M&Aニュース

日本酸素HDの100%子会社 Matheson Tri-Gas, Inc.、米国食品冷凍機器メーカーの事業買収

日本酸素ホールディングス株式会社(4091)は、100%子会社であるMatheson Tri-Gas, Inc.(アメリカ、MATHESON)を通じて、Cryogenic Systems Equipment, Inc.およびCSE Parts, Inc.(以下総称して、CSE社)が保有する事業ならびに事業資産を取得した。
本件に伴い、食品加工産業向け冷凍機器の製作・メンテナンス・改修の事業と機器製作工場および関連設備(顧客へのデモ用設備などを含む)を取得する。

日本酸素HDは、産業ガス事業、エレクトロニクス事業、サーモス事業を展開している。

MATHESONは、産業用ガス・特殊ガス・関連機器の製造・販売事業を行っている。

CSE社は、米国イリノイ州の食品冷凍機器メーカーである。

本件により、日本酸素HDは、米国中西部周辺の顧客へのアクセスが改善され、また事業を組み合わせることでエンジニアリング能力の向上や新製品の開発などのシナジー効果創出を図るとともに、液化窒素、炭酸、ドライアイス、冷凍機器まで含めたトータルソリューションを提供する体制の確立を目指す。

化学製品製造(製薬・トイレタリー除く)業界のM&A・事業承継の動向はこちら

日本酸素ホールディングスに関連するM&Aニュース

大陽日酸(4091)のグループ会社大陽日酸東関東販売、日本メガケアへ医療事業を譲渡

大陽日酸(4091)のグループ会社の大陽日酸東関東販売株式会社は、日本メガケア株式会社(茨城県ひたちなか市)に医療事業を譲渡することを決定した。大陽日酸は、様々な産業ガスを利用し、鉄鋼、化学、エレクトロニクス、自動車、建設、造船、食品、医療など、多種多様な産業分野において、それぞれの企業活動の基盤をつくり、日本、米国、欧州、アジア・オセアニアなどグローバルでの積極的な事業活動を展開している。大陽日

大陽日酸(4091)、会社分割により持株会社体制へ 商号変更も

大陽日酸株式会社(4091)は、会社分割方式により持株会社体制へ移行することおよびその準備を円滑に進めるために分割準備会社を設立することを決定した。また、持株会社体制への移行に伴い、持株会社となる大陽日酸は、商号を「日本酸素ホールディングス株式会社」と変更することを決定した。大陽日酸およびグループは、グローバル化の推進を掲げ、日本、米国、欧州、アジア・オセアニアの4極体制で産業ガス事業を展開してい

大陽日酸(4091)、米国の産業ガスディストリビューターWeld Specialtyの保有事業を買収

大陽日酸(4091)は、米国100%子会社MathesonTri-Gas,Inc.を通じて、WeldSpecialtyGas&Equipment,Inc.(米国・ウィスコンシン州)及びWeldSpecialtySupplyCorp.(以下、総称してWeldSpecialty)が保有する事業並びに事業資産を取得した。大陽日酸は、進行中の中期経営計画において、グローバル化の推進を掲げている。米国におい

大陽日酸(4091)、呼吸関連医療機器取扱いのアイ・エム・アイを買収

大陽日酸(4091)は、アイ・エム・アイ株式会社(埼玉県越谷市)を買収することについて株式譲渡契約を締結した。大陽日酸は、メディカル事業における既存事業領域の拡大に向けて、アライアンス及びM&Aの検討を進めている。また、同事業において在宅医療を含む呼吸関連事業とSI及びバイオ等の先端医療事業を注力分野として積極展開している。アイ・エム・アイは、人工呼吸器を主軸とした呼吸関連医療機器、救急・集中治療

大陽日酸(4091)、Air Liquide社の米国産業ガス事業を買収

大陽日酸株式会社(4091)は、100%子会社である米国のMathesonTri-Gas,Inc.(米国ニュージャージー州、MTG社)を通じて、AirLiquide社の米国での産業ガス事業を買収する契約を締結した。MTG社は、全米の43州、200カ所以上で事業を展開しており、このうちセパレートガス事業ではフロリダ州からカリフォルニア州に跨る南部と中西部で強固な生産ネットワークを有している。2016

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・事業譲渡・買収」に関連するコラム

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

商社のM&A事情について、元商社マンが語る!成功する買い手企業の共通点とは?

M&A全般
商社のM&A事情について、元商社マンが語る!成功する買い手企業の共通点とは?

日本M&Aセンターでは毎月買い手企業の方に向けて「どのように買収を進めていけばいいのか」「買収後どのように統合作業を行っていくのか」といったテーマで「買収の参観日」というセミナーを行っています。本記事では、そのセミナーのスピンオフとしてスタートした動画の内容をお届けします。動画本編はこちらから商社の介在価値とは壷井:今回のテーマは「商社企業のM&A事情」。商社出身の当社営業、井東さんをゲストに迎え

海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&A
海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&AではM&Aの対象となりうる企業が海外に所在していることから、文化や言語、宗教にはじまり、準拠するルールや実務慣行等も日本とは異なります。すなわち、会社法や労働法、税法、会計基準、ビジネス慣習等の違いを把握したうえで、海外M&Aを検討する必要があります。そこで、今回は海外M&A、特にASEAN(東南アジア諸国連合)域内におけるM&Aを検討する上で注意すべき事項の一部を紹介したいと思います。

PMIを検討するポイントとは?買い手企業目線の留意点を解説

M&A実務
PMIを検討するポイントとは?買い手企業目線の留意点を解説

国内外のM&Aの専門家であるDr.Mが、身近なM&A事例を用いて、独自の視点でポイントをわかりやすく解説する「Dr.MのM&Aワンポイント解説」。第4回となる今回はM&Aのその先に待ち構えるPMIについてです。M&Aが具体的検討フェーズに進んだら、はじめにPMIを考えよう!—ドクター本日のテーマをお願いします。Dr.M:今回のテーマは「PMI」です。「PMI」とは、「ポスト・マージャー・インテグレ

買収には落とし穴がある?正しい知識でM&Aを進めよう

M&A全般
買収には落とし穴がある?正しい知識でM&Aを進めよう

日本M&Aセンターでは毎月買い手企業の方に向けて「どのように買収を進めていけばいいのか」「買収後どのように統合作業を行っていくのか」といったテーマで「買収の参観日」というセミナーを行っています。本記事では、そのセミナーのスピンオフとしてスタートしたYouTube動画の内容をお届けします。直近の「買収の参観日セミナー」の詳細はこちらから!ありそうでなかった⁉買い手企業向けの情報発信をスタート久力(く

グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外M&A
グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外子会社を有する会社が活用できるタックスプランニング手法のひとつ「外国子会社配当益金不算入制度」をご紹介します!(※本記事は2021年12月に執筆されました。)そのほか海外のM&A情報はこちらから海外の子会社が稼ぐ方がグループ全体の税率が下がる?日本は世界でも法人税率が高い国のひとつとして有名です。現在、日本で活動する会社のもうけに対してかかる税金の税率は中小企業の場合で約34%(法人税・地方税

「クロスボーダーM&A・事業譲渡・買収」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年6月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード