アジアゲートホールディングス(1783)、建設事業の連結子会社南野建設を吉田組に株式譲渡へ

株式会社アジアゲートホールディングス(1783)は、発行済株式の100%を保有する連結子会社である南野建設株式会社(大阪府枚方市)の発行済株式の全てを株式会社吉田組(兵庫県姫路市)に譲渡することに関して基本合意書を締結した。

アジアゲートホールディングスグループは、自社および事業子会社を通じて、建設事業、リアルエステート事業、ゴルフ・リゾート事業を展開している。子会社の南野建設は、建設事業を行っており、土木工事における推進工法と呼ばれる非開削工法で、独自のNUC工法により都市インフラの整備事業を運営している。

建設事業は、安定した収益を生む一方で、業容拡大には熟練技術者の増強が必要であり、人材育成には相当の時間を要するため、拡大余力と成長スピードの観点から、リアルエステートアジアゲートHDグループの他事業とのシナジーによるレバレッジの期待などを総合的に検討。今後は、リアルエステート事業及びゴルフ・リゾート事業にリソースを集中させ成長を目指す。

●今後のスケジュール
株式譲渡契約締結 2020年3月10日
株式譲渡実行 2020年3月中旬

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。