M&Aニュース

トクヤマの子会社サン・トックス、重包装製品・段ボールの製造・販売等を行うレンゴーへ株式譲渡へ

株式会社トクヤマ(4043)は、子会社サン・トックス株式会社(東京都台東区)の株式を、サン・トックスの株式を保有するレンゴー株式会社(大阪市北区)に対して譲渡することを決定した。
トクヤマのサン・トックスの株式保有割合は80%から34%となり、レンゴーのサン・トックスの株式保有割合は、20%から66%となる。

トクヤマは、化成品部門、特殊品部門、セメント部門、ライフアメニティー部門などの製造販売事業を行っている。

サン・トックスは、プラスチックフィルムの製造販売、フィルムの2次加工品の販売を行っている。

レンゴーは、段ボールの製造・販売、板紙の製造・販売、軟包装製品、セロファンの製造・販売、重包装製品・樹脂加工品の製造・販売、包装関連機械の販売、各種機能材商品の製造・販売、不織布や紙器機械の製造・販売、運送事業などを展開している。

本件により、トクヤマは、サン・トックスのプラスチックフィルム事業の強化・発展を目指す。

・今後のスケジュール
本株式譲渡日 2020年10月1日

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・選択と集中」に関連するM&Aニュース

トクヤマ(4043)、セントラル硝子(4044)との共同設立会社の全株式取得

トクヤマ(4043)は、2014年4月にセントラル硝子(4044)と共同で設立した、トクヤマ・セントラルソーダ株式会社(東京都港区)について、セントラル硝子の保有する全株式を取得することを決定した。トクヤマ・セントラルソーダは、ソーダ灰・塩化カルシウムの共同事業会社。●今後のスケジュール株式取得時期2018年3月末

トクヤマ(4043)、マレーシア連結子会社の全株式を韓国の多結晶シリコン事業会社へ譲渡

トクヤマ(4043)は、連結子会社であるTokuyamaMalaysiaSdn.Bhd.(トクヤママレーシア)がOCICompanyLtd.(OCI、韓国)を引受先とする第三者割当による新株式発行を行うこと、および、トクヤマが保有するトクヤママレーシアの全株式をOCIに譲渡することを決定した。本件終了後、トクヤママレーシアはトクヤマの連結の範囲からはずれる。トクヤマは、トクヤママレーシアにおいて、

新コスモス電機(6824)、トクヤマ(4043)よりフィガロ技研の株式を取得、子会社化

新コスモス電機株式会社(6824)は、株式会社トクヤマ(4043)より、フィガロ技研株式会社(大阪府箕面市)の株式を取得し、子会社化することを決定した。本件株式取得に伴い、フィガロ技研の子会社であるFigaroUSA,Inc.及び費加羅傅感科技(上海)有限公司が新コスモス電機の孫会社となる。取得価額は4,329百万円、議決権所有割合は66.6%となる。フィガロ技研は、ガスセンシング技術における世界

「株式譲渡・選択と集中」に関連するコラム

大好評オンラインセミナー 買収の参観日

広報室だより
大好評オンラインセミナー 買収の参観日

日本M&Aセンターのオンラインセミナー「買収の参観日―M&Aの実現と成功のために―」(計3回)が5月より始まりました。M&Aで買い手候補となる経営者を対象にした初めてのセミナーです。毎回、配信が平日の夕方にも関わらず数百人以上が視聴し、まだ2回の配信ながら、すでに人気のコンテンツに成長しています。?買い手企業の経営者指南M&Aを検討しながら契約に至る企業と、躊躇して一歩を踏み出せない企業には考え方

With/Afterコロナ新時代!ライバルとの差を広げるレバレッジ戦略の提唱 ~危機に強い会社になるために、経営者に残された選択肢とは?!~

M&A全般
With/Afterコロナ新時代!ライバルとの差を広げるレバレッジ戦略の提唱 ~危機に強い会社になるために、経営者に残された選択肢とは?!~

【連載】With/Afterコロナにおいて上場会社グループがとるべきM&A戦略「With/Afterコロナにおいて上場会社グループがとるべきM&A戦略~リスク分散できる事業構造への抜本的改革とM&Aの活用~」と題し、全5回で連載したします。連載第2回の今回は、日本M&Aセンター企業戦略部部長西川大介より危機に強い会社になるための戦略について解説いたします。不況をライバルに差をつける機会と捉える新型

シンガポール進出4年目を迎えて

海外M&A
シンガポール進出4年目を迎えて

日本M&Aセンターの初のASEAN海外拠点として、2016年4月にシンガポールに事務所を開設した。以来3年間の活動で得たシンガポールのM&A動向について記したい。ASEANにおけるM&A件数推移下の図を参照いただきたい。近年のアジアにおけるIn-Outの件数推移である。2018年はシンガポール企業の買収が53件と、最も多い。単年に限ったことではなく、ここ5年ほどはASEANのM&Aにおいて最も日本

カーブアウトの税務

M&A実務
カーブアウトの税務

現在の日本は、いざなみ景気を超えて戦後最長の景気拡大となっているとされている。しかし、少子高齢化、人口減少、財政問題など日本の将来に対する漠然とした不安、あるいは産業構造の変化が著しいビジネス環境において、自社のビジネスポートフォリオをスピーディーに入れ替える必要性を感じている人は多い。このような背景からか、ここ数年、カーブアウトやスピンオフにより企業が選択と集中を実行することを税務面からも後押し

カーブアウトの法務

M&A法務
カーブアウトの法務

カーブアウトの法的スキーム企業グループの既存事業を見直し、選択と集中を行う場合、ノンコア事業部門を事業売却する手法は、カーブアウト(又はスピンアウト)と称され、数多くの活用事例がある。ノンコア事業が100%子会社の形態で存在する場合は株式譲渡の手法によるが、企業内の事業部門である場合、以下が主要な方法である。1.事業部門を事業譲渡する2.事業部門を会社分割の方法で分割したうえでその事業部門を承継し

選択と集中(事業ポートフォリオの再構築)の効果的な進め方

M&A全般
選択と集中(事業ポートフォリオの再構築)の効果的な進め方

「選択と集中」に関する誤った認識「選択と集中」あるいは「ノンコア事業の売却」(なお、ノンコア事業部門を事業売却する手法は、カーブアウト(又はスピンアウトと称される)とは、直接的に多角化経営を否定したり、あるいは現状厳しい事業を潔く速やかに売却することを推奨したり、ということではない。あらゆる全ての企業は多角化の歴史を辿り、今日の事業ポートフォリオに至っている。経営陣は、経営資源の配分を適切に調整し

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年9月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード