M&Aニュース

東海東京フィナンシャル・ホールディングス、M&Aアドバイザリー企業ピナクルを山田コンサルティンググループに譲渡

更新日:

東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社(8616) は、同社の連結子会社であるピナクル株式会社(東京都港区)について、保有する株式の全てを山田コンサルティンググループ株式会社(4792、以下「YCG社」) に譲渡することを決定した。

東海東京フィナンシャルグループは、持株会社である東海東京フィナンシャル・ホールディングスのもと、子会社27社(うち海外9社)、関連会社15社(うち海外1社)*で構成される独立系の総合金融グループ。(*2023年9月30日現在)

ピナクルは、M&A アドバイザリー、Cross border アドバイザリー、 事業再生アドバイザリー、 戦略コンサルティング を行う。

株式譲渡の理由

東海東京フィナンシャル・ホールディングスは2017年、豊富なM&Aノウハウと高度な専門性、幅広いネットワークを有し、日本のM&A業界の草分け的存在として確固たる地位を築いてきたピナクル社を連結子会社化し、これまでに、投資銀行ビジネスの強化、及びビジネスネットワークの拡大等、グループ企業価値の向上を実現してきた。

今後は、同社グループとして、M&A事業のうち、志向するビジネスモデルと親和性が高い「事業承継M&A」事業に注力していくこととし、「ファイナンシャル・アドバイザリー」事業、「クロスボーダーM&A」事業に、大きな強みを持つピナクル社については、同様の事業を展開するYCG社へピナクル社株式を譲渡することとした。

日程

契約締結日   2024 年3月19日
株式譲渡実行日 2024 年3月29日(予定)

経営コンサルティングサービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

保険・保険代理店、保証サービス業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、保険・保険代理店、保証サービス業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

山田コンサルティンググループ・東海東京フィナンシャル・ホールディングスに関連するM&Aニュース

山田コンサルティンググループ、米Takenaka Partnersを買収

山田コンサルティンググループ株式会社(4792)は、2024年4月1日開催の取締役会において、同社の連結子会社であるYAMADAConsultingGroupUSAInc.(以下、「山田コンサルUSA社」)が、TakenakaPartners(米国ロサンゼルス)の全株式を取得することを決議した。なお、本株式取得により、TakenakaPartners及びTakenakaPartnersの子会社であ

東海東京フィナンシャルHD、連結子会社間で吸収合併へ

東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社(8616)は、完全子会社である株式会社東海東京調査センター(愛知県名古屋市、以下「東海東京調査センター」)と東海東京アカデミー株式会社(東京都江東区、以下「東海東京アカデミー」)について、2024年3月1日を合併期日とし、東海東京調査センターを存続会社とする吸収合併を決議した。東海東京調査センターは、情報サービス業金融商品取引業を行う。東海東京アカ

東海東京フィナンシャルHD、子会社の東海東京アセットマネジメントの全株式を持分法適用関連会社のお金のデザインに現物出資へ

東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社は、子会社である東海東京アセットマネジメント株式会社の全株式を、持分法適用関連会社である株式会社お金のデザインに現物出資することを決定した。なお、東海東京フィナンシャル・ホールディングスの完全子会社である東海東京ウェルス・コンサルティング株式会社が保有する東海東京アセットマネジメント株式については、本現物出資実行までに、東海東京フィナンシャル・ホール

東海東京フィナンシャル・ホールディングス(8616)、暗号資産取引所を運営するフォビジャパンと資本業務提携

東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社(8616)は、グローバルで暗号資産取引所を運営するHuobiグループの日本法人であるフォビジャパン株式会社との資本業務提携に係る契約を締結することを決定した。東海東京フィナンシャルグループは、国内関係会社26社、海外10社のグループ会社により構成され、証券ビジネスを中心に金融商品に関するサービス、ソリューションを提供。暗号資産・ブロックチェーン領域

東海東京フィナンシャルHD(8616)、お金のデザインへ出資、持分法適用関連会社化

東海東京フィナンシャル・ホールディングス(8616)は、株式会社お金のデザイン(東京都港区)への出資に係る契約を、お金のデザイン社と締結した。東海東京フィナンシャル・HDは、お金のデザイン社が新たに発行するE種優先株式を取得する。取得価額は50億円。出資比率は20%となり、お金のデザイン社は東海東京フィナンシャルHDの持分法適用関連会社となる。東海東京フィナンシャルHDは、フィンテックを中心とした

この記事に関連するタグ

「株式譲渡」に関連するコラム

株式譲渡とは?M&Aにおけるメリット、手続き、税金を解説

M&A全般
株式譲渡とは?M&Aにおけるメリット、手続き、税金を解説

中堅・中小企業のM&Aで、最も多く用いられるスキームが株式譲渡です。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターは株式譲渡をはじめ、様々なスキームのM&Aを経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお尋ねください。M&A・組織再編に関するご相談はこちらから株式譲渡とは株式譲渡は、譲渡対象企

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

会社の身売りと会社売却の違いとは?

M&A全般
会社の身売りと会社売却の違いとは?

新聞や経済ニュースなどで時折目にする「会社の身売り」という言葉は、会社売却とどのように違うのでしょうか。本記事では、身売りが指す意味合い、会社売却の概要についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。会社売却・事業承継のお

会社売却をしたら退職金はどうなる?

M&A全般
会社売却をしたら退職金はどうなる?

会社売却後に退職する場合、退職金はもともとの規定が引き継がれるのでしょうか。支払われる金額や方法、時期などに変化が生じるのでしょうか。本記事では、会社売却にともない退職者が出た場合の従業員や役員の退職金、注意すべきポイントについて解説します。@sitelink退職金とは退職金とは、従業員の退職時に雇用主である会社が支払う金銭のことで、通常の給与や賞与とは別に支給されるものです。退職金制度の導入は法

会社売却とは?メリットや注意点、売却までの流れを解説

M&A全般
会社売却とは?メリットや注意点、売却までの流れを解説

会社売却を行うにあたって押さえておきたいポイントは複数存在します。本記事では会社売却のメリットや注意点、売却額の算出方法、会社売却を進める流れについてご紹介します。会社売却とは?会社売却とは、会社の事業や資産を第三者に売却して対価を受け取るプロセスを指します。会社売却が検討されるケースとしては、経営を引き継ぐ人材がいない「後継者不在」、業界の再編などで事業の先行きに対する不安、あるいは大手傘下に入

「株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年3月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード