業務を一括受託するトータルアウトソーシン

東京衡機、無錫三和塑料製品有限公司の全出資持分をFPKナカタケに譲渡

株式会社東京衡機(7719)は、連結子会社である無錫三和塑料製品有限公司(中国・江蘇省)の全出資持分をFPKナカタケ株式会社(静岡県焼津市)に譲渡することを決定した。譲渡価額は、15,000,000円。本件に伴い、無錫三和塑料製品有限公司の完全子会社である無錫特可思衡機貿易有限公司も連結対象から外れる。東京衡機は、株式保有によるグループ全社の経営・管理および商事事業を行っている。連結子会社の無錫三

サントリー、オセアニアにてコーヒー事業を展開する子会社をUCCに譲渡

サントリー食品インターナショナル株式会社(2587、サントリー)は、ユーシーシーホールディングス株式会社(兵庫県神戸市)の子会社であるUCCANZMANAGEMENTPTYLTD(オーストラリア・クイーンズランド州、UCC社)との間で、オセアニアを中心にフレッシュコーヒー事業を展開しているSuntoryCoffeeAustraliaLimited(オーストラリア・ニューサウスウェールズ州)の全株式

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース