M&Aニュース

三菱商事(8058)と中部電力(9502)、再生可能エネルギー開発事業を展開するオランダEnecoの全株式取得

三菱商事(8058)と中部電力(9502)は、Eneco社(オランダ・ロッテルダム)を買収した。
三菱商事と中部電力が共同で設立したDiamond Chubu Europe B.V.を通じて、100%の株式を約5千億円で買収した。

総合・その他専門卸業界のM&A

Enecoは、電力・ガス・熱併給の総合エネルギー事業をオランダ、ベルギー、ドイツ等で事業を展開している。再生可能エネルギー開発を積極的に進めるとともに、小売事業においてデジタル技術を活用した顧客重視のサービスを展開している。

本件M&Aにより、三菱商事と中部電力は、Enecoと双方の知見を活用しながら、人々の生活インフラを支え低炭素化社会への移行や地球環境保全といった社会課題の解決に貢献することを目指す。

この記事に関連するタグ

「クロスボーダー・子会社・株式譲渡」に関連するM&Aニュース

三菱商事、豪州で原生林再生プロジェクトを行っているAustralian Integrated Carbon社の株式取得

三菱商事株式会社(8058)は、AustralianIntegratedCarbon社(オーストラリア、エーアイカーボン社)の株式40%を取得した。三菱商事は、天然ガスグループ、総合素材グループ、石油・化学グループ、金属資源グループ、産業インフラグループ、自動車・モビリティグループ、食品産業グループ、コンシューマー産業グループ、電力ソリューショングループ、複合都市開発グループなどを行っている。エー

三菱商事、ビルや施設の中央監視システムの開発及び販売等を展開するネットワーク・コーポレーションと資本業務提携

三菱商事株式会社(8058)は、株式会社ネットワーク・コーポレーション(神奈川県横浜市、NWC)の第三者割当増資を引き受けNWC株式を取得し、資本業務提携に合意した。取得割合は、19%。三菱商事は、天然ガスグループ、総合素材グループ、石油・化学グループ、金属資源グループ、産業インフラグループ、自動車・モビリティグループ、食品産業グループ、コンシューマー産業グループ、電力ソリューショングループ、複合

綜合警備保障、福祉用具のレンタル事業を行う日本ケアサプライの株式を三菱商事より取得

綜合警備保障株式会社(2331)は、三菱商事株式会社(8058)との間で、介護・高齢者生活支援事業に関する資本業務提携に合意した。綜合警備保障は、三菱商事の子会社である株式会社日本ケアサプライ(2393、東京都港区)の株式を三菱商事から取得する。取得割合は、議決権比率32.1%。綜合警備保障は、ホームセキュリティ、パーソナルセキュリティ、ライフサポートとして盗聴器探索サービスや介護事業などの事業を

三菱商事(8058)とNTT(9432)、共同設立会社を通じ、位置情報サービスを展開するオランダのHERE Technologies社の株式取得

三菱商事株式会社(8058)と日本電信電話株式会社(9432、NTT)は、2019年に共同設立した在蘭持株会社を通じて、HERETechnologies社(オランダ・アムステルダム、HERE社)の株式取得を行った。取得割合は、30%となる。HERE社は、カーナビ用、BtoB事業者、自治体向け、デジタル地図および位置情報サービスの提供を行っている、位置情報サービス分野の世界的なリーディング企業。本件

EC支援サービス等を提供するAMS、三菱商事(8058)グループの三菱商事ロジスティクスと資本業務提携締結

株式会社AMS(東京都目黒区)は、三菱商事(8058)グループの三菱商事ロジスティクス株式会社(東京都千代田区)を、第三者割当増資の引受先として、資本業務提携契約を締結した。AMSは、大規模ECサイトの要求に応えられるEC支援サービスおよびオムニチャネルソリューションの提供を行っている。三菱商事ロジスティクスは、国際複合一貫輸送業、海上運送業、倉庫業、流通加工業、アセットファイナンス・サービス等の

綜合警備保障(2331)、三菱商事(8058)との間で、ファシリティマネジメント事業に関する資本業務提携

綜合警備保障株式会社(2331、ALSOK)は、三菱商事株式会社(8058)との間で、ファシリティマネジメント(FM)事業に関する資本業務提携に合意した。国内では、三菱商事がALSOKの連結子会社でFM事業・警備を担うALSOK双栄株式会社の株式の33.4%を取得し、海外ではシンガポールに2社合弁で三菱商事は70%、ALSOKは30%の所有割合でFM事業会社を設立し、同合弁会社を通じてタイ市場を皮

三菱商事(8058)、関連会社DGC Westmoreland, LLCの一部持分をKyuden International Westmoreland, LLCに譲渡

三菱商事(8058)は、完全子会社であるDiamondGeneratingLLC(DGLLC)が保有する連結子会社DGCWestmoreland,LLC(米国・デラウェア州、DGCWML)の持分25%をKyudenInternationalWestmoreland,LLC(米国・デラウェア州、九州電力)に譲渡することを決定した。譲渡持分数は、62,086,412米ドル、所有持分割合は、75%となる

エムティーアイ(9438)の調剤薬局ICT化事業展開の子会社ファルモ、三菱商事(8058)に第三者増資割当、資本業務提携

エムティーアイ(9438)は、連結子会社である株式会社ファルモ(東京都新宿区)がエムティーアイおよび三菱商事(8058)を割当先とする第三者割当増資を実施することを決定した。増資後の株式保有比率は、エムティーアイ55.17%、三菱商事22.41%、ファルモ代表取締役社長広井氏22.33%となる。なお、第三者割当増資のほか、広井氏から三菱商事へ普通株式300株が譲渡された。エムティーアイは、医療・ヘ

三菱商事(8058)、コメダホールディングス(3543)の第三者割当増資引き受け、業務・資本提携契約を締結

三菱商事(8058)は、コメダホールディングス(3543)と業務提携を締結した。あわせて三菱商事はコメダHDが行う第三者割当増資を引き受ける。コメダHDの調達資金額は差引手取概算で897,080,000円。コメダHDは、三菱商事に自社普通株式435,000株(議決権所有割合0.96%)を割り当てる。三菱商事は、食料品分野において、環境・安全性を重視したサステナブル・トレーサブルな食料事業や、新興消

三菱商事(8058)、在米子会社を通じて現地の食肉加工品製造販売会社を買収へ

三菱商事(8058)の在米子会社IndianaPackersCorporation(インディアナパッカーズコーポレーション、IPC、米国インディアナ州)は、SpecialtyFoodsGroup(スペシャルティフーズグループ、SFG、米国ケンタッキー州)の全株式を取得・子会社化することについて基本合意した。IPCは、肥育豚のと畜・処理事業、配合飼料製造事業、養豚事業及び食肉加工品事業を行っている。

「クロスボーダー・子会社・株式譲渡」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

日本M&AセンターはASEANにおいてシンガポールに次ぐ第二の拠点として、2019年10月にインドネシア駐在員事務所を開設しました。将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長が期待されるインドネシアのM&Aについてご紹介します。ASEANの大国・インドネシアクロスボーダーM&Aの中でも今後成長が見込まれ、注目されているASEAN。そのASEANの中で、将来の大きな成長が期待できるのが

日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

日本M&Aセンターは2020年2月、ベトナム南部の商業都市ホーチミンに海外3拠点目となるベトナム現地法人を開設しました。ASEANではインドネシア、フィリピンに次ぐ人口規模を持ち、平均年齢も若く、長期的に高い経済成長力が見込まれています。コロナ禍で世界各国がマイナス成長となるなかでも、プラス成長を記録するベトナムの経済成長力は魅力的です。安価な労働力を武器にした高い成長力首都ハノイと商業都市ホーチ

日本M&AセンターASEANレポート (1)アジアを代表する金融都市シンガポール

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (1)アジアを代表する金融都市シンガポール

中堅・中小企業のM&Aを支援し、企業の存続と発展に貢献してきた日本M&Aセンターは2016年にシンガポールに初の海外拠点を設け、本格的に海外のM&A業務を展開しています。2021年9月時点で、海外拠点はASEANの4か国(シンガポール、インドネシア、ベトナム、マレーシア)に広げ、成約数や売り手企業の案件数も増加しています。日本企業による全体のM&Aの内訳でも、2割程度が海外案件のクロスボーダーとな

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード