M&Aニュース

新日本科学、米Satsuma社を買収へ

更新日:

株式会社新日本科学(2395)は、Satsuma Pharmaceuticals, Inc.(米国 カリフォルニア州 、以下Satsuma社)の買収に関する契約締結を決定した。
本買収後、Satsuma社は新日本科学の連結子会社となる予定。

新日本科学は、医薬品や医療機器の前臨床試験や研究事業などを行っている。

Satsuma社は、米国のバイオテクノロジー企業。新日本科学独自の経鼻投与基盤技術を応用した偏頭痛薬「STS101」の開発を行っている。

本件M&Aにより新日本科学は、「STS101」における全世界を対象とした独占的開発製造販売権を取得し、トランスレーショナルリサーチ(TR)事業における基盤技術の強化を図る。

医療関連サービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

新日本科学に関連するM&Aニュース

新日本科学、イナリサーチの株式を公開買付け(TOB)により取得へ

株式会社新日本科学(2395)は、株式会社イナリサーチ(2176)の普通株式を公開買付けにより取得することを決定した。買付代金は、2,698,920,000円。(公開買付けにおける買付予定数2,998,800株に、本公開買付価格900円を乗じた金額)イナリサーチの完全子会社化を目的とし全株式を取得を予定。新日本科学は、製薬企業などから前臨床試験※・臨床試験・新薬承認申請業務を受託する医薬品開発受託

新日本科学(2395)、SMO事業展開100%子会社の全株式をエムスリー(2413)に譲渡

新日本科学(2395)は、100%子会社である株式会社新日本科学SMO(鹿児島市)の全株式をエムスリー(2413)に譲渡することを決定した。譲渡価額は10億円。新日本科学は、主な事業領域として、前臨床事業とトランスレーショナルリサーチ事業への集中化を進めている。エムスリーは、SMO業界で国内トップクラス。本件M&Aにより、新日本科学は、臨床事業の再編成を加速するとともに、エムスリーの強みとするIT

新日本科学(2395)、米国の前臨床事業子会社における動物輸入検疫・飼育事業を譲渡

新日本科学(2395)は、米国の100%子会社であるSNBLUSA,Ltd.(米国ワシントン州、SNBLUSA)が、ScientificResourceCenter(米国テキサス州、SRC)を分社化し、その経営権をOrientBioInc.(韓国ソウル市、OrientBio社)に譲渡することを決定した。SNBLUSAは、新日本科学の米国における前臨床事業を展開している。SRCは、動物輸入検疫および

新日本科学(2395)、臨床試験事業の米国拠点株式を中国のPharmaronへ一部譲渡

新日本科学(2395)は、連結子会社であるSNBLClinicalPharmacologyCenter,Inc.(米国メリーランド州、SNBLCPC,Inc.)の株式の一部を譲渡すること並びに、第三者割当増資の実施の承認を決定した。議決権所有割合は100.0%から67.4%へと変更になり、連結子会社から持分法適用関連会社へと異動する。新日本科学は、SNBLCPC,Inc.において、米国における臨床

新日本科学(2395)、再生医療支援のリジェネシスサイエンスと資本業務提携

株式会社新日本科学(2395)は、株式会社リジェネシスサイエンス(福岡市、以下RGS)との間で、業務提携契約を締結するとともに、RGSに投資した。普通株式と優先株式の組み合わせによる投資総額は500万円で、議決権割合は14.5%(持株割合は50%)となる。RGSは、再生医療の細胞加工施設とその利用を希望する医療機関との橋渡しを担うことで、再生医療を社会に普及させることを目的としており、「軟骨細胞培

この記事に関連するタグ

「買収・クロスボーダーM&A・子会社・連結」に関連するコラム

キリンの海外事例から読み解く!M&Aポイント解説

海外M&A
キリンの海外事例から読み解く!M&Aポイント解説

国内外のM&Aに精通するDr.(ドクター)Mが、身近なM&A事例を用いて、独自の視点でポイントをわかりやすく解説する新企画「Dr.MのM&Aポイント解説」。第1回で取り上げる企業は「キリンホールディングス」。国内ビール業界の中でも海外展開を積極的に進めてきたキリンで、いま何が起きているのでしょうか。|*概要*||-------------------------------------------

タイにおける日本食市場の2024年最新動向

海外M&A
タイにおける日本食市場の2024年最新動向

コロナ禍から復活最新のタイの飲食店事情日本M&Aセンターは、2021年11月にタイにて駐在員事務所を開設し、2024年1月に現地法人を設立いたしました。現地法人化を通じて、M&Aを通じたタイへの進出・事業拡大を目指す日系企業様のご支援を強化しております。ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私自身は、2度目のタイ駐

TOB(株式公開買付け)とは?わかりやすく事例を紹介

M&A全般
TOB(株式公開買付け)とは?わかりやすく事例を紹介

東京証券取引所の市場再編やPBR(株価純資産倍率)改善要請を背景に、成長を意識した買収、上場企業へのTOB(株式公開買い付け)の動きが活発化しています。本記事ではTOBの概要や主な流れ、メリット、企業事例をご紹介します。日本M&Aセンターでは、中小企業の成長戦略にフォーカスしたセミナーを開催しております。中堅・中小企業の成長戦略としてM&Aが注目されている現在、日本M&Aセンターが支援するレバレッ

ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

海外M&A
ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

今回ご紹介するプロジェクトTの調印式の様子(左から、ダイナパック株式会社代表取締役社長齊藤光次氏、VIETNAMTKTPLASTICPACKAGINGJOINTSTOCKCOMPANYCEOTranMinhVu氏)ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私はベトナムの優良企業が日本の戦略的パートナーとのM&Aを通じて

シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

海外M&A
シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら人件費、賃料、ビザ発行要件、すべてが「高い」シンガポールASEANのハブと言えば、皆さんが真っ先に想起するのはシンガポールではないでしょうか。日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、シンガポールでは87社の統括機能拠点が確認されています。東南アジアおよび南西アジア地域最大の統括拠

小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

海外M&A
小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

本記事では、ベトナムでのM&Aの特徴と代表的な課題について解説します。(本記事は2022年に公開した内容を再構成しています。)比較的に小粒である、ベトナムM&A案件ベトナムのM&A市場は、ここ数年は年間平均300件程度で推移、Out-Inが全体投資額の約6~7割を占め、その中で日本からの投資件数はトップクラスです(2018年:22件、2019年:33件、2020年:23件)。興味深いことに、1件当

「買収・クロスボーダーM&A・子会社・連結」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年4月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

月別M&Aニュース

注目ニュースワード