M&Aニュース

三井松島ホールディングス、丸紅から連結子会社MOSの株式を追加取得へ

更新日:

三井松島ホールディングス株式会社(1518)は、丸紅株式会社(8002)から、三井松島ホールディングスの連結子会社であるMOS株式会社(東京都千代田区)の株式を追加取得する。

三井松島ホールディングスは、炭鉱経営及び石炭販売を中心とする石炭関連事業を展開している。

丸紅は、大手総合商社。生活産業、素材産業、エナジー・インフラソリューション、社会産業・内外事業投資や資源開発など、事業を多角的に展開している。

MOSは、サーマルロール紙等各種事務機器用記録紙の製造販売、コピー用紙・伝票の販売、文具・事務用品など、商品・サービスの提供を行っている。

三井松島ホールディングスグループは、2018年11月に策定した中期経営計画に沿って、非石炭生産事業へ積極的に投資していく方針を掲げており、その一環として2023年2月15日にMOSの株式50.1%を取得し、連結子会社化していた。

2023年1月に三井松島ホールディングスおよび丸紅が締結した株主間契約に基づき、丸紅がプットオプション※を行使したため、三井松島ホールディングスは丸紅が持つMOSの全株式(49.9%)を追加取得することとした。

・今後の予定
株式取得日 2023年5月23日

※一定の事由が生じた場合に、契約相手に買い取り・売り渡しを請求できる権利

石炭石油製品製造販売・資源開発業界のM&A・事業承継の動向はこちら

総合・その他専門卸業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、総合・その他専門卸業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

三井松島ホールディングス・丸紅に関連するM&Aニュース

丸紅、ベトナムの工業団地開発・運営のAmata City Halong JSCの株式20%を取得

丸紅株式会社(8002)は、AmataCityHalongJSC(ベトナム・クアンニン省、以下「ACHL」)の株式20%を、AmataVNPublicCompanyLimited(タイ・バンコク、以下「AmataVN」)より取得し、ベトナムにおける工業団地の開発・運営に参画した。丸紅は、国内外のネットワークを通じて、ライフスタイル、情報・不動産、その他の広範な分野において、輸出入及び国内取引の他、

丸紅、ライフスタイルブランド展開の米国R. G. Barry Corporationを買収・ライフスタイルブランド運営事業に参入

丸紅株式会社(8002)は、R.G.BarryCorporation(米国・オハイオ州、以下「RGB社」)の発行済み株式の過半数を取得し、RGB社を子会社化した。丸紅は、大手総合商社。国内外のネットワークを通じて、ライフスタイル、情報ソリューション、次世代事業開発、各種サービス業務等、内外事業投資や資源開発等の事業活動を多角的に展開している。RGB社は、米国でフットウェア、バッグ等の服飾雑貨を手頃

三井松島ホールディングス、事業者向け不動産担保融資等のエム・アール・エフを買収

三井松島ホールディングス株式会社(1518)は、株式会社エム・アール・エフ(福岡県福岡市)の発行済株式全てを取得し、エム・アール・エフを子会社化することについて決議した。三井松島ホールディングスは、多角化事業会社。エネルギー(石炭販売、石炭生産、再生可能エネルギー)から生活関連(飲食用資材、衣料品、電子部品、事務機器、ペット、住宅関連部材、介護)まで多角的なビジネスを展開している。エム・アール・エ

三井松島ホールディングス子会社の三生電子、米国子会社を通じて同国Saunders & Associates, LLCの株式追加取得

三井松島ホールディングス株式会社(1518)の連結子会社である三生電子株式会社(東京都狛江市)の米国子会社SanseiAmerica,Inc.,(米国アリゾナ州、以下「SanseiAmerica」)は、2024年5月16日、S&AEnterprise,LLC(米国アリゾナ州、以下「S&AEnterprise」)より同社が保有するSaunders&Associates,LLC(米国アリゾナ州、以下「

丸紅、みずほリースと資本業務提携

丸紅株式会社(8002)と、みずほリース株式会社(8425)は、2024年5月14日、資本業務提携に関する契約を締結した。丸紅は、本資本業務提携の一環として、みずほリースの実施する普通株式の第三者割当増資の一部を引き受け、みずほリースは丸紅の持分法適用関連会社となる予定。丸紅は、大手総合商社。国内外のネットワークを通じて、ライフスタイル、情報ソリューション、次世代事業開発、各種サービス業務等、内外

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・子会社・連結」に関連するコラム

関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

広報室だより
関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

2022年11月下旬に大阪市内で開催された関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip2022」(主催:株式会社ニューズピックス)で、株式会社日本M&Aセンターの渡部恒郎がトークセッションに登壇しました。当日の模様を紹介します。(写真左から)株式会社日本M&Aセンター取締役渡部恒郎氏、株式会社スマートメディア代表取締役成井五久実氏、株式会社USEN-NEXTHOLDINGS執行役員/事業

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

関連会社とは?関係会社・子会社との違いや、メリットなど解説

経営・ビジネス
関連会社とは?関係会社・子会社との違いや、メリットなど解説

関連会社に該当するかどうかは、議決権の割合によって定められています。本記事では関係会社や子会社との違いも含め、関連会社の概要についてご紹介します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら関連会社とは?関連会社とは、親会社が議決権の20%以上を所有し「経営方針の決定に重要な影響を与えること

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

「株式譲渡・子会社・連結」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード