パスコ(9232)、計測事業を行っている連結子会社Aerodata International Surveys BVの全株式を譲渡

株式会社パスコ(9232)は、連結子会社であるAerodata International Surveys BV(ベルギー・アントウェルペン、Aerodata)の全株式を譲渡することを決定した。
譲渡先は、非公開。

パスコは、航空機のほか、人工衛星、ドローン、専用車両、船舶などに搭載する各種センサー技術による多角的なリモートセンシング技術の利活用領域を拡大、社会の課題解決に資するサービス提供に注力し、利益体質の強化を進めている。

Aerodataは、主に欧州において、航空機による撮影を主体とした計測事業を行い、主な顧客である公共機関や民間企業に収集したデータの提供を行っている。

パスコは、海外事業において、各国市場の競合状況やニーズなどの市場環境と将来予測にもとづいた経営の最適化を推進する中、欧州市場での大資本企業や異業種からの参入増加による市場の再編、競争激化、さらに各種規制強化の見通しを踏まえた総合的な判断により、本件M&Aに至る。

●今後のスケジュール
契約締結日 2020年5月30日
株式譲渡実行日 2020年5月30日

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。