コラム

2025年問題とは?迫りくる諸問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

岡本 昌大

プロフィール

岡本昌大

日本M&Aセンター ダイレクトマーケティング部(西日本担当) 部長

縄田 桂介

プロフィール

縄田桂介

日本M&Aセンター ダイレクトマーケティング部(東日本担当)シニアマネージャー

事業承継

⽬次

[表示]

2025年問題
日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。

※動画本編はこちらから

2021年のM&A件数は過去最多に

岡本: 早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?

縄田: いやいや、この業界長いですから間違えるわけにはいかないでしょう…2,000件くらいですかね。

岡本: 実は M&Aって年間4,280件(※) 行われてるらしいんですよ。
(※)出典:MARR Online 2021年のM&A回顧(2021年1-12月のM&A動向)より

縄田: 4,280件…それはすごいですね。公表されてるM&Aだけで、ってことですから非公開の案件を含めると、もっと多くなるってことですものね。

岡本: 私もデータを見てびっくりしましたけど、組数でいくと約2,000組に近いM&Aになります。単純に1日あたり7件ぐらい、今日もどこかでM&Aが行われてる数字になります。
今回はなぜこんなにM&Aが増えているのかということについてお届けしていきましょう。

2025年問題とは

岡本: 縄田さん、2025年問題ってご存じですか?

縄田:2025年、いわゆる「団塊の世代」800万人全員が75歳以上、国民の4人に1人が後期高齢者という超高齢社会を迎えることでさまざまな分野に影響を及ぼす諸問題を2025年問題と言います。それにともない、 中小企業・小規模企業の社長様のうち70歳を超える方の数がピークになると言われています。

岡本: 実際70歳以上の経営者の方が約3年後に245万人にまで増加する、というデータも中小企業庁から出ています。少子高齢化の問題は中小企業の経営者にも当てはまる話で、国内の人口動態の中で一番のボリュームゾーンにいるのが、この団塊の世代、今70歳前後の方々です。団塊の世代の方々って、叩き上げでブワーッと会社を大きく成長させてきた方が多く、お子様たちを大学進学させたり教育への関心が高いケースが多い。なのでそうしたご子息たちは成人されてから別のお仕事に就かれて、実家(家業)に戻ってこないケースが多いんですよね。

縄田: 経営者の方に「息子さん何されてるんですか」と聞いたら「大手企業〇〇の部長、課長をやってるんだよねー」と伺うこと結構ありますよね。

岡本: 地元、家に子供が戻ってこない、従業員の方々がなかなか引き継げない、という後継者不在の問題を抱える会社が、2025年、約その半分、127万社にのぼるといわれています。恐ろしいことですよね。

縄田: 大変ですよね。日本の産業は中小企業が約99%を支えていますから、事業承継ができないと国力を失いかねないという話にもなりますよね。

社長候補がいても後継者不在?

岡本: これ多くの方が勘違いされてらっしゃる部分かと思うんですけど、いわゆる後継者がいないと、社長を任せられる人間がいない、というのとはまた異なる話なんです。
中小企業の社長さんに社員の方でも、なれないわけではないんですけども一番ネックになるのは「株の譲受け」の部分なんです。これが大きなテーマとしてあります。現場でよく聞きますよね。

縄田: そうですね。「うちは後継者問題は大丈夫なんだよね」とおっしゃる経営者の方はいらっしゃるんですけど、「株はどうするんですか、、」とお聞きすると「・・・」と返答に困られるケースも結構ありますよね。そこまでお考えになられていない。

岡本: いや、多いですよね。数十年歴史のある会社さんでしたら、株の譲受け価格もそれなりの金額になるケースが多いですし。やっぱりそれを金融機関さんから借り入れをしてまで譲り受けよう、という気概のある幹部社員の方って、なかなかいらっしゃらないのが実情かなと思います。

そういった背景で会社を先代から譲受けることができない会社が約127万社にのぼるということなんですけど、なんとこのうちの半分が黒字ということらしいんです。要はしっかり会社として収益も出していて、経営も健全なのに継ぐ人がいないという。そういう会社が60万社以上にのぼると推定されてるんですよ。

縄田: もったいないですよね。

岡本: そうした課題が、M&Aで「譲り受けたい!」と手を挙げてくれる外部の会社にお譲りすることができれば会社の存続につながると。2025年問題にともなってM&Aの件数が増えてきているのは、こうした背景なのかなと思います。

縄田: すごいいい手段じゃないですか、M&Aって。会社も残って、従業員さんもそのままで、どれをとっても悪いところがあまりないと思うんですよ。なんでこのM&Aが浸透しないのかなと思うんですけど、なんでなんでしょうかね。

岡本: やっぱり多くの方はM&Aのイメージに対して、「そんないい話ないだろう」と思う部分があると思うんですよね。私はよくお客様にはM&Aのメリットだけでなく、もちろん注意しておくべきところもお伝えしています。

—その続きはまた次回に、ということでお楽しみに!

※動画本編はこちらからご覧いただけます。

M&Aに関するご相談も受け付けております。専任のコンサルタントがお応えいたしますのでお気軽にお尋ねください。お問合せはこちらから。

プロフィール

岡本 昌大

岡本おかもと 昌大まさひろ

日本M&Aセンター ダイレクトマーケティング部(西日本担当) 部長

新卒入社の翌年より九州拠点の立ち上げに尽力し、業種を問わず70件超のM&Aを成約に導く。地方の経営者に多く寄り添ってきた経験から、M&Aを通じて地方の元気を取り戻したいと日々奔走。2017年に年間最優秀社員受賞。2020年同社最年少で部長に就任。

縄田 桂介

縄田なわた 桂介けいすけ

日本M&Aセンター ダイレクトマーケティング部(東日本担当)シニアマネージャー

大学卒業後、大手総合商社にて鉄鋼製品の海外及び国内営業、海外事業会社管理や国内中堅・中小企業の海外進出支援に従事。日本M&Aセンターに入社後は、後継者不在による事業承継型のM&Aに加え、企業の創業期~成長期へのステージアップの為のM&Aに多く携わる。

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・後継者不在・事業承継・譲渡企業」に関連するコラム

地域との繋がりによる魅力発信と事業創出 みやぎプロモーション室

広報室だより
地域との繋がりによる魅力発信と事業創出 みやぎプロモーション室

宮城県仙台市のテレビ局「東日本放送(khb5)」は6月28日(火)、「宮城県内の経営者のための経営の打ち手カンファレンス」を主催します。カンファレンスは東日本大震災からの復興や新型コロナウイルス対策に向き合う宮城県内の企業経営者に向けた「M&A」や「DX推進」、「生産性向上」など次世代の経営に求められる新たなソリューションを提供する目的で企画されました。宮城県内のテレビ局と各分野で経営支援を担うリ

国境の島 長崎県対馬におけるコロナ禍の課題と事業承継問題

広報室だより
国境の島 長崎県対馬におけるコロナ禍の課題と事業承継問題

九州と朝鮮半島の間に浮かぶ島、長崎県の対馬市。江戸時代の鎖国中には対馬藩として朝鮮半島との貿易特権を江戸幕府から付与されており、国内有数の繁栄地でにぎわいました。しかしながら、近年では、島民の人口減少や高齢化の進行とともに過疎化が進み、対馬の企業や事業者の後継者不在による事業承継問題が深刻化しています。対馬市議会議員の脇本啓喜氏は対馬の事業承継問題に危機感を抱き、2022年3月の定例市議会で島の事

鹿児島放送が事業承継・M&Aセミナーを開催 M&Aによる事業承継について解説

事業承継
鹿児島放送が事業承継・M&Aセミナーを開催 M&Aによる事業承継について解説

鹿児島県のテレビ局KKB鹿児島放送は2021年12月23日、地元の経営者向けに事業承継とM&Aを解説するセミナー「事業承継・M&Aセミナー鹿児島企業の10年先の経営を考える」を開催しました。県内で高まる後継者不在率と休廃業数に対する解決策の一つである事業承継型M&Aをテーマにしたセミナーには約百人が参加しました。セミナーに先立って「ニッポンには、跡継ぎが足りない」と題した特別番組も放送され、M&A

コロナ禍の事業承継を支える地方銀行の取り組み ――大分銀行×日本M&Aセンター WEBセミナー

広報室だより
コロナ禍の事業承継を支える地方銀行の取り組み ――大分銀行×日本M&Aセンター WEBセミナー

経営者は孤独と言われますが、後継者問題も他人には相談しづらいテーマの一つです。現在、企業の後継者不在問題は深刻です。日本全体で中小企業・小規模事業者の2025年には70歳以上の経営者が約245万人になると言われています。後継者の高齢化、代替わりが本格的になってくるにもかかわらず、現在の後継者不足は全国平均で66%、3社に2社は跡継ぎがいないというのが現状です(平成28年度総務省「個人企業経済調査」

“事業承継”早めのご準備を

調査データ
“事業承継”早めのご準備を

後継者問題が日本経済にもたらす影響中小企業庁によると、2025年までの10年間で、70歳を迎える中小企業・小規模事業者の経営者245万人のうち、半数の会社(日本企業の全体の3分の1)で後継者が未定となり、このまま放置しこれらの企業が後継者不在により廃業すれば、650万人の雇用と約22兆円のGDPが失われる可能性があると公表しています(2019年11月中小企業庁「中小企業・小規模事業者におけるM&A

待ったなし、2019年データからみる中小企業の景況感 ~中小企業の“事業承継問題解決“が急務!~

調査データ
待ったなし、2019年データからみる中小企業の景況感 ~中小企業の“事業承継問題解決“が急務!~

2019年の中小企業の景況感を示すさまざまな指標が出されていますが、最近社会的な問題となっている中小企業の「後継者不足問題」について、気になるデータが発表されました。改めて中小企業の事業承継問題の解決が急務であることが浮き彫りとなりました。2019年「後継者不在倒産」が過去最多に帝国データバンクの調査では、後継者不在による事業継続の断念などが要因となった後継者不在倒産(後継者難倒産)は2019年に

「株式譲渡・後継者不在・事業承継・譲渡企業」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aスキーム(手法)とは?種類・メリット・デメリットを譲渡側(売り手)・譲受側(買い手)の立場でそれぞれ分かりやすく解説!

M&Aスキーム(手法)とは?種類・メリット・デメリットを譲渡側(売り手)・譲受側(買い手)の立場でそれぞれ分かりやすく解説!

M&Aにおけるスキーム(手法)とはM&Aにおけるスキーム(手法)とは、当事者である譲渡側(売り手)と譲受側(買い手)がM&Aを実行するための手法のことをいいます。スキームによってそれぞれメリット・デメリットがありますが、中堅中小企業のM&Aにおいては、最もシンプルな「株式譲渡」が多く使われます。こちらの記事では各スキームについて詳細に解説していきます。※以降こちらの記事では、読みやすさを重視して、

譲渡企業(売り手)にとってのM&A。その目的や押さえておきたいポイント

譲渡企業(売り手)にとってのM&A。その目的や押さえておきたいポイント

譲渡側(売り手)オーナーの多くにとって、M&Aは一生に一度の選択です。大切に育ててきた会社を譲るという事実に加え、一度譲渡した後にやり直しはできません。失敗したくない、後悔したくない、最大の結果を得たいと思うのは当然のことです。満足度の高いM&Aの実行で最大の結果を得るために、実行前に押さえておきたいポイントについて確認していきましょう。M&Aにおける譲渡側(売り手)のメリット譲渡側(売り手)にと

頼れる相談先、M&Aの専門家とは

頼れる相談先、M&Aの専門家とは

自社の今後を見据え、M&Aという選択肢が浮かんだ時、あなたらどうするでしょうか。まず誰か詳しい人に話を聞いてみよう、相談しようと考える人が多いのではないでしょうか。M&Aの実行には高度な論点が複雑に絡み合い、高い専門性や知識が必要とされるため、当事者以外に専門家をはじめ様々な関係者が存在することは「M&Aの専門家」の記事でご紹介しました。本記事では具体的に誰に、どのような視点でM&A実行を目指して

譲渡側(売り手)からみた、譲渡先の選定ポイント

譲渡側(売り手)からみた、譲渡先の選定ポイント

自社の詳細情報(概要書)など必要書類が整ったら、いよいよ次は譲渡先、つまり譲受企業(買い手)探しです。まず思い浮かぶのは同業の大手企業かもしれません。一方で、必ずしもそれだけとは限りません。ここでは、どんな譲受企業(買い手)が候補の選択肢として挙げられるかをふまえ、自社にとって最適な譲渡先企業を選定するポイントを整理します。一般的な譲渡先企業(買い手)の類型上場企業か、未上場企業か上場企業とは、そ

M&A検討の第一歩。譲渡側(売り手)の事前準備

M&A検討の第一歩。譲渡側(売り手)の事前準備

はじめてのM&Aには不安が多いもの。具体的に着手する前、可能な限りの準備を進めておくことで、心に余裕をもってM&Aを開始できます。譲渡企業(売り手)にとって、理想的な事前準備とは何か?どのような状態にしておけばいいのか?あるべき姿から逆算した“スムーズなM&Aのための事前準備”をご紹介します。準備のポイント①資料収集候補企業探しは「企業概要書」からはじまるM&Aの相手を探すに際し、譲渡企業の実態を

M&Aにおける譲渡先(売却先)の探し方。企業概要書、ノンネームシートとは

M&Aにおける譲渡先(売却先)の探し方。企業概要書、ノンネームシートとは

譲渡側(売り手)が譲受側(買い手)の候補を探す際に重要となるのが、自社の企業情報をまとめた「企業概要書」「ノンネームシート」です。本記事ではその概要についてご紹介します。自社の魅力を伝える「企業概要書」企業概要書とは、譲受企業(買い手)候補に対して自社の内容を正しく知ってもらうために、譲渡企業(売り手)の事業概要をまとめた資料を指します。「インフォメーション・メモランダム:InformationM

「株式譲渡・後継者不在・事業承継・譲渡企業」に関連するM&Aニュース

三井化学、旭化成よりペリクル事業を取得へ

三井化学株式会社(東京都港区)は、旭化成株式会社(東京都千代田区)のペリクル※事業を取得することに合意した。旭化成のペリクル事業を吸収分割により包括的に承継し、ペリクルの製造を請負う旭化成EMS株式会社(東京都千代田区)の全株式を取得し子会社化する。吸収分割対価・事業譲渡対価の総額は、74億円を予定している。【取得対象事業の概要】事業内容:ペリクルの製造、開発および販売に関する事業製造拠点:旭化成

エクストリーム、角川ゲームスの事業承継会社Dragami Gamesの株式取得、子会社化へ

株式会社エクストリーム(6033)は、株式会社角川ゲームス(東京都品川区)が会社分割により分割した事業を承継する吸収分割承継会社「株式会社DragamiGames」の第三者割当増資を引受け、特定子会社化することを決定した。所有割合は93.3%となる。エクストリームは、ゲーム・デジタルコンテンツなどの企画・開発を中心に、デジタル人材事業・受託開発事業・コンテンツプロパティ事業を展開している。角川ゲー

トランスコスモス、新設会社「日本直販」に通信販売事業を承継および同新設会社の株式を譲渡

トランスコスモス株式会社(9715)は、総合通信販売事業を中心とする日本直販事業を会社分割により新設会社に承継し、同新設会社の全株式を株式会社悠遊生活(神奈川県横浜市)に譲渡することを決定した。トランスコスモスを分割会社とし、新設会社を承継会社とする簡易新設分割。【新設会社の概要】名称:日本直販株式会社所在地:大阪府大阪市事業内容:総合通信販売事業分割効力発生日に、悠遊生活の子会社となる予定。トラ

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース