コラム

2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

岡本 昌大

プロフィール

岡本昌大

日本M&Aセンター 西日本事業法人2部 部長

縄田 桂介

プロフィール

縄田桂介

日本M&Aセンター 営業本部 マーケティング部 部長

事業承継
更新日:
理想の買い手企業が見つかります。会社売却先シミュレーションM-Compass。シミュレーションする

⽬次

[表示]

2025年問題
日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。

※動画本編はこちらから

2021年のM&A件数は過去最多に

岡本: 早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?

縄田: いやいや、この業界長いですから間違えるわけにはいかないでしょう…2,000件くらいですかね。

岡本: 実は M&Aって年間4,280件(※) 行われてるらしいんですよ。
(※)出典:MARR Online 2021年のM&A回顧(2021年1-12月のM&A動向)より

縄田: 4,280件…それはすごいですね。公表されてるM&Aだけで、ってことですから非公開の案件を含めると、もっと多くなるってことですものね。

岡本: 私もデータを見てびっくりしましたけど、組数でいくと約2,000組に近いM&Aになります。単純に1日あたり7件ぐらい、今日もどこかでM&Aが行われてる数字になります。
今回はなぜこんなにM&Aが増えているのかということについてお届けしていきましょう。

2025年問題とは

岡本: 縄田さん、2025年問題ってご存じですか?

縄田:2025年、いわゆる「団塊の世代」800万人全員が75歳以上、国民の4人に1人が後期高齢者という超高齢社会を迎えることでさまざまな分野に影響を及ぼす諸問題を2025年問題と言います。それにともない、 中小企業・小規模企業の社長様のうち70歳を超える方の数がピークになると言われています。

岡本: 実際70歳以上の経営者の方が約3年後に245万人にまで増加する、というデータも中小企業庁から出ています。少子高齢化の問題は中小企業の経営者にも当てはまる話で、国内の人口動態の中で一番のボリュームゾーンにいるのが、この団塊の世代、今70歳前後の方々です。団塊の世代の方々って、叩き上げでブワーッと会社を大きく成長させてきた方が多く、お子様たちを大学進学させたり教育への関心が高いケースが多い。なのでそうしたご子息たちは成人されてから別のお仕事に就かれて、実家(家業)に戻ってこないケースが多いんですよね。

縄田: 経営者の方に「息子さん何されてるんですか」と聞いたら「大手企業〇〇の部長、課長をやってるんだよねー」と伺うこと結構ありますよね。

岡本: 地元、家に子供が戻ってこない、従業員の方々がなかなか引き継げない、という後継者不在の問題を抱える会社が、2025年、約その半分、127万社にのぼるといわれています。恐ろしいことですよね。

縄田: 大変ですよね。日本の産業は中小企業が約99%を支えていますから、事業承継ができないと国力を失いかねないという話にもなりますよね。

社長候補がいても後継者不在?

岡本: これ多くの方が勘違いされてらっしゃる部分かと思うんですけど、いわゆる後継者がいないと、社長を任せられる人間がいない、というのとはまた異なる話なんです。
中小企業の社長さんに社員の方でも、なれないわけではないんですけども一番ネックになるのは「株の譲受け」の部分なんです。これが大きなテーマとしてあります。現場でよく聞きますよね。

縄田: そうですね。「うちは後継者問題は大丈夫なんだよね」とおっしゃる経営者の方はいらっしゃるんですけど、「株はどうするんですか、、」とお聞きすると「・・・」と返答に困られるケースも結構ありますよね。そこまでお考えになられていない。

岡本: いや、多いですよね。数十年歴史のある会社さんでしたら、株の譲受け価格もそれなりの金額になるケースが多いですし。やっぱりそれを金融機関さんから借り入れをしてまで譲り受けよう、という気概のある幹部社員の方って、なかなかいらっしゃらないのが実情かなと思います。

そういった背景で会社を先代から譲受けることができない会社が約127万社にのぼるということなんですけど、なんとこのうちの半分が黒字ということらしいんです。要はしっかり会社として収益も出していて、経営も健全なのに継ぐ人がいないという。そういう会社が60万社以上にのぼると推定されてるんですよ。

縄田: もったいないですよね。

岡本: そうした課題が、M&Aで「譲り受けたい!」と手を挙げてくれる外部の会社にお譲りすることができれば会社の存続につながると。2025年問題にともなってM&Aの件数が増えてきているのは、こうした背景なのかなと思います。

縄田: すごいいい手段じゃないですか、M&Aって。会社も残って、従業員さんもそのままで、どれをとっても悪いところがあまりないと思うんですよ。なんでこのM&Aが浸透しないのかなと思うんですけど、なんでなんでしょうかね。

岡本: やっぱり多くの方はM&Aのイメージに対して、「そんないい話ないだろう」と思う部分があると思うんですよね。私はよくお客様にはM&Aのメリットだけでなく、もちろん注意しておくべきところもお伝えしています。

—その続きはまた次回に、ということでお楽しみに!

※動画本編はこちらからご覧いただけます。

M&Aに関するご相談も受け付けております。専任のコンサルタントがお応えいたしますのでお気軽にお尋ねください。お問合せはこちらから。

プロフィール

岡本 昌大

岡本おかもと 昌大まさひろ

日本M&Aセンター 西日本事業法人2部 部長

新卒入社の翌年より九州拠点の立ち上げに尽力し、業種を問わず70件超のM&Aを成約に導く。地方の経営者に多く寄り添ってきた経験から、M&Aを通じて地方の元気を取り戻したいと日々奔走。2017年に年間最優秀社員受賞。2020年同社最年少で部長に就任。

縄田 桂介

縄田なわた 桂介けいすけ

日本M&Aセンター 営業本部 マーケティング部 部長

大学卒業後、大手総合商社にて鉄鋼製品の海外及び国内営業、海外事業会社管理や国内中堅・中小企業の海外進出支援に従事。日本M&Aセンターに入社後は、後継者不在による事業承継型のM&Aに加え、企業の創業期~成長期へのステージアップの為のM&Aに多く携わる。

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・後継者不在・事業承継・譲渡企業」に関連するコラム

【M&A成約式】 上場企業とのM&Aで生産力向上、メイドインジャパンの製品力で成長促進へ

広報室だより
【M&A成約式】 上場企業とのM&Aで生産力向上、メイドインジャパンの製品力で成長促進へ

「メイドインジャパンの製品を世界に発信したい」という思いが合致したM&Aとなりました。野菜調理器製造事業を行う株式会社ベンリナー(以下、ベンリナー、山口県岩国市)は、印刷品製造業を営む三光産業株式会社(以下、三光産業、東京都)と資本提携を結びました。両社は、2022年12月22日、広島県内のホテルにてM&A成約式を執り行いました。握手を交わす三光産業株式会社代表取締役社長執行役員石井正和氏(左)と

【M&A成約式】将来的な後継者不在を解決し、社長と従業員の夢を実現するM&A

広報室だより
【M&A成約式】将来的な後継者不在を解決し、社長と従業員の夢を実現するM&A

「自分たちが設計したものを、見て触って動かしたい」という譲渡企業の社長と従業員の夢を実現するM&Aが成立しました。機械設計事業・制御設計事業を行うアイドラス株式会社(以下、アイドラス、山梨県中央市)は、省人化設備・自動化設備などの製造業を営む株式会社鳥取メカシステム(以下、鳥取メカシステム、鳥取県鳥取市)と資本提携を結びました。両社の所在地である山梨県と鳥取県は直線距離で実に約400キロ離れていま

「後継者不在率」が2023年、過去最低53.9%に。TDB 全国「後継者不在率」動向調査

調査データ
「後継者不在率」が2023年、過去最低53.9%に。TDB 全国「後継者不在率」動向調査

企業の後継者問題は改善傾向が続いています。本記事では、2023年の後継者不在の状況について、2023年11月21日に公表された帝国データバンクの調査結果をもとにご紹介します。出典元:帝国データバンク・全国企業「後継者不在率」動向調査(2023)日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走しま

事業承継・引継ぎ補助金とは?中小企業庁が解説!

広報室だより
事業承継・引継ぎ補助金とは?中小企業庁が解説!

本記事では、事業承継・引継ぎ補助金の概要と、本補助金の制度運用を担う、中小企業庁財務課の高橋正樹課長補佐による解説(※)、最新の公募概要をご紹介します。※本記事は2021年6月30日に公開された内容を編集しています。役職等は取材当時の内容です。事業承継・引継ぎ補助金とは事業承継・引継ぎ補助金は、事業承継や事業再編、事業統合を促進し、日本経済の活性化を図ることを目的とした補助金です。具体的には、事業

会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

M&A全般
会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

中小企業のオーナー経営者が会社売却を検討する際「売却した後、関係者に与える影響が一番気がかり」と考える人は少なくありません。本記事では、中小企業が会社売却をおこなう際、会社関係者、取引先などそれぞれのステークホルダーに与える影響、メリット、注意点についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様

【対談】日本M&Aセンターに仲介を託した理由。譲渡を経験した元オーナーと振り返る

M&A全般
【対談】日本M&Aセンターに仲介を託した理由。譲渡を経験した元オーナーと振り返る

EC事業のコンサルティングを行う株式会社ECIが、2023年1月にM&A事例を紹介するセミナーを開催しました。本記事では、自社の譲渡をご経験された元オーナー早乙女様と、日本M&Aセンターの担当コンサルタント龍石による対談の様子をご紹介します。日本M&Aセンターに仲介を託した理由とはーM&Aによって、会社譲渡を検討された背景についてお聞かせください。早乙女様:OBC(「オリジナルブランド商品構築コン

「株式譲渡・後継者不在・事業承継・譲渡企業」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aスキームとは?種類別に公認会計士が解説!

M&Aスキームとは?種類別に公認会計士が解説!

M&Aを行うスキーム(手法)は様々に存在し、最適な選択が成功の鍵を握ります。本記事では中堅・中小企業のM&Aで用いられる代表的なスキームの特徴、メリット・デメリットなどをご紹介します。日本M&AセンターではM&Aに精通した公認会計士・税理士・弁護士など専門家を含めた盤石の体制で安全・安心のM&Aをサポート致します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらM&Aにおけるスキームと

譲渡企業(売り手)がM&Aで押さえておきたいポイントとは?

譲渡企業(売り手)がM&Aで押さえておきたいポイントとは?

譲渡を検討するオーナーにとって、M&Aは、一生に一度の選択です。大切に育ててきた会社を譲るという事実に加え、一度譲渡した後にやり直しはできません。失敗したくない、後悔したくない、最大の結果を得たいと思うのは当然のことです。満足度の高いM&Aの実行で最大の結果を得るために、実行前に押さえておきたいポイントについて確認していきましょう。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継

譲渡側(売り手)からみた、譲渡先の選定ポイント

譲渡側(売り手)からみた、譲渡先の選定ポイント

自社の詳細情報(概要書)など必要書類が整ったら、いよいよ次は譲渡先、つまり譲受企業(買い手)探しです。まず思い浮かぶのは同業の大手企業かもしれません。一方で、必ずしもそれだけとは限りません。ここでは、どんな譲受企業(買い手)が候補の選択肢として挙げられるかをふまえ、自社にとって最適な譲渡先企業を選定するポイントを整理します。一般的な譲渡先企業(買い手)の類型上場企業か、未上場企業か上場企業とは、そ

M&Aの相談先。頼れる専門家について

M&Aの相談先。頼れる専門家について

自社の今後を見据え、M&Aという選択肢が浮かんだ時、あなたらどうするでしょうか。まず誰か詳しい人に話を聞いてみよう、相談しようと考える人が多いのではないでしょうか。M&Aの実行には高度な論点が複雑に絡み合い、高い専門性や知識が必要とされるため、当事者以外に専門家をはじめ様々な関係者が関係してきます。本記事では具体的に誰に、M&Aの相談をするのがふさわしいのか解説していきます。M&A分野の専門家まず

M&Aの本格検討を進めるために。詳細情報の開示について

M&Aの本格検討を進めるために。詳細情報の開示について

譲渡側(売り手)、譲受側(買い手候補)のトップ同士が対面する「トップ面談」を前に、互いにより具体的な検討を進め、理解を深めるために詳細情報の開示が行われます。本記事ではそのプロセスを中心にご紹介します。詳細情報の開示にいたるまで順を追ってプロセスを見ていきましょう。候補先を選定する譲渡先(買い手)候補企業の選定には、大きく二つの方法があります。一つは、企業概要書(ノンネーム)を見て、更なる詳細情報

M&A検討の第一歩。譲渡側(売り手)の事前準備

M&A検討の第一歩。譲渡側(売り手)の事前準備

はじめてのM&Aには不安が多いもの。具体的に着手する前、可能な限りの準備を進めておくことで、心に余裕をもってM&Aを開始できます。譲渡企業(売り手)にとって、理想的な事前準備とは何か?どのような状態にしておけばいいのか?あるべき姿から逆算した“スムーズなM&Aのための事前準備”をご紹介します。準備のポイント①資料収集候補企業探しは「企業概要書」からはじまるM&Aの相手を探すに際し、譲渡企業の実態を

「株式譲渡・後継者不在・事業承継・譲渡企業」に関連するM&Aニュース

システムインテグレータ、新設分割によりE-Commerce事業を承継へ

株式会社システムインテグレータ(3826)は、ECサイト構築パッケージソフトウエアの開発・販売事業が持つ権利義務を、簡易新設分割により、新たに完全子会社として設立する株式会社DGコマース(東京都渋谷区、以下「新設会社」)に承継させたうえ、新設会社の発行する株式のうち60.0%を株式会社DGフィナンシャルテクノロジー(東京都渋谷区)に譲渡することを決定した。【分割する事業内容】・ECサイト構築パッケ

テクミラホールディングス、リンクアンドコミュニケーションを子会社化へ

テクミラホールディングス株式会社(3627)、および完全子会社であるネオス株式会社(東京都千代田区)は、ネオスのヘルスケア事業を、株式会社リンクアンドコミュニケーション(東京都千代田区、以下L&C社)に吸収分割により承継させると發表した。併せて、会社分割の対価としてネオスが割当てを受けたL&C社株式を、テクミラホールディングスが剰余金の配当で取得することにより、L&C社はテクミラホールディングスの

デジタルハーツHD、子会社の上場準備に伴うグループ内組織再編へ

株式会社デジタルハーツホールディングス(3676)は、完全子会社である株式会社AGEST(東京都文京区)の株式分配型スピンオフおよび上場の準備を開始しており、この一環として、グループ内組織再編の実施を決定した。また、これに伴い、孫会社の異動が発生する。【組織再編の概要】デジタルハーツホールディングスが持つLOGIGEARCORPORATION(米国カリフォルニア州、以下LGUS)、株式会社CEGB

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース