M&Aニュース

ブシロード、ブシロードクリエイティブの事業の一部を新設会社に承継へ

更新日:

株式会社ブシロード(7803)は、連結子会社である株式会社ブシロードクリエイティブ(東京都中野区)の事業の一部を、新設する株式会社ブシロードワークス(東京都中野区)に承継するとともに、ブシロードワークスを完全子会社する。

ブシロードクリエイティブを分割会社とし、新設会社であるブシロードワークスを承継会社とする新設分割方式。

ブシロードは、TCG・デジタルゲームの企画・開発、アニメの企画・制作・プロデュース業務等を行っている。

ブシロードクリエイティブは、グッズの企画・製造・販売を行っている。

ブシロードワークスは、知的財産権(IP)の創出雑誌・書籍の出版、コミックWEBサイトの企画・運営を行う予定。

本件は、IP創出を量・質ともに向上させ、新規IPの創出に一層力を入れるための体制づくりを目的としている。

・今後の予定
新設分割および子会社化効力発生日 2023年7月3日

その他の製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

ブシロードに関連するM&Aニュース

ブシロード、ブシロードファイトを新日本プロレスリングへ譲渡

株式会社ブシロード(7803)は、連結子会社である株式会社ブシロードファイト(東京都中野区、2024年6月28日に株式会社スターダムに商号変更予定)の全株式を、同じく連結子会社である新日本プロレスリング株式会社(東京都中野区)へ譲渡することを決定した。ブシロードは、トレーディングカードゲーム事業、デジタルゲーム事業、IPの企画・開発・プロデュース事業を行っている。ブシロードファイトは、プロレス団体

ブシロード、子会社のブシロードミュージックとアルゴナビスを合併

株式会社ブシロード(7803)は、2024年3月26日開催の取締役会において、連結子会社である株式会社ブシロードミュージック(東京都中野区)を存続会社とし、同じく連結子会社である株式会社アルゴナビス(東京都中野区)を消滅会社とする吸収合併を実施することを決議した。本合併の目的ブシロードグループのライブエンタメユニットにおける事業の重複業務を削減し、事業効率の向上を図るものである。本合併の日程取締役

ブシロード、遊宝洞と資本業務提携

株式会社ブシロード(7803)は、有限会社遊宝洞(東京都渋谷区)の株式16.7%を取得し、資本業務提携した。ブシロードは、TCG・デジタルゲームの企画・開発、アニメの企画・制作・プロデュース業務を行う。遊宝洞は、トレーディングカードゲーム(TCG)やデジタルゲームのゲームシステムデザインを手掛ける。昨今のグローバル市場において、ブシロードの祖業であるTCGは国内・海外とも市場規模は年々拡大してきて

ブシロード、ブシロードウェルビーのフィットネスクラブ事業を承継へ

株式会社ブシロード(7803)は、連結子会社である株式会社ブシロードウェルビー(東京都中野区)のフィットネスクラブ事業を、新設会社に承継させた上で、新設会社の全株式を現ブシロードウェルビー代表取締役社長である大場隆志氏に譲渡する。ブシロードウェルビーを分割会社とし、新設会社を承継会社とする新設分割方式。ブシロードは、フィットネスクラブ事業から撤退する。ブシロードは、TCG・デジタルゲームの企画・開

この記事に関連するタグ

「会社分割・新設分割・事業承継・子会社・連結」に関連するコラム

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

事業承継
会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

事業を継いでくれる後継者が見つからない場合、残される選択肢は廃業、そして会社の売却です。本記事では、会社売却の動向、会社売却のメリットなどを整理したうえで、売却時の注意点や全体の流れについて解説します。事業承継を断念する前に、会社を売却し事業を存続させる方法について話を聞いてみませんか?数々の事業承継をご支援してきたコンサルタントが、M&Aによる取引価額、売却先候補についてご案内致します。ご相談は

「しずおか経営相談窓口」がスタート!日本M&Aセンターの地方創生プロジェクト第四弾

事業承継
「しずおか経営相談窓口」がスタート!日本M&Aセンターの地方創生プロジェクト第四弾

日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援してまいりました。国内7ヶ所(東京・大阪・名古屋・福岡・広島・北海道・沖縄)に営業拠点を構えるほか、2023年から「地方創生プロジェクト」として新潟、宮城、茨城において、より多くの経営者様の課題解決に向けご支援を行っています。地方創生プロジェクトの第四弾となる「しずおか経営相談窓口」について、担当コンサルタントに話を聞きまし

従業員の高齢化。企業への影響と対策を解説

事業承継
従業員の高齢化。企業への影響と対策を解説

少子高齢化は市場経済だけでなく、企業に勤務する従業員にも大きな影響を与えています。若年層の人材の確保が進まず、すでに建築業などでは従業員の高齢化が急速に進んでいます。少子化社会は今後も長期にわたり続くことが見込まれていることから、さらに多くの業界に同様の現象が波及していくことが予想されます。本記事では、従業員の高齢化が進んだ場合、企業にどのような影響が生じるのか、対策や解決策としてのM&Aについて

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

所有と経営の分離とは?メリットやデメリットなどを解説

経営・ビジネス
所有と経営の分離とは?メリットやデメリットなどを解説

日本の中小企業では、出資者である株主が経営者を兼務する「オーナー企業」の形態をとるケースが多く見られます。本記事では、所有と経営の分離について、そのメリットやデメリット、所有と経営の分離を行う方法などについて解説します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコンサルタン

「会社分割・新設分割・事業承継・子会社・連結」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年4月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

月別M&Aニュース

注目ニュースワード