M&Aニュース

ブリヂストン、中国のグループ会社の全株式を素材・化学関連事業を展開しているLCY Chemical Corporationに売却

株式会社ブリヂストン(5108)は、普利司通(惠州)合成橡胶有限公司(中国広東省、BSRC)の全株式を、LCY Chemical Corporation(台湾、LCY)に売却することを決定した。

ブリヂストンは、コア事業(タイヤ事業)、成長事業(ソリューション事業)、多角化事業を展開している。

グループ会社のBSRCは、乗用車用タイヤ向け合成ゴムを取り扱っている。

LCYは、素材・化学関連事業をグローバルに展開している。

本件により、ブリヂストンは、素材・化学関連事業について卓越した専門性を有する企業であるLCYにBSRCを売却することで新たなシナジーが生まれ、BSRCがサステナブルに社会価値・顧客価値を創出することができると考え、本件売却に至った。

ブリヂストンに関連するM&Aニュース

ヨネックス、テニスボール事業を行うブリヂストンのタイ子会社の株式取得、子会社化へ

ヨネックス株式会社(7906)は、ブリヂストンスポーツ株式会社(東京都中央区)の子会社であるBRIDGESTONETECNIFIBRECO.,LTD.(タイ、タイ子会社)の株式を取得し、子会社化することを決定した。ヨネックスは、スポーツ用品の製造および販売、ゴルフ場の運営など事業を展開している。ブリヂストン(5108)グループのブリヂストンスポーツは、スポーツ用品の製造・販売を行っている。タイ子会

ブリヂストンの米国グループ会社、デジタルフリートソリューションプロバイダーのAzuga Holdings Inc.を買収へ

株式会社ブリヂストン(5108)の米国グループ会社であるブリヂストンアメリカスインク(アメリカ、BSAM)は、デジタルフリートソリューションプロバイダーとして北米でフリート(運送事業者)に対する運行管理サービスを行うAzugaHoldingsInc.(アメリカ、Azuga)を買収する契約を、Azugaの大株主であるSumeruEquityPartners(アメリカ)、Danlaw,Inc.(アメリ

ブリヂストン、子会社を通じてオーストラリアで鉱山車両用タイヤ事業を行うOtracoを買収

株式会社ブリヂストン(5108)のグループ会社であるブリヂストンマイニングソリューションズオーストラリアピーティーワイリミテッドは、鉱山車両用タイヤ(ORタイヤ)のソリューションプロバイダーであるOtracoInternationalPtyLtd(オーストラリア・西オーストラリア州、Otraco)をDownerEDILimitedより買収する契約を締結した。取得価額は、約66億円。ブリヂストンは、

ブリヂストンの米国グループ会社、子会社FSBP社をスイスの建設資材メーカーに売却へ

株式会社ブリヂストン(5108)の米国グループ会社であるブリヂストンアメリカスインク(BSAM)は、同社の子会社であるファイアストンビルディングプロダクツカンパニーエルエルシー(アメリカ・テネシー州、FSBP)を、スイスの建設資材メーカーであるLafargeHolcimLtd(スイス)に売却することを同社と合意した。売却価額は、企業価値34億米ドルにFSBPの運転資本等に係る調整を行う。ブリヂスト

ブリヂストン(5108)欧州子会社のBridgestone Europe NV/SA、ドイツ南部でタイヤ販売等を行うREIFF Reifen und Autotechnik GmbHを買収

株式会社ブリヂストン(5108)の欧州子会社BridgestoneEuropeNV/SA(ベルギー王国ブリュッセル、BSEMIA)は、ドイツ南部でタイヤ販売を含む自動車関連サービスを提供しているREIFFReifenundAutotechnikGmbH(ドイツロイトリンゲン、REIFF社)を買収する最終契約を締結した。ブリヂストンおよびグループは、欧州市場では、過去4年間に英国、フランス、ドイツ、

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・株式譲渡・選択と集中」に関連するコラム

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

シンガポール進出4年目を迎えて

海外M&A
シンガポール進出4年目を迎えて

日本M&Aセンターの初のASEAN海外拠点として、2016年4月にシンガポールに事務所を開設した。以来3年間の活動で得たシンガポールのM&A動向について記したい。ASEANにおけるM&A件数推移下の図を参照いただきたい。近年のアジアにおけるIn-Outの件数推移である。2018年はシンガポール企業の買収が53件と、最も多い。単年に限ったことではなく、ここ5年ほどはASEANのM&Aにおいて最も日本

ASEAN地域におけるM&A事例紹介

海外M&A
ASEAN地域におけるM&A事例紹介

日本M&Aセンター海外支援室は、日本企業のアジア進出あるいは撤退の支援を第一段階として展開してきた。今や、第2段として、日本企業の現地資本企業(ローカル企業)の買収等、いわゆるIN-OUT案件を発掘、構築する段階に至っている。ここでは、第1段階の総括として、ASEAN2カ国で成約した案件、および第2段階の本格的IN-OUTの端緒となるであろう案件をご紹介する。CASE1インドネシア【背景】買手A社

2025年問題とは?迫りくる諸問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?迫りくる諸問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&A
海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&AではM&Aの対象となりうる企業が海外に所在していることから、文化や言語、宗教にはじまり、準拠するルールや実務慣行等も日本とは異なります。すなわち、会社法や労働法、税法、会計基準、ビジネス慣習等の違いを把握したうえで、海外M&Aを検討する必要があります。そこで、今回は海外M&A、特にASEAN(東南アジア諸国連合)域内におけるM&Aを検討する上で注意すべき事項の一部を紹介したいと思います。

グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外M&A
グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外子会社を有する会社が活用できるタックスプランニング手法のひとつ「外国子会社配当益金不算入制度」をご紹介します!(※本記事は2021年12月に執筆されました。)そのほか海外のM&A情報はこちらから海外の子会社が稼ぐ方がグループ全体の税率が下がる?日本は世界でも法人税率が高い国のひとつとして有名です。現在、日本で活動する会社のもうけに対してかかる税金の税率は中小企業の場合で約34%(法人税・地方税

「クロスボーダーM&A・株式譲渡・選択と集中」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年6月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード