M&Aニュース

エイベックス、エイベックス・ライヴ・クリエイティヴのLivePocket事業をKDDIに譲渡

更新日:

エイベックス株式会社(7860)は、2024年3月21日開催の取締役会において、同社の連結子会社であるエイベックス・ライヴ・クリエイティヴ株式会社(東京都港区、以下「ALC」)が運営するLivePocket事業(以下、「LPT事業」)をKDDI株式会社(9433)へ譲渡することについて決議した。

本件取引は、ALCが新たに設立する完全子会社(以下、「対象会社」又は「承継会社」)に対して、ALCがLPT事業に関する資産等を会社分割の方法により承継させる等したうえで、対象会社の発行済株式の全部をKDDIに譲渡する方法で行うことを予定している。

ALCは、コンサート・イベントの企画・制 作・運営及びチケット販売、マーチャンダイジング等を行う。
KDDIは、電気通信事業を行う。

本件取引の目的

エイベックスは、2022年5月に公表した中期経営計画「avax vision 2027」において、同社の価値創造の起点となる「才能と出会い、育てること」を重点とし、IP開発に積極的投資を行い、中長期的な成長を目指せる体制構築を目指して、様々な施策を推進しております。

ALCは、当社グループにおいてアーティスト等のライヴ・コンサートの制作、チケットの販売、グッズの企画・販売等の3事業を中心としたビジネスを展開しております。コロナ禍の終了により再び拡大する市場や、海外アーティストのグローバルな活動再開等の機会を捉え、国内プレイヤーとして大型案件の受託獲得を進めるとともに、IP価値のある大型フェス・イベントの開発に注力することにより、IPの創出に向けても取り組みを継続しております。

そのような中、ALCはLPT事業において、ALCのチケット販売事業における一サービスとして、イベント主催者が直接的にユーザーに対してチケットを販売可能な、いわゆるD2C方式の電子チケット販売プラットフォームである「LivePocket」(ライヴポケット)を運営してきた。

LivePocketは近年拡大する事業規模や多様化するジャンルのなかで、システムの改修や運営体制の強化等、更なる経営資源の投下の必要性が見込まれており、また同社グループにおいては事業の選択と集中の一環として、LPT事業の更なる成長の実現に向けて様々な選択肢を検討してきた。

そして、国内最大級のネットワークを有するKDDIにLPT事業を譲渡することで、より幅広い主催者・ユーザーに対してこれまで培ったシステムやノウハウを提供することが可能となり、ひいてはエイベックスグループの企業価値向上に資するとの結論に至り、本件取引を決定した。

対象会社(新会社)設立の概要(予定)

商号   LivePocket株式会社
事業内容 各種チケットの販売、パソコン及び移動体端末向けインターネットを利用した情報提供サービス及び通信販売業務
本店所在地 東京都港区三田一丁目4番1号 (本件株式譲渡後に変更の見込み)
代表者 代表取締役 原田 陽介 (本件株式譲渡後に変更の見込み)
資本金 5百万円
設立年月日 2024年3月(予定)
発行済株式数 200株
決算期 3月31日
大株主・持株比率 ALC 100% (本件株式譲渡後)KDDI 100%

本件会社分割の日程

取締役会決議日  2024年3月21日
承継会社の設立日 2024年3月(予定)
吸収分割契約締結日 2024年3月(予定)
吸収分割の実施日(効力発生日) 2024年6月17日(予定)
※本件会社分割は、ALCにおいては会社法第784条2項に規定する簡易分割であり、承継会社においては会社法第796条1項に規定する略式分割に該当するため、それぞれ吸収分割契約の承認に係る株主総会の決議による承認を得ずに行う予定。

本件会社分割の方式

ALCを吸収分割会社とし、対象会社を吸収分割承継会社とする吸収分割

分割する事業部門の概要

分割する部門の事業内容

電子チケット販売プラットフォーム「LivePocket」(ライヴポケット)の運営

本件株式譲渡の日程

株式譲渡承認の取締役会決議日 2024年3月21日
株式譲渡契約締結日      2024年3月21日(予定)
株式譲渡実行日        2024年6月28日(予定)

通信業界のM&A・事業承継の動向はこちら

放送・出版・コンテンツ制作業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、放送・出版・コンテンツ制作業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

KDDI・エイベックスに関連するM&Aニュース

KDDI、ローソンに対しTOBを3月28日実施へ

KDDI株式会社(9433、以下「公開買付者」)は、2024年2月6日付「株式会社ローソン(2651)に対する公開買付けの開始予定及び資本業務提携契約の締結に関するお知らせ」(その後の訂正を含み、以下「2024年2月6日付公開買付者プレスリリース」)にて公表していたとおり、株式会社ローソン(2651、以下「対象者」)の親会社である三菱商事株式会社(以下「三菱商事」といい、公開買付者及び三菱商事を総

KDDI、CATV関連事業を連結子会社のJCOMに承継へ

KDDI株式会社(9433)は、CATV関連事業を吸収分割により連結子会社であるJCOM株式会社(東京都千代田区)に承継することを決定した。KDDIを分割会社とし、JCOMを承継会社とする吸収分割方式。KDDIは、JCOMより本会社分割の対価として、JCOMの普通株式74,860株の交付を受ける予定。KDDIは、日本大手の電気通信事業者。グループにて、移動通信、金融、教育、エネルギー関連など多角的

エイベックス、中間持株会社を伴うグループ内組織再編を実施へ

エイベックス株式会社(7860)は、連結子会社であるエイベックス・エンタテインメント株式会社(東京都港区、以下AEI)およびエイベックス・ピクチャーズ株式会社(東京都港区、以下API)を中間持株会社とするグループ内組織再編、ならびに業務執行体制の変更を決定した。AEI、API及びエイベックス・マネジメント株式会社(東京都港区、以下AMG)の各事業を会社分割及び新会社設立の方法により分社化するととも

KDDI、カナダのAllied Properties REITからデータセンター事業を譲受へ

KDDI株式会社(9433)は、AlliedPropertiesREIT(カナダトロント)から1,350百万カナダドル(約1,446億円※)でデータセンター事業を譲り受けることについて、事業譲渡契約を締結した。※2023年6月21日のTTM(1カナダドル=107.12円)を用いて換算。KDDIは、日本大手の電気通信事業者。KDDIグループは、移動通信、金融、教育、エネルギー関連など多角的な事業を展

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・選択と集中」に関連するコラム

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

株式譲渡とは?M&Aにおけるメリット、手続き、税金を解説

M&A全般
株式譲渡とは?M&Aにおけるメリット、手続き、税金を解説

中堅・中小企業のM&Aで、最も多く用いられるスキームが株式譲渡です。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターは株式譲渡をはじめ、様々なスキームのM&Aを経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお尋ねください。M&A・組織再編に関するご相談はこちらから株式譲渡とは株式譲渡は、譲渡対象企

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

会社の身売りと会社売却の違いとは?

M&A全般
会社の身売りと会社売却の違いとは?

新聞や経済ニュースなどで時折目にする「会社の身売り」という言葉は、会社売却とどのように違うのでしょうか。本記事では、身売りが指す意味合い、会社売却の概要についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。会社売却・事業承継のお

事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

M&A全般
事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

複数の事業を展開する中で、不採算部門を整理し、主力事業へ経営資源を集中するなど、事業戦略の見直しを迫られる場合があります。このような場面で活用されるのが、事業売却です。事業売却は組織再編において有効な方法ですが、その特徴を十分に理解しておかなければ、かえってマイナスの効果を生みかねません。本記事では、事業売却の概要、メリット・デメリットなどをご紹介します。日本M&Aセンターでは、事業売却をはじめ、

「株式譲渡・選択と集中」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年3月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード