M&Aニュース

野村総合研究所の豪グループ会社Planit、ニュージーランドQual IT Solutionsを完全⼦会社化

株式会社野村総合研究所(4307、NRI)のグループ会社Planit Test Management Solutions Pty Ltd(オーストラリア・シドニー、Planit)は、Qual IT Solutions Limited(ニュージーランド・ウェリントン、Qual IT)の発⾏済全株式を取得し、完全⼦会社化した。

NRIは、情報サービス企業。コンサルティング、金融ITソリューション、産業ITソリューション、IT基盤サービスを提供している。

Planitは、情報システムテストに関わる実⾏⽀援、テスト戦略・計画やテスト効率化に関するコンサルティング、テスト⾃動化の⽀援、トレーニングなどを行っている。

Qual ITは、情報システムの構築・運⽤に関わるテストの実⾏⽀援、テスト⾃動化の⽀援、テスト戦略・計画やテスト効率化に関するコンサルティングなどを行っている。

本件M&Aは、既存事業を軸にした拡⼤とM&Aを通じて海外⼦会社の成⻑を図る、NRIのグローバル戦略の一環。NRIは、⺠間企業を中⼼とした顧客基盤を持つPlanitと、政府や公共事業体中⼼の顧客基盤を持つQual ITの⼀体運営を通じて、ニュージーランドのITテスティング市場での存在感を⾼めていく。

システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界のM&A・事業承継の動向はこちら

野村総合研究所に関連するM&Aニュース

野村総合研究所の豪州グループ会社がVelrada Capitalの全株式取得、完全子会社化

株式会社野村総合研究所(4307、NRI)のグループ会社ASGGroupLimited(オーストラリア・西オーストラリア州、ASG)は、VelradaCapital社(オーストラリア・西オーストラリア州、Velrada)の発行済全株式を取得し、完全子会社化した。NRIは、セキュリティサービス事業を展開する子会社を持ち、コンサルティングに強みを持つシステムインテグレーター。グループ会社ASGは、オー

ラック、野村総合研究所と資本業務提携へ

株式会社ラック(3857)は、株式会社野村総合研究所(4307)との間で資本業務提携契約を締結することを決定した。本件に伴い、野村総合研究所を割当予定先として第三者割当の方法による新株式の発行を行うとともに、KDDI株式会社(東京都新宿区)を割当予定先として第三者割当の方法により普通株式1株につき715円で新株式の発行を行う。また、本第三者割当増資により、野村総合研究所に普通株式3,130,000

野村総合研究所、米国完全子会社を通じてConvergence Technologies, Inc.の全株式取得、子会社化へ

株式会社野村総合研究所(4307)の完全子会社であり米州における地域統括会社であるNomuraResearchInstituteHoldingsAmerica,Inc.(アメリカ・ニューヨーク、NRI-HA社)が、CoreBTS,Inc.(アメリカ・インディアナポリス、CoreBTS社)の持株会社であるConvergenceTechnologies,Inc.(アメリカ・インディアナポリス、CT社)

野村総合研究所、シドニーでITテスティング事業を展開するPlanit社の全株式取得、子会社化へ

株式会社野村総合研究所(4307)の完全⼦会社であるNomuraResearchInstituteAustraliaPtyLtd(オーストラリア・シドニー、NRI-AU社)が、PlanitTestManagementSolutionsPtyLtd(オーストラリア・シドニー、Planit社)の持株会社であるSQAHoldcoPtyLtd(オーストラリア・シドニー、SQA社)の発⾏済全株式を取得し、⼦

野村総合研究所(4307)、豪CBA銀行グループのAustralian Investment Exchange Limitedの全株式取得、子会社化

株式会社野村総合研究所(4307、NRI)は、豪州の地域統括会社であるNomuraResearchInstituteAustralia,PtyLtd(オーストラリア・シドニー)が、AustralianInvestmentExchangeLimited(オーストラリアシドニー、AUSIEX社)の全発行済株式をCommonwealthBankofAustraliaLimited(オーストラリア・シドニ

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・子会社・買収・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

M&A全般
上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

物流業3PL分野の有力企業同士のM&Aに注目西川:これまで日立物流の事例を取り上げてきましたが、今年に入って行われた物流M&A事例をもう1件紹介したいと思います。買い手は丸和運輸機関、株を売却したのがファイズホールディングス(ファイズHD)です。どちらも上場しているオーナー系の企業であり、今回TOBが用いられました。ただしTOBの後もファイズHDは上場を維持しています。【M&Aニュース】丸和運輸機

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武建設をミライトHDへ売却する背景とは?西武ホールディングスのカーブアウト事例を解説

M&A全般
西武建設をミライトHDへ売却する背景とは?西武ホールディングスのカーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

M&A全般
ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

「世の中のM&A事例をわかりやすく解説してほしい」そんな声にお応えする解説動画が、YouTubeの公式チャンネルでスタートしました。解説を行うのは、日本M&Aセンターの中でも長年業界に携わってきた、M&Aマスターの二人です。本記事では動画の内容をご紹介します。動画はこちらから西川:皆様こんにちは!日本M&Aセンター企業戦略部の西川です。どうぞよろしくお願いいたします。臼井:日本M&AセンターTOK

「株式譲渡・子会社・買収・クロスボーダーM&A」に関連する学ぶコンテンツ

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年7月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード