コラム

設立10年の節目での会社譲渡が増えている理由

M&A全般

⽬次

[表示]

日本M&Aセンターがお手伝いするM&Aは、後継者不在による事業承継型M&Aだけだと思っていませんか? 実は、ここ数年で若い経営者様からのご相談が急速に増えています。 私がM&A仲介をお手伝いした経営者様も、設立10年といった会社の節目を機に大手企業へのM&Aによるオーナーチェンジを検討され、会社・個人ともに充実した人生を選択されました。 経営者様はまだ30代(40代)なのに、です。 “設立10年”という会社の節目にM&Aを検討される経営者の方は実際増えています。 なぜ会社の節目でのM&Aが増えているのでしょうか? 実際の経営者様の声から、その背景を紐解いていきたいと思います。

設立10年という節目で経営者が思うこと ~あるご相談事例~

まず、私がとあるオーナー様から頂いた言葉を紹介させてください。 「自分自身の強い創業の想いからスタートし、仕事が増え、そして社員が増えと、小さいながらも組織が出来上がったというのが流れです。多くの経営者がそうだと思います。 10年を迎えるまでには色々と苦労やピンチがありました。その時に何を思ったかというと「社員を食わせなくてはならない」ということです。社員の給料を稼ぐために動いてきた感覚は多くの経営者が持っていると思います。 10年等の節目を迎えている経営者は、「自分自身の想いを大切に、社会との接点の中で自分に何ができるか?」と考え、「チャレンジできる環境を再び持ちたい」という欲求に駆られる人が多いのではないでしょうか。」 このオーナー様は、昨年M&Aによって会社を譲渡し、大手企業のグループ企業の経営者として、親会社のリソースも活用し新たなチャレンジをされています。 最初に当社に相談した時を振り返って、上記のような言葉をおっしゃりました。 夢をもって創業した会社をがむしゃらに経営してきた結果、実績が積み上がり、組織が出来上がり、従業員が増え、そして比例するようにオーナー自身の責任は増していきます。 「責任を果たすために会社を成長させなければ」 「新しい事業に取り組まなければ」 「そのためには人が足りない」 「だから自分が動かなければ」 このような資金繰りやマネジメントといった“社長業”で、オーナー様の頭の中はいっぱいです。もちろん、体は一つしかありませんから、どんなに考えが巡ってもできることには限界があります。

節目は未来への分岐点、さぁ何を選ぶ?

M&Aがもたらすメリット

M&Aによるオーナーチェンジを経験した経営者の皆様は、「M&Aで会社や自分が次のステージに進むことができた」と口を揃えます。 「連帯保証や資金繰りといった業務から解放され、自然と新しいアイデアが浮かぶようになった」 「引き続き代表取締役として続投でき、親会社のリソースを活用して会社の成長実現への一歩が踏み出せた」 「子育てと経営のバランスを実現することができた」 「新しい事業パートナーと出会い、チャレンジが出来る土壌を手に入れることができた」 これらは私が実際にオーナー様から頂いた言葉です。 M&Aは従業員にとっても 「ボーナスが出るようになった」 「大手企業のグループ会社社員になれたので家族が安心した」 「グループ会社に出向しキャリアの幅が増えた」 などのメリットがあります。

買い手側も大きな魅力を感じる設立5~10年前後の企業

設立10年前後の企業は、実は買い手にとっても魅力的です。 ここでもうひとつ事例をお話ししましょう。 ある上場会社が、新規事業として異業種の会社(設立12年目)との資本提携を検討していました。 そしてデューデリジェンス(DD)のフェーズに入ったときの事です。買い手企業側にとっては初めての異業種M&Aでしたので、かなり入念なDDを実施されました。 終盤に差し掛かったとき、買い手企業側からこんなコメントがありました。 「10年以上きちんと経営をしてしっかり利益を出していらっしゃるから、心配ないでしょう」 何気ないコメントでしたが、まさに買い手企業が設立10年の企業を魅力に感じるポイントの一つがこの言葉の裏にあるのではないでしょうか。 買い手企業にとって、草創期でまだ経営が不安定な企業との資本提携は様々な面で不安が残ります。 一方で、設立10年前後の企業との資本提携は「ビジネスモデルが確立し収益性が見えやすい」という点で“安心感”があります。また、新規事業のスピードスタート、新たな経営視点の取り入れ、事業責任者以下チームごとグループインできるメリットもあります。 日本M&Aセンターではこのように設立10年前後の若い経営者様の“次のステージに向けたM&A”の支援も多く行っています。 実際にオーナーチェンジをされた経営者様をお招きした事例セミナーも随時開催、個別のご相談にも対応しております。 皆さまのご参加、お問い合わせを心よりお待ちしています。

無料相談はこちらからどうぞ

現在開催中のセミナーはこちら

著者

縄田 桂介

縄田なわた 桂介けいすけ

日本M&Aセンター役員室

福岡県朝倉市出身。中央大学卒業。住友商事株式会社で鉄鋼製品の海外及び国内営業、海外事業会社管理や国内中堅・中小企業の海外進出支援に従事した後、当社入社。従来の後継者不在の事業承継型のM&Aだけでなく、企業の創業期~成長期へのステージアップの為のM&Aを多く手がける。

この記事に関連するタグ

「譲渡企業・デューデリジェンス」に関連するコラム

人気セミナー買収の参観日 デューデリジェンス編

広報室だより
人気セミナー買収の参観日 デューデリジェンス編

M&Aの買い手企業として知っておきたい考え方やテクニックを紹介する日本M&Aセンターの人気オンラインセミナー「買収の参観日~はじめてのM&Aを考えてみよう」が2021年9月10日に開催されました。4回目の今回はM&Aを成功させるために欠かせないデューデリジェンス(DD、企業精査)を中心に、東日本事業法人チャネル統括部長の川畑勇人が解説しました。売り手企業の実態を知るためのデューデリジェンスM&Aの

ネットM&Aに対する意識調査アンケートを実施~取引相手や、財務情報に不安の声が”79.0%”~

調査データ
ネットM&Aに対する意識調査アンケートを実施~取引相手や、財務情報に不安の声が”79.0%”~

近年、急速にネットM&Aが広がっています。しかし、ネットM&Aは「手軽」で「スピーディ」な一方、肌で感じられない取引相手や、財務情報に対して不安の声が高まっています。今回のアンケートにより、ネットM&Aには「中小M&A向けデューデリジェンス」と「買収後のリスクヘッジ」が求められていることが分かりました。インターネット型完結M&Aサービスを利用された人はどのようなメリット、デメリットを感じているので

M&Aにベストなタイミングとは

M&A全般
M&Aにベストなタイミングとは

事業承継やM&Aに関するお話をしていると「私は65歳になったら譲渡を考える」というオーナーの方がよくいらっしゃいます。たしかに、ご自身の年齢を基準にして事業承継を考えるのは最もイメージしやすい方法です。しかし、年齢を基準にして事業承継や譲渡タイミングを決めてしまうのは、結局そのオーナーのみの満足感しか得られない結果になってしまう可能性が高いです。では、M&Aにベストなタイミングとは一体いつなのか?

【2017年度版】成約実績から見るM&Aトレンド ~小規模企業と中堅企業の事業承継進む~

調査データ
【2017年度版】成約実績から見るM&Aトレンド ~小規模企業と中堅企業の事業承継進む~

2017年7月に発表した「【2016年度版】日本M&Aセンターが支援する譲渡企業の規模は?」について、2017年度版をご紹介します。昨年度のデータと比較すると、小規模企業へのM&A、そして中堅企業のM&Aも進んでいることがわかりました。譲渡企業の売上高譲渡企業の売上高に関して2億円以下の企業は28.1%で、昨年度20.1%と比べて8%上昇しています。昨年度に比べて10~20億円以下が3.8%上昇し

「自社はM&Aの対象外だろう」は大きな勘違い?!

調査データ
「自社はM&Aの対象外だろう」は大きな勘違い?!

東京商工会議所が東京23区内の事業者を対象に実施した「事業承継の実態に関するアンケート調査」の結果が公表されました(2018年1月)。この中で、・中小企業は、M&Aに対するイメージがなく、「よく分からない」という回答が約半数・一定以上の規模の企業でも「自社はM&Aの対象にならない」と考えていることが多いというような実態が明らかになりました。今回はこの数字を見ていきたいと思います。M&Aに対するイメ

【2016年度版】日本M&Aセンターが支援する譲渡企業の規模は?

調査データ
【2016年度版】日本M&Aセンターが支援する譲渡企業の規模は?

2017年1月に投稿した「当社が成約支援した譲渡企業のデータ(2015年度版)」について、2016年度版の更新データをご紹介します。今回はより細かい分類で分析をしました。昨年度のデータと比較しても、当社が扱うM&Aの企業規模は決して大きいわけではないことがおわかりいただけると思います。譲渡企業の売上高譲渡企業の売上高に関して2億円以下の企業は約20%で、うち約6%は1億円以下です。5億円以下の企業

「譲渡企業・デューデリジェンス」に関連する学ぶコンテンツ

デューデリジェンスとは?種類や行う流れ、注意点までくわしく解説

デューデリジェンスとは?種類や行う流れ、注意点までくわしく解説

M&Aを進める中で行われるデューデリジェンスとは、どのような行為を指すのでしょうか。この記事ではデューデリジェンスの概要や種類、流れなどを解説します。そのほか注意する点にも触れており、デューデリジェンスに欠かせない情報が得られるでしょう。デューデリジェンスとは?M&Aでよく使われるデューデリジェンスとは、譲渡対象企業に対する事前調査のことです。英語であらわされるDueDiligenceは、日本語で

M&Aと会計。種類やスキーム、それぞれの特徴について分かりやすく解説

M&Aと会計。種類やスキーム、それぞれの特徴について分かりやすく解説

M&Aにおいて会計は非常に大きな役割を果たします。具体的には企業価値評価や財務分析といった場面であり、会計の知識がベースとなります。またM&Aによる会計上のインパクトを理解することも有用です。B/SやP/Lに与えるインパクトを考慮した結果、当初検討していたスキームを変更するといったことも十分にあり得ます。そのため会計を理解できれば、M&Aをより深く、広く理解することができるようになるといえます。本

譲渡企業(売り手)にとってのM&A。その目的や押さえておきたいポイント

譲渡企業(売り手)にとってのM&A。その目的や押さえておきたいポイント

譲渡側(売り手)オーナーの多くにとって、M&Aは一生に一度の選択です。大切に育ててきた会社を譲るという事実に加え、一度譲渡した後にやり直しはできません。失敗したくない、後悔したくない、最大の結果を得たいと思うのは当然のことです。満足度の高いM&Aの実行で最大の結果を得るために、実行前に押さえておきたいポイントについて確認していきましょう。M&Aにおける譲渡側(売り手)のメリット譲渡側(売り手)にと

譲渡側(売り手)からみた、譲渡先の選定ポイント

譲渡側(売り手)からみた、譲渡先の選定ポイント

自社の詳細情報(概要書)など必要書類が整ったら、いよいよ次は譲渡先、つまり譲受企業(買い手)探しです。まず思い浮かぶのは同業の大手企業かもしれません。一方で、必ずしもそれだけとは限りません。ここでは、どんな譲受企業(買い手)が候補の選択肢として挙げられるかをふまえ、自社にとって最適な譲渡先企業を選定するポイントを整理します。一般的な譲渡先企業(買い手)の類型上場企業か、未上場企業か上場企業とは、そ

M&A検討の第一歩。譲渡側(売り手)の事前準備

M&A検討の第一歩。譲渡側(売り手)の事前準備

はじめてのM&Aには不安が多いもの。具体的に着手する前、可能な限りの準備を進めておくことで、心に余裕をもってM&Aを開始できます。譲渡企業(売り手)にとって、理想的な事前準備とは何か?どのような状態にしておけばいいのか?あるべき姿から逆算した“スムーズなM&Aのための事前準備”をご紹介します。準備のポイント①資料収集候補企業探しは「企業概要書」からはじまるM&Aの相手を探すに際し、譲渡企業の実態を

頼れる相談先、M&Aの専門家とは

頼れる相談先、M&Aの専門家とは

自社の今後を見据え、M&Aという選択肢が浮かんだ時、あなたらどうするでしょうか。まず誰か詳しい人に話を聞いてみよう、相談しようと考える人が多いのではないでしょうか。M&Aの実行には高度な論点が複雑に絡み合い、高い専門性や知識が必要とされるため、当事者以外に専門家をはじめ様々な関係者が存在することは「M&Aの専門家」の記事でご紹介しました。本記事では具体的に誰に、どのような視点でM&A実行を目指して

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース