M&Aニュース

SMBCグループと住友商事グループ、インドネシア持分法適用会社2社の資本再編を発表

更新日:

株式会社三井住友フィナンシャルグループ(8316、以下グループを総称して「SMBCグループ」)、株式会社三井住友銀行(東京都千代田区)及び住友商事株式会社(8053、以下グループを総称して「住友商事グループ」)は、三井住友銀行及び住友商事グループが、持分法適用会社であるPT Oto Multiartha(インドネシア、以下「OTO」)及びPT Summit Oto Finance(インドネシア、以下「SOF」)(以下「OTOグループ」)のそれぞれの株式を関係当局からの許認可等を前提として、三井住友銀行傘下のPT Bank BTPN Tbk(インドネシア、以下「BTPN」)に売却し、資本再編を行う。

PT Oto Multiarthaは、自動車の販売金融業を行う。

PT Summit Oto Finance は、自動二輪車の販売金融業を行う。

本再編により、OTOグループ各社の出資比率は、関係当局の必要な手続きや株式の異動などを経て以下の通りとなる。
・BTPN  51.0パーセント
・住友商事グループ 34.0パーセント
・PT. Sinar Mas Multiartha Tbk社 15.0パーセント

SMBCグループ及び住友商事グループは、OTOグループをインドネシアにおけるマルチファイナンス分野での共同事業と位置づけており、両グループでOTOグループの今後の計画や運営等の協議を重ねた結果、本再編への合意に至った。

両グループは本再編を通じ、更なる拡大が見込まれる同国の四輪・二輪販売金融市場の成長を取り込むとともに、EV化・脱炭素社会への移行に向けて、それぞれが有する知見とネットワークを相互に活用することで、BTPNとOTOグループの経営基盤の更なる強化を図り、持続的な拡大・成長戦略の実現を目指す。

銀行等業界のM&A・事業承継の動向はこちら

三井住友フィナンシャルグループに関連するM&Aニュース

三井住友フィナンシャルグループ、資産運用ビジネスの日興グローバルラップを子会社化へ

株式会社三井住友フィナンシャルグループ(8316、SMBCグループ)は、三井住友DSアセットマネジメント株式会社が保有する日興グローバルラップ株式会社(東京都港区)の全株式を取得することとした。本再編により、日興グローバルラップはSMBCグループの直接子会社となる。再編の実行は、2023年9月29日を予定している。SMBCグループは、銀行、リース、証券、クレジットカード、コンシューマーファイナンス

ライフネット生命保険、SMFG及び三井住友カードと資本業務提携へ

ライフネット生命保険株式会社(7157)は、株式会社三井住友フィナンシャルグループ(8316、以下SMFG)および三井住友カード株式会社(東京都江東区/大阪府大阪市)との資本業務提携を決定した。ならびに、公募による新株式発行、auフィナンシャルホールディングス株式会社(東京都中央区)および三井住友カードを割当先とする第三者割当増資による新株式発行と、ライフネット生命保険株式の売出しも併せて決定した

三井住友カード、SMBCモビットと合併

三井住友カード株式会社(東京都江東区)と、株式会社SMBCモビット(東京都新宿区)は、2023年7月1日付で、三井住友カードを存続会社として合併した。三井住友カードは、クレジットカード業務、デビットカード・プリペイドカード・その他決済業務、ローン業務、保証業務等を行っている。SMBCモビットは、キャッシングやカードローンを取り扱っている。両社合併後の社名は「三井住友カード」となり、「SMBCモビッ

三井住友銀行、米サーキュラーエコノミーファンドClosed Loop Circular Plastics Fundへ出資

株式会社三井住友フィナンシャルグループ(8316、以下SMBCグループ)傘下の、株式会社三井住友銀行(東京都千代田区)は、米国のClosedLoopCircularPlasticsFund(以下CPF)と出資金額10百万ドルの出資契約を締結した。CPFは、サーキュラーエコノミー※に特化した投資会社であるClosedLooppartners,LLC(米国ニューヨーク州、以下CLP)が管理・運営するフ

三井住友とNEC、ブリースコーポレーションとNCoreを合併へ

三井住友フィナンシャルグループ(8316、SMFG)と日本電気株式会社(6701、NEC)は、株式会社ブリースコーポレーション(東京都港区)とNCore株式会社(東京都千代田区)を合併する。合併後の社名は株式会社BPORTUS(ビーポータス)とし、2023年7月1日に合併を予定している。SMFGは、メガバンクの一角で、銀行業務を中心に、クレジットカード業務、リース業務、情報サービス業務、証券業務な

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A
タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

日本M&Aセンターホールディングスは、このたびタイに現地法人「NihonM&ACenter(Thailand)Co.,LTD」を設立し、2024年1月23日より営業を開始いたしました。今回は、タイにおけるクロスボーダーM&Aの可能性や、今注目すべき領域はどこか?について、タイを拠点に活動するM&Aプレイヤーの視点よりお届けします。タイのクロスボーダーM&A市場動向と2024年の注目ポイントタイにお

2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

海外M&A
2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

日本M&Aセンターの海外事業部でインドネシアのクロスボーダーM&Aを担当している徳永です。世界4位の人口があり、これからさらに成長を遂げることが予想される成長市場のインドネシアにおけるクロスボーダーM&Aについて、その魅力と併せてM&Aにおける難しさについて紹介します。インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力まずはインドネシアで現地企業をクロスボーダーM&Aで譲受けするメリットについて書いてみた

2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

海外M&A
2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

こんにちは。日本M&Aセンター海外事業部の亀井です。本コラムでは、2024年の製造業におけるクロスボーダーM&Aの課題やトレンド、今後狙うべき戦略について紹介します。海外拠点を既にもつ製造業の課題まず、日系企業の海外拠点での販売・調達・生産の課題を考えてみたいと思います。ジェトロの「海外進出日系企業実態調査」によると、多くの海外進出企業が販売先の見直しを検討しており、特に現地市場向けの販売強化を目

ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A
ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

こんにちは、日本M&Aセンター海外事業部の松原です。ベトナムを中心にクロスボーダー案件を担当しております。2023年は日越国交関係樹立50周年の節目となる年で、政治や経済、文化などの分野において友好関係がさらに発展した1年でした。日越間のこの記念すべき1年について、企業の究極的な友好関係であるM&Aの視点から振り返ります。後半では2024年の展望にも触れていきます。2023年ベトナム経済振り返り日

2024年 物流・運送業界のクロスボーダーM&A

海外M&A
2024年 物流・運送業界のクロスボーダーM&A

こんにちは、日本M&Aセンター海外事業部の杉木です。東南アジアを中心としたクロスボーダーM&Aをお手伝いさせていただいています。本コラムでは、物流・運送業界におけるクロスボーダーM&Aの2024年の展望について、ご紹介していきます。「海外・クロスボーダーM&A」って、ハードルが高いと感じていませんか?日本M&Aセンターは、海外進出・撤退・移転などをご検討の企業さまを、海外クロスボーダーM&Aでご支

シンガポール投資における2024年のキーワード

海外M&A
シンガポール投資における2024年のキーワード

日本M&Aセンター海外事業部にて東南アジアを中心に、クロスボーダー案件を担当している長谷川です。今年、20年ぶりの首相交代を控えるシンガポール。本コラムでは、2024年のシンガポール投資を考えるうえで注目したいキーワードについてお話ししていきます。「海外・クロスボーダーM&A」って、ハードルが高いと感じていませんか?日本M&Aセンターは、海外進出・撤退・移転などをご検討の企業さまを、海外クロスボー

「株式譲渡・クロスボーダーM&A」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード