M&Aニュース

旭化成(3407)の子会社Sage Automotive Interiors,Inc.、米国Adient社より自動車内装ファブリック事業を買収

旭化成株式会社(3407)の子会社Sage Automotive Interiors, Inc.(米国サウスカロライナ州、Sage社)は、欧州自動車市場における事業拡大と基盤強化を目的に、Adient plc(米国ミシガン州、Adient社)の自動車内装ファブリック事業をで買収する契約を締結した。
取得価額は、約188億円。

Sage Automotive Interiors, Inc.は、米国を中心に、自動車内装材に用いる各種繊維製品の開発・製造・販売を手掛け、カーシートファブリック市場では、グローバルサプライヤー大手の一社として、自動車メーカーおよび部品メーカーに対して高いプレゼンスを有している。

Adient plcは、大手自動車シートサプライヤー。Adient社の自動車内装ファブリック事業は、欧州を中心に、グローバルに複数の拠点を有している。また、欧州の主要自動車メーカーからそのデザイン力や品質を高く評価されており、欧州のカーシートファブリック市場で有数の地位を築いている。

本件により、旭化成は、Adient社の自動車内装ファブリック事業が持つ欧州を中心としたマーケティング・生産・開発機能とSage社の事業を組み合わせることで、欧州市場の深耕拡大を図る。
また旭化成グループとしては、Sage社の地域戦略・素材戦略をグローバルに推進することを通じて、カーシートファブリックサプライヤーとしてマーケットリーダーの地位を確固たるものとし、各地域における自動車メーカーとの関係を強化、さらなるグループ全体の自動車分野における事業拡大を図る。

化学製品製造(製薬・トイレタリー除く)業界のM&A・事業承継の動向はこちら

この記事に関連するタグ

この企業に関連するM&Aニュース

旭化成グループの旭化成ホームズ、米国アリゾナ州で戸建住宅工事事業を行う3社を買収

旭化成(3407)のグループ旭化成ホームズ株式会社(東京都千代田区)は、米国子会社を通じて、AustinElectricServices,LLC、AustinConcrete&StoneLLC、AustinHVACLLC(アメリカ・アリゾナ州、以下3社をAustin社)を買収することを決定し、全持分を取得する契約を締結した。旭化成は、マテリアル領域、住宅領域、ヘルスケア領域と3つの事業領域を展開し

旭化成(3407)子会社の旭化成ホームズ、シマダリビングパートナーズと資本業務提携

旭化成(3407)の子会社旭化成ホームズ株式会社は、シマダリビングパートナーズ株式会社(東京都渋谷区)の株式を取得する契約を締結し、当該株式の取得を完了した。取得割合は、30%となる。旭化成ホームズは、将来に向けた成長の柱の一つとしてシニア事業の拡充を掲げており、特に健常期~フレイル(虚弱)期にあたるシニア層向けの安心賃貸住宅「へーベルVillage(ヴィレッジ)」の提供に注力し、2020年3月末

旭化成(3407)グループの旭化成ホームズ、米国のプレハブ建築部材メーカー・Erickson社を買収

旭化成(3407)100%子会社の旭化成ホームズ株式会社(東京都新宿区)は、米国子会社を通じてEricksonFramingOperationsLLC(米国・アリゾナ州、Erickson社)を買収することを決定し、Erickson社を100%保有するEricksonFramingHoldingsLLCとの間で契約締結した。旭化成ホームズは、戸建住宅「ヘーベルハウス」の建築請負事業を中心とする既存事

旭化成(3407)、米国の自動車内装材メーカー・セージ社を買収

旭化成(3407)は、SageAutomotiveInteriors,Inc.(米国サウスカロライナ州、セージ社)を買収することについて、セージ社を100%保有するClearlakeSageHoldings,LLC(米国デラウェア州)との間で合意した。買収価額は約791億円。旭化成は、マテリアル領域の重点分野の1つとして自動車分野向け事業の拡大を図っており、領域内横断で「自動車メーカーおよび部品メ

旭化成(3407)傘下の旭化成ホームズ、中央ビルト工業(1971)と資本業務提携、第三者割当増資引受けへ

旭化成(3407)傘下の旭化成ホームズ株式会社(東京都新宿区)と中央ビルト工業(1971)は、資本業務提携契約を締結した。旭化成ホームズは、中央ビルト工業株式を保有するアルインコ(5933)よりその一部である4,600,000株を取得し、また中央ビルト工業の第三者割当増資にて発行される普通株式3,100,000株を全額引受ける。発行済株式数に対する所有割合は32.37%となる。中央ビルト工業は、仮

「クロスボーダーM&A・株式譲渡・買収」に関連するコラム

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

M&A全般
ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

「世の中のM&A事例をわかりやすく解説してほしい」そんな声にお応えする解説動画が、YouTubeの公式チャンネルでスタートしました。解説を行うのは、日本M&Aセンターの中でも長年業界に携わってきた、M&Aマスターの二人です。本記事では動画の内容をご紹介します。動画はこちらから西川:皆様こんにちは!日本M&Aセンター企業戦略部の西川です。どうぞよろしくお願いいたします。臼井:日本M&AセンターTOK

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

ASEANの大国インドネシア、成長戦略としてのM&A

海外M&A
ASEANの大国インドネシア、成長戦略としてのM&A

日本M&Aセンターインドネシア駐在員事務所は、シンガポールに次ぐ第2の拠点として、2019年10月に開設されました。今回は将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長・市場拡大が期待されるインドネシアへのM&Aについてご紹介します。(※本記事は2021年10月に執筆されました。)新型コロナの現状この原稿を執筆しているのは2021年10月末ですが、インドネシアでは2021年6月~8月にか

M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

海外M&A
M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

日本M&Aセンターのマレーシア拠点は、新型コロナウイルスの影響が大きく出始めた2020年3月に、4番目の海外拠点として開設されました。ロックダウンや渡航制限の影響を大きく受けながらも、2021年は既に成約件数が4件となり、当社の海外拠点では年間ベースで最大の成約件数となりました。マレーシアは、日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。今回は、ASEANではシンガポールに次

「クロスボーダーM&A・株式譲渡・買収」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード