M&Aニュース

エコモット(3987)、暖房設備機器メンテナンス事業展開のストークの全株式取得、子会社化

更新日:

エコモット(3987)は、株式会社ストーク(札幌市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。

エコモットは、IoTインテグレーション事業を展開している。事業領域の拡大に向けて、シナジー効果を有する企業への出資、M&Aに積極的に取り組む方針を掲げている。提供する融雪システム遠隔監視ソリューション「ゆりもっと」について、更なる普及拡大とそれに伴うメンテナンス稼働の確保を課題としていた。

ストークは、暖房設備機器の製造、販売、メンテンナス事業を展開している。主力のメンテナンス事業においては、北海道を中心とした商業施設、公共施設、学校施設、医療・福祉施設等への導入実績を持つ。

本件M&Aにより、エコモットは、ストークが有する商業施設を中心とした顧客基盤に対する「ゆりもっと」の営業展開、ストークの暖房設備機器メンテナンスに係る稼働およびノウハウの共有等のシナジー創出を図る。また、IoTソリューションに対しても需要のあるストークの顧客基盤を獲得することで、インテグレーションソリューションの売上拡大といった副次的効果も狙う。

●今後のスケジュール
株式譲渡実行日 2019年8月30日

業務用・産業用機械製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

業務用・産業用機械製造業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、業務用・産業用機械製造業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

エコモットに関連するM&Aニュース

エコモット、連結子会社フィットをドゥーファに譲渡へ

エコモット株式会社(3987)は、連結子会社である株式会社フィット(北海道札幌市)の全株式を、株式会社ドゥーファ(北海道室蘭市)へ譲渡することを決定した。エコモットは、IoTやAIソリューションの企画や端末の製造などを行っている。フィットは、電気・電子回路設計、ソフトウェア開発、機械設計を行っている。ドゥーファは、キャリアデザイン事業、DX支援事業を行っている。エコモットは、2021年2月にフィッ

エコモット、連結子会社ゴモジーを譲渡へ

エコモット株式会社(3987)は、連結子会社である株式会社ゴモジー(北海道札幌市)の全株式を、ゴモジーの現代表取締役である花田浩二氏と他2者へ譲渡することを決定した。エコモットは、IoTやAIソリューションの企画や端末の製造などを行っている。ゴモジーは、空調・暖房設備機器の製造・販売・メンテナンス等を行っている。エコモットは、2019年8月にゴモジー(株式取得時の名称:株式会社ストーク)を連結子会

積水樹脂とエコモットが資本業務提携へ

積水樹脂株式会社(4212)とエコモット株式会社(3987)は、資本業務提携に関する基本合意を締結した。積水樹脂は、道路標識や交通安全資材、人工芝、メッシュフェンス、梱包結束用バンド・フィルム等の製造販売を行うメーカー。エコモットは、IoTやAIソリューションの企画や端末の製造などを行っている。本提携により、積水樹脂が培ってきたノウハウと、エコモットの持つAI/IoT技術を組み合わせ、デジタルを活

エコモット、北海道大学発ベンチャーのティ・アイ・エルへ出資、資本業務提携契約締結

エコモット株式会社(北海道札幌市)は、ティ・アイ・エル株式会社(東京都千代田区、TIL)へ出資し、資本業務提携契約を締結した。エコモットは、IoTソリューションの企画、およびこれに付随する端末製造、通信インフラ、アプリケーション開発、クラウドサービスの運用・保守に関する業務を行っている。TILは、北海道大学発ベンチャーとして設立され、IoT・AIを用いたソリューション研究・企画・開発を行っている。

エコモット、電気・電子設計及び機械設計・ソフトウェア開発のフィットの全株式取得、子会社化へ

エコモット株式会社(3987)は、株式会社フィット(北海道札幌市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。エコモットは、IoTインテグレーション事業を展開している。マルチクラウドに対応可能な技術力とクラウドアプリケーションベンダーとのパートナーシップにより、IoTを課題解決ツールとして提供している。フィットは、電子機器類の設計・製造・販売、各種機械器具の設計・製作及び販売、電子部品及び電子機

この記事に関連するタグ

「子会社・株式譲渡」に関連するコラム

関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

広報室だより
関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

2022年11月下旬に大阪市内で開催された関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip2022」(主催:株式会社ニューズピックス)で、株式会社日本M&Aセンターの渡部恒郎がトークセッションに登壇しました。当日の模様を紹介します。(写真左から)株式会社日本M&Aセンター取締役渡部恒郎氏、株式会社スマートメディア代表取締役成井五久実氏、株式会社USEN-NEXTHOLDINGS執行役員/事業

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

関連会社とは?関係会社・子会社との違いや、メリットなど解説

経営・ビジネス
関連会社とは?関係会社・子会社との違いや、メリットなど解説

関連会社に該当するかどうかは、議決権の割合によって定められています。本記事では関係会社や子会社との違いも含め、関連会社の概要についてご紹介します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら関連会社とは?関連会社とは、親会社が議決権の20%以上を所有し「経営方針の決定に重要な影響を与えること

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

「子会社・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード