M&Aニュース

LINE(3938)、セプテーニHD(4293)、ピアラ(7044)、アイドルグループHKT48とNGT48を統括するSprootと資本業務提携、第三者割当増資契約締結へ

LINE株式会社エンターテイメントカンパニー(3938、LINE)、株式会社セプテーニ・ホールディングス(4293、セプテーニHD)、株式会社ピアラ(7044)は、株式会社Sproot(東京都港区)と資本業務提携および第三者割当増資契約を締結した。

LINEは、「LINE LIVE」や「LINE MUSIC」等のデジタル領域においてアーティストとファンの出会いの場を提供している。

セプテーニHDは、株式等の保有を通じたグループ企業の統括、管理などを行っている。セプティーニグループは、インターネット広告を軸としたマーケティング支援サービスを展開する「デジタルマーケティング事業」、自社IP(知的財産)の企画・開発を目指し、マンガ家の育成・輩出、マンガ配信サービスの運営等を行う「メディアプラットフォーム事業」などを展開している。

ピアラは、独自のデータ及びテクノロジー、コンサルティングで通販企業に向けたマーケティング支援を行っている。また、800社を超える企業のマーケティングのノウハウやデータの蓄積を有しており、それを元に媒体と予算配分の最適化に取り組んでいる。

Sprootは、HKT48事業を展開する株式会社Mercury及びNGT48事業を展開する株式会社Floraの全発行済株式を保有している。両社は、日本を代表するアイドルグループであるAKB48、HKT48、NGT48を運営する株式会社AKS(現株式会社Vernalossom)が2グループを独立化させ、MercuryはHKT48事業、FloraはNGT48事業を新会社として運営している。

本提携により、Sprootが持つエンターテイメント力とデジタル領域で知見を持つ上記の3社の技術を活用し、パフォーマンスの最大化及びマーケティングの最適化を実現し、HKT48とNGT48を時代をリードするエンターテインメントグループとすることを目指す。

・今後のスケジュール
株式取得日 2020年6月30日

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。