M&Aニュース

島津製作所、日水製薬の株式を公開買付けにより取得へ

株式会社島津製作所(7701)は、日水製薬株式会社(4550)の普通株式を、公開買付け(TOB)により取得することを決定した。
買付代金は17,633,724,556円(買付予定数10,288,054株に公開買付価格1,714円を乗じた金額)。
買付け等後における株券等所有割合は45.94%となる。残りの54.06%については、日水製薬が親会社である日本水産より自社株公開買付けを行う予定。

島津製作所は、計測機器・医用機器事・航空機器・産業機器事業などを行っている。日水製薬とはノロウイルス検出試薬キットや新型コロナウイルス検査試薬キットの販売提携など、臨床検査市場において業務提携を行ってきた。

日水製薬は、臨床診断薬・臨床診断薬事・臨床診断薬事業などを行っている。

本件により、島津製作所は、日水製薬とともに臨床検査市場における新製品の開発、日水製薬の抗体の開発・製造能力を活用した新たな試薬の製造手法確立、日水製薬のもつ細胞培養関連技術を活用した新規ソリューション開発を目指す。

・今後の予定
2022年6月下旬~2022年7月下旬 公開買付けに係る公開買付期間
2022年8月上旬~2022年9月上旬 自社株公開買付けに係る公開買付期間

業務用・産業用機械製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

島津製作所・日水製薬に関連するM&Aニュース

日水製薬(4550)、理化学製品・試薬の製造及び販売事業を展開する日本テクノサービスの第三者割当増資引受

日水製薬株式会社(4550)は、日本テクノサービス株式会社(茨城県牛久市)の第三者割当増資引受、並びに株式の取得を決定した。所有割合は、25%となる。日本テクノサービスは、理化学製品の製造及び販売を行い、ウイルス、細菌、真菌、原虫等の病原体の感染をリアルタイムPCRにて定性・定量検出できる試薬の製造及び販売事業を展開している。細胞等のマイコプラズマ感染の有無を迅速に評価できる遺伝子検出キットの開発

島津製作所(7701)、全ゲノム解析を手掛ける筑波大学発スタートアップのiLACと資本業務提携

株式会社島津製作所(7701)は、3月23日に全ゲノム解析を手掛ける筑波大学発スタートアップの株式会社iLAC(茨城県つくば市)と資本業務提携を結ぶことを決定した。島津製作所は、設立時の教育用理化学器械の製作から発展し、現在では幅広い分野で事業を展開するグローバル企業。iLACは、一人ひとりの体質や病状に合った適切な投薬や治療を個別化医療として行う「プレシジョン・メディスン」の実現を目指し、「自動

ゼリア新薬工業株式会社(4559)、日水製薬(4550)の子会社の全株式を譲り受け

ゼリア新薬工業株式会社(4559)は、日水製薬株式会社(4550)との間で、日水製薬の子会社である日水製薬医薬品販売株式会社(東京都台東区)の全株式の譲渡を受ける株式譲渡契約の締結を決定した。取得価額は、33億円。なお、本株式の譲渡は、日水製薬が2020年1月17日付「連結子会社との会社分割及び株式譲渡に関するお知らせ」にて公表した、会社分割の方法による肝臓加水分解物事業の日水製薬医薬品販売への承

島津製作所(7701)、フランスの試薬メーカーAlsachim SASを買収

島津製作所(7701)は、ドイツの現地法人ShimadzuEuropaGmbH(SEG社)を通じてフランスのAlsachimSAS(ALC社)を買収し、試薬ビジネスに本格参入した。SEG社はALC社の全株式を取得する。ALC社は、試薬メーカー。世界でも限られた企業しか製造できない、安定同位体試薬を合成・製造する技術を有する。本件M&Aにより、島津製作所は、ALC社を欧州における試薬事業の拠点に位置

千趣会(8165)、日水製薬(4550)より100%子会社ニッスイファルマ・コスメティックスの全株式取得へ

千趣会(8165)は、日水製薬(4550)の100%子会社であるニッスイファルマ・コスメティックス株式会社(山梨県北杜市)の全株式を取得することについて、日水製薬との間で基本合意書を締結した。千趣会は、通信販売事業「ベルメゾン」を中心に、女性のライフステージに合わせた様々な事業を展開している。ニッスイファルマ・コスメティックスは、化粧品製造・販売事業等を手掛けている。自然基礎化粧品ブランド「リスブ

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・TOB」に関連するコラム

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

「本当にM&Aでこんなことできるのか」 わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

広報室だより
「本当にM&Aでこんなことできるのか」  わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

多くの中小企業の経営者は会社の発展と従業員の雇用の安定を常に考えながら、一人で重責を背負い込み、先行き不安のなかで事業の舵取りを担っています。岡山市の住宅メーカー「サンオリエント」の創業者である磯﨑慎一取締役社長は2022年2月、日本有数の高級住宅街として知られる兵庫県芦屋市で成長する住宅メーカー「髙翔」のグループ入りを選びました。磯﨑社長は50代前半ながらM&Aを決断した背景にも、事業の発展と雇

「株式譲渡・TOB」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード