M&Aニュース

三井住友フィナンシャルグループ (8316)、英国の資産運用会社TT Internationalの全事業譲受

三井住友フィナンシャルグループ(8316、SMBCグループ)は、TT International(イギリス、TTI)の各パートナーとの間で、TTIの全事業を取得することで合意した。

SMBC グループは、資産運用事業を現中期経営計画における戦略事業領域の一つに定め、強化している。また海外の資産運用会社との提携・出資・買収等を通じて、運用力の強化と投資家の開拓を進めている。

TT Internationalは、英国を本拠とする資産運用会社。

本件M&Aにより、SMBCグループは、アジア・中国等、新興国株式運用に強みを持ち、欧米アジア各地域の年金投資家等を幅広くカバーするTTIを足掛かりに、海外資産運用事業の拡大を目指す。

●今後のスケジュール
取得完了 2019年度中

銀行等業界のM&A・事業承継の動向はこちら

この記事に関連するタグ

この企業に関連するM&Aニュース

三井住友フィナンシャルグループ、インドのノンバンクFullerton India Credit Company Limitedの持分取得へ

株式会社三井住友フィナンシャルグループ(8316、SMFG)は、シンガポール共和国の投資会社Temasekの100%出資投資子会社であるFullertonFinancialHoldingsPte.Ltg.(シンガポール、FFH)から、インド共和国におけるFFHの100%出資先ノンバンクFullertonIndiaCreditCompanyLimited(インド、FullertonIndia)の持分

SMBCグループ、病院アプリ「MyHospital」運営のプラスメディを連結子会社化

株式会社三井住友フィナンシャルグループ(8316、SMBCグループ)は、株式会社プラスメディ(東京都新宿区)を連結子会社化することを決定した。SMBCグループは、銀行、その他銀行法により子会社とすることができる会社の経営管理およびこれに附帯する業務、また銀行法により銀行持株会社が行うことができる業務を行っている。プラスメディは、PHR事業、病院アプリ「MyHospital」事業、ヘルスケア事業、医

三井住友フィナンシャルグループ、イギリスの資産運用会社ロンドンAIM社と資本業務提携

株式会社三井住友フィナンシャルグループ(8316、SMBCグループ)は、AffirmativeInvestmentManagementPartnersLimited(イギリス・ロンドン、AIM社)との間で資本業務提携に関する契約を締結した。SMBCグループは、銀行、その他銀行法により子会社とすることができる会社の経営管理およびこれに附帯する業務、また、銀行法により銀行持株会社が行うことができる業務

SBIホールディングス(8473)と三井住友フィナンシャルグループ(8316)、資本業務提携へ

SBIホールディングス株式会社(8473、SBIHD)および株式会社SBI証券(東京都港区)と株式会社三井住友フィナンシャルグループ(8316、SMBCグループ)、株式会社三井住友銀行(東京都千代田区)およびSMBC日興証券株式会社(東京都千代田区)は、SBIグループとSMBCグループの資本業務提携に関し基本合意書を締結した。本提携により、SBIHDとSMBCグループは、デジタル領域及び対面領域を

三井住友フィナンシャルグループ(8316)の子会社、三井住友ファイナンス&リースとロジスティクス・テクノロジーサービスのシーオス、業務資本提携

三井住友フィナンシャルグループ(8316)の子会社、三井住友ファイナンス&リース株式会社(東京都千代田区、SMFL)とシーオス(東京都渋谷区)は、ロジスティクス分野における顧客の開拓、新たなサービスやソリューションの開発を目的に業務資本提携した。SMFLは、総合リース会社として広範な顧客基盤を有しており、多様な金融サービスを提供し、AI、IoTなどのデジタライゼーションを活用したより付加価値の高い

三井住友フィナンシャルグループ(8316)傘下の三井住友カード、Showcase Gigと資本業務提携

株式会社三井住友フィナンシャルグループ(8316)傘下の三井住友カード株式会社は、農業ベンチャーの株式会社ShowcaseGig(東京都港区)と、モバイル決済ソリューションおよびFinTech分野を共同開発・推進していくため、ShowcaseGigと資本・業務提携契約を締結した。ShowcaseGigは、オムニチャネル・モバイル決済ソリューション領域において多くの実績とノウハウを有しており、スマー

GMOインターネット(9449)、決済事業で三井住友フィナンシャルグループ(8316)と資本業務提携

GMOインターネット株式会社(9449)と、連結子会社であるGMOペイメントゲートウェイ株式会社(3769)、株式会社三井住友フィナンシャルグループ(8316)及び株式会社三井住友銀行は、4社間で資本・業務提携契約を締結した。また、GMOインターネットと三井住友銀行は、GMOペイメントゲートウェイが第三者割当増資において発行する新株式の引受けを行うことを決定した。GMOペイメントゲートウェイの調達

「クロスボーダーM&A・事業譲渡」に関連するコラム

ASEANの大国インドネシア、成長戦略としてのM&A

海外M&A
ASEANの大国インドネシア、成長戦略としてのM&A

日本M&Aセンターインドネシア駐在員事務所は、シンガポールに次ぐ第2の拠点として、2019年10月に開設されました。今回は将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長・市場拡大が期待されるインドネシアへのM&Aについてご紹介します。(※本記事は2021年10月に執筆されました。)新型コロナの現状この原稿を執筆しているのは2021年10月末ですが、インドネシアでは2021年6月~8月にか

M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

海外M&A
M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

日本M&Aセンターのマレーシア拠点は、新型コロナウイルスの影響が大きく出始めた2020年3月に、4番目の海外拠点として開設されました。ロックダウンや渡航制限の影響を大きく受けながらも、2021年は既に成約件数が4件となり、当社の海外拠点では年間ベースで最大の成約件数となりました。マレーシアは、日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。今回は、ASEANではシンガポールに次

東南アジアM&A最前線:シンガポールから

海外M&A
東南アジアM&A最前線:シンガポールから

日本M&Aセンターは2016年、シンガポールに初めての海外拠点を設けました。当初は、私が立上げ部隊として1人でスーツケース1つだけで現地に移住し、ゼロからの中堅・中小M&Aビジネスを開拓していきました。おかげさまで現地でも我々のサービスは受け入れられ、実績を積み上げ事業も拡大し、現在は10人ほどのメンバーで活動をしております。今回は、そんなシンガポールの中堅・中小M&A最新事情を現場の視点でお送り

過渡期にある中所得国の罠「タイ王国」

海外M&A
過渡期にある中所得国の罠「タイ王国」

まずタイ王国における2月初旬時点での新型コロナの感染状況は、感染者数は増加傾向(※)にありますが、タイ政府は新型コロナとの共存へ舵を切り始めました。※2022年2月執筆時の情報中所得国の罠とは中所得国の罠(Middle-IncomeTrap)は2007年に世界銀行のレポートである「東アジアのルネッサンス」(AnEastAsianRenaissance-IdeasforEconomicGrowth)

時代は変わりつつある、タイのM&A

海外M&A
時代は変わりつつある、タイのM&A

多くの方が旅行で訪れたことがあるであろうタイ王国。欧米列強が東南アジアに攻め込んでいた時代、独立を守り抜いた唯一の国でもある。そのような歴史のあるタイでのM&Aはどうなのか?数字には表れていないM&A現場をお伝えします。2021年11月、タイ王国駐在員事務所を新規開設2021年11月8日、日本M&AセンターはASEAN地域5か国目の新拠点としてタイ王国駐在員事務所を開設しました。日系企業によるAS

「子供には好きなことをやってほしい」M&A成約式で家族の想いも引き継いだ人気洋菓子店プラチノ

広報室だより
「子供には好きなことをやってほしい」M&A成約式で家族の想いも引き継いだ人気洋菓子店プラチノ

中小企業の経営者の多くは、会社の行く末、従業員の雇用や働き方など、重たい責任を一人で背負い孤独に戦っています。その孤独な闘いを支えるのが家族です。東京都世田谷区で地域に密着した洋菓子店2店舗を経営する有限会社プラチノの代表取締役田勢克也氏は、25歳でプラチノを設立し32年間先頭に立って会社経営を行ってきました。そして、設立32年目を迎える2022年4月11日、製菓メーカー株式会社ホワイエに譲渡しま

「クロスボーダーM&A・事業譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード