パスコ(9232)、航空機を主体とした撮影・計測事業を行う連結子会社Keystone Aerial Surveys,Inc.の全株式をデータ分析事業を展開しているGeomni,Inc.に譲渡

パスコ(9232)は、連結子会社であるKeystone Aerial Surveys,Inc.(米国ペンシルバニア州、Keystone)の全株式をGeomni,Inc.(米国ユタ州)に譲渡することを決定した。

パスコは、航空機のほか、人工衛星、ドローン、専用車両、船舶などに搭載する各種センサー技術による多角的なリモートセンシング技術の利活用領域を拡大、社会の課題解決に資するサービス提供に注力し、利益体質への転換を目指している。

Geomni,Inc.は、Verisk Analytics,Inc.(Nasdaq:VRSK、以下 Verisk)の傘下で、保険・金融・環境エネルギー分野向けのデータ分析事業を展開する空間情報事業会社としてVerisk グループのデータ整備、米国内で多くの航空撮影業者を統合してきた実績をもつ。

本件M&Aにより、Geomniは1963 年の設立以来、航空機を主体とした撮影および測量・計測業務を展開しているKeystoneの有する長年の事業経験と豊富なノウハウを取り入れることで、高いシナジー効果を期待している。

●今後のスケジュール
株式譲渡実行日 2019年7月31日

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。