M&Aニュース

2019年8月23日のM&Aニュース一覧

四電工(1939)、高知の設備工事会社・関西設備の全株式取得、子会社化

四電工(1939)は、株式会社関西設備(高知市)の全株式を取得し、子会社化した。四電工は、中期経営指針に基づき100億円規模の成長投資枠を設定し、総合設備企業としての基盤強化を進めている。関西設備は、高知県内において空調設備工事、給排水・衛生設備工事等を手掛ける老舗企業。四電工完全子会社の株式会社高知クリエイトも同様の事業を営み、関西設備と施工協力などを行っていた。本件M&Aにより、四電工は、営業

アズーム(3496)、ライナフより貸会議室WEB予約システム「スマート会議室」の運営事業を譲り受けへ

アズーム(3496)は、株式会社ライナフ(東京都千代田区)が展開する貸会議室運営サポートをおこなうWEB予約システム「スマート会議室」の運営に関する事業を譲り受けることを決定した。アズームは、不動産×ITを軸に、主に空き駐車スペースの活用を起点にして、遊休不動産の活用を事業として進めている。ライナフは、スマートロックなど、不動産管理向けシステムおよびアプリの開発、不動産活用サイトの運営・不動産管理

ジャパンベストレスキューシステム(2453)、家賃債務保証事業展開のCasa(7196)の株式を公開買付け

ジャパンベストレスキューシステム(2453)は、Casa(7196)の株式の買付けを行うことを決定した。議決権所有割合は10.57%となる。ジャパンベストレスキューシステムは、Casa筆頭株主であるアント・カタライザー4号投資事業有限責任組合及びCatalyzerPartnersIV,L.P.から株式の買付けを実施する。ジャパンベストレスキューシステムは、緊急トラブル解決サービスや会員サービスを展

ビジネス・ブレークスルー(2464)、ITマネジメント分野の教育サービス提供会社・IT プレナーズジャパン・アジアパシフィックと資本・事業提携

ビジネス・ブレークスルー(2464)は、株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック(東京都千代⽥区、ITPJ)と資本・事業提携した。ビジネス・ブレークスルーは、ITPJの全株式をオランダのITpreneursNederlandB.Vから取得した。BBTグループは、1歳から経営トップまであらゆる年齢層に対し生涯に渡るリカレント教育を提供している。ITPJは、ITマネジメント領域における企業向

三井住友フィナンシャルグループ (8316)、英国の資産運用会社TT Internationalの全事業譲受

三井住友フィナンシャルグループ(8316、SMBCグループ)は、TTInternational(イギリス、TTI)の各パートナーとの間で、TTIの全事業を取得することで合意した。SMBCグループは、資産運用事業を現中期経営計画における戦略事業領域の一つに定め、強化している。また海外の資産運用会社との提携・出資・買収等を通じて、運用力の強化と投資家の開拓を進めている。TTInternationalは

日本ヒューム(5262)、コンクリートパイル製造・施工の連結子会社NHCT社の一部持分を現地企業へ譲渡

日本ヒューム(5262)は、連結子会社であるNIPPONHUMECONCRETE(THAILAND)CO.,LTD.(タイ・バンコク、NHCT社)の持分の一部のBANGPA-INCONCRETEPILECO.,LTD.(タイ・アユタヤ)への譲渡を決定した。日本ヒュームは、タイ建設市場におけるコンクリートパイルの供給を目的にNHCT社を設立した。タイでは、都市機能の向上を目指した現地資本による建設投

三光マーケティングフーズ(2762)、エスフーズと資本提携、第三者割当新株式発行

三光マーケティングフーズ(2762)は、エスフーズ株式会社(兵庫県西宮市)と資本提携契約の締結及びエスフーズに対する第三者割当による新株式の発行を行うことを決定した。三光マーケティングフーズは、第三者割当増資により割当予定先に対して、普通株式1,422,900株を割り当てる。三光マーケティングフーズの調達資金の総額は手取り概算額で510,089,800円。三光マーケティングフーズは、「アカマル屋」

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード