M&Aニュース

トクヤマのM&Aニュース一覧

トクヤマの台湾子会社の台塑徳山精密化学、同じく台湾子会社の台湾徳亜瑪を株式交換により子会社化

株式会社トクヤマ(4043)は、2024年5月21日開催の取締役会において、連結子会社である台塑德山精密化學股份有限公司(台湾・高雄市、以下「FTAC」)を株式交換完全親会社とし、同じく連結子会社である台湾徳亞瑪股份有限公司(台湾・新竹市、以下「TTC」)を株式交換完全子会社とする株式交換契約の締結を承認する旨を決議した。本契約後、当局の許認可等を条件に、TTCをFTACの完全子会社とする。トクヤ

トクヤマ、台湾子会社の台湾徳亞瑪の株式50%を譲渡

株式会社トクヤマ(4043)は取締役会において、台湾にある完全子会社の台湾徳亞瑪股份有限公司(台湾新竹市、以下「TTC」)の株式50%を台灣塑膠工業股份有限公司(台湾高雄市、以下「FPC」)に対して譲渡する旨を決議した。トクヤマは、1918年に設立。日本の化学工業の発展とともに、セメントやさまざまな化学製品を製品群に加え、現在では最先端の半導体製造を支える電子工業用高純度薬品や放熱材料、メガネ関連

トクヤマ、完全子会社である新第一塩ビを吸収合併へ

株式会社トクヤマ(4043)は、完全子会社である新第一塩ビ株式会社(東京都千代田区)を吸収合併することを決定した。トクヤマを吸収合併存続会社とする吸収合併方式で、新第一塩ビは解散する。トクヤマは、化成品、セメント、電子材料、ライフサイエンス、環境事業各種製品の製造販売を行っている。新第一塩ビは、トクヤマ製品を原料として塩化ビニル樹脂の製造・販売を行っている。トクヤマは、組織運営の効率化を目的として

トクヤマデンタル、ドイツ子会社を完全子会社化

株式会社トクヤマ(4043)と株式会社トクヤマデンタル(東京都台東区)は、トクヤマデンタルのドイツ子会社TokuyamaDentalDeutschlandGmbH(ドイツアルテンベルゲ、以下TDDG)を、2023年4月20日付でトクヤマデンタルの100%子会社にした。トクヤマは、基礎化学品や建築関連などの化学製品を製造・販売する会社。トクヤマデンタルは、歯科医療器材の製造・輸出入・販売を行っている

トクヤマ、新第一塩ビを完全子会社化へ

株式会社トクヤマ(4043)は、連結子会社である新第一塩ビ株式会社(東京都千代田区)について、住友化学株式会社が保有する全株式14.5%を取得し、完全子会社化すると発表した。トクヤマは、化成品、セメント、電子材料、ライフサイエンス、環境事業部門の製造販売事業を行っている。新第一塩ビは、塩化ビニル樹脂の製造販売を行っている。新第一塩ビは、トクヤマの完全子会社化後、住友化学愛媛工場内にある新第一塩ビ愛

トクヤマ、セメントの仕入販売を行う連結子会社4社を合併へ

株式会社トクヤマ(4043)は、セメント・生コンクリート等の仕入販売を行う連結子会社4社を合併する。合併後の新会社名は、「トクヤマ通商株式会社」(東京都中央区)。【合併する4社】・トクヤマ通商株式会社(東京都中央区)・関西トクヤマ販売株式会社(大阪市北区)・株式会社トクショウ(福岡市中央区)・株式会社トクシン(広島市中区)トクヤマは、化成品、セメント、電子材料、ライフサイエンス、環境事業部門の製造

トクヤマの子会社サン・トックス、重包装製品・段ボールの製造・販売等を行うレンゴーへ株式譲渡へ

株式会社トクヤマ(4043)は、子会社サン・トックス株式会社(東京都台東区)の株式を、サン・トックスの株式を保有するレンゴー株式会社(大阪市北区)に対して譲渡することを決定した。トクヤマのサン・トックスの株式保有割合は80%から34%となり、レンゴーのサン・トックスの株式保有割合は、20%から66%となる。トクヤマは、化成品部門、特殊品部門、セメント部門、ライフアメニティー部門などの製造販売事業を

トクヤマ(4043)、セントラル硝子(4044)との共同設立会社の全株式取得

トクヤマ(4043)は、2014年4月にセントラル硝子(4044)と共同で設立した、トクヤマ・セントラルソーダ株式会社(東京都港区)について、セントラル硝子の保有する全株式を取得することを決定した。トクヤマ・セントラルソーダは、ソーダ灰・塩化カルシウムの共同事業会社。●今後のスケジュール株式取得時期2018年3月末

トクヤマ(4043)、マレーシア連結子会社の全株式を韓国の多結晶シリコン事業会社へ譲渡

トクヤマ(4043)は、連結子会社であるTokuyamaMalaysiaSdn.Bhd.(トクヤママレーシア)がOCICompanyLtd.(OCI、韓国)を引受先とする第三者割当による新株式発行を行うこと、および、トクヤマが保有するトクヤママレーシアの全株式をOCIに譲渡することを決定した。本件終了後、トクヤママレーシアはトクヤマの連結の範囲からはずれる。トクヤマは、トクヤママレーシアにおいて、

新コスモス電機(6824)、トクヤマ(4043)よりフィガロ技研の株式を取得、子会社化

新コスモス電機株式会社(6824)は、株式会社トクヤマ(4043)より、フィガロ技研株式会社(大阪府箕面市)の株式を取得し、子会社化することを決定した。本件株式取得に伴い、フィガロ技研の子会社であるFigaroUSA,Inc.及び費加羅傅感科技(上海)有限公司が新コスモス電機の孫会社となる。取得価額は4,329百万円、議決権所有割合は66.6%となる。フィガロ技研は、ガスセンシング技術における世界

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

月別M&Aニュース

注目ニュースワード