M&Aニュース

東宝の米子会社、映画・テレビスタジオの米CJ ENM FIFTH SEASON LLCと資本業務提携

更新日:

東宝株式会社(9602)は、子会社(孫会社)であるToho International, Inc.(以下「Toho International」)が、韓国を代表する大手エンタテインメント企業CJ ENM Co., Ltd.(以下「CJ ENM」)の子会社CJ ENM USA Holdings LLCと、世界的なエンタテインメント企業Endeavor Group Holdings, Inc.(以下「Endeavor」)の子会社IMG Worldwide Content, LLCがそれぞれ出資する、米国における映画・テレビスタジオCJ ENM FIFTH SEASON LLC (以下「FIFTH SEASON」)との間で資本業務提携を行うことを決定した。

Toho International, Inc. は、ライセンス事業、Eコマース事業を行う。

FIFTH SEASONは、TVシリーズ事業 、映画事業、ドキュメンタリー事業、 配給事業を行う。

本提携によって、東宝グループとFIFTH SEASONとの間において、実写コンテンツを共同で開発・製作する体制が確立され、東宝グループは、FIFTH SEASONが有している制作スタジオや動画配信プラットフォーム等とのネットワークを介し、これまで単独では成し得なかったグローバル市場に向けた大型作品の製作や、当社保有の企画・IPを含む日本コンテンツを世界展開する機会を獲得する。

また、FIFTH SEASONとの協業を通じて、東宝グループの実写コンテンツの企画開発力や制作のクオリティが世界水準にまで高められるとともに、日本から世界で活躍するプロデューサーやクリエイター、俳優が輩出されることを期待する。
東宝グループは、日本及び世界の市場に向けて当社グループが提供するコンテンツの幅を広げるとともに、活動の拠点を拡大し、世界規模のエンタテインメント企業としてTOHOのブランド価値向上と飛躍的な成長を図る。

なお、本提携を契機に、当社グループとCJ ENMとの間において、コンテンツの共同開発・共同製作、双方が保有するIPの相互利用やリメイク版製作を含む協業の可能性について検討を開始する。

レジャー・アミューズメント業界のM&A・事業承継の動向はこちら

レジャー・アミューズメント業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、レジャー・アミューズメント業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

東宝に関連するM&Aニュース

東宝、フィルム現像・映像制作・編集の東京現像所を吸収合併

東宝株式会社(9602)は、連結子会社である株式会社東京現像所(東京都調布市)を吸収合併することを決議した。東宝を存続会社とする吸収合併方式で、東京現像所は解散する。東宝は、映画の製作・配給及び映像の製作・販売、演劇の製作・興行、不動産の賃貸等を行う。東京現像所は、フィルムの現像、映像の制作・編集を行う。東宝が株式の100%を保有する連結子会社だが、DCP事業の終了により持続的な経営を継続すること

東宝、東京楽天地をTOBで完全子会社化へ

東宝株式会社(9602)は、完全子会社とすることを目的とし、株式会社東京楽天地(8842)の普通株式を公開買付け(TOB)により取得することを決定した。公開買付価格は1株当たり6,720円。買付代金は23,250,024,000円。東宝は、1932年8月に株式会社東京宝塚劇場として設立。東宝映画の合併、社名変更を経てて映画の製作・配給・興行、演劇の製作・興行を中心とした幅広い事業を展開している。東

東宝舞台、コンサート用舞台装置のエイシン工芸を子会社化

東宝株式会社(9602)の連結子会社である東宝舞台株式会社(埼玉県さいたま市)は、有限会社エイシン工芸(埼玉県越谷市)の発行済全株式を取得し子会社化した。東宝舞台は、舞台・テレビ美術・衣裳のデザイン・製作を行っている。エイシン工芸は、主にコンサート用舞台装置の製造を営み、特に軽量鉄骨・アルミの加工に強みを持つ。東宝舞台は、エイシン工芸の子会社化によって、事業拡大と経営基盤の強化を図る。

東宝、ガイエを子会社化へ

東宝株式会社(9602)は、株式会社ガイエ(東京都千代田区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。東宝は、映画、演劇、不動産経営の事業を行っている。ガイエは、映画等のデジタル・プロモーション、PR、広告展開、サイト制作を行っている。本件M&Aにより東宝は、各事業領域において「デジタル」を活用した様々なシナジーが見込む。・今後の予定株式譲渡実行日2023年8月1日

東宝、会社分割により国際事業を新設会社に承継へ

東宝株式会社(9602)は、新たにTOHOGlobal株式会社(東京都千代田区)を設立し、会社分割(簡易吸収分割)により、東宝の国際部が営む事業をTOHOGlobalに承継させることを決定した。東宝を分割会社とし、東宝の完全子会社であるTOHOGlobalを承継会社とする吸収分割方式。分割する事業は、国際事業。本吸収分割に際し、TOHOGlobalは普通株式800株を発行し、その全てを分割対価とし

この記事に関連するタグ

「資本業務提携・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

広報室だより
インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

焼き菓子や珍味類の製造販売を行う銀の汐や、高級米菓の製造販売を行う三州製菓などをグループに持つミクシオホールディングス株式会社(本社:広島県呉市)が、インドネシアの上場会社で多くのヒット製品を持つ菓子メーカー「TAYSBAKERS」との資本業務提携を締結し、「TAYSBAKERS」の主力商品である“TRICKS”の日本独占輸入販売権を取得しました。2023年10月24日(火)に、両社が日本M&Aセ

タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A
タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

日本M&Aセンターホールディングスは、このたびタイに現地法人「NihonM&ACenter(Thailand)Co.,LTD」を設立し、2024年1月23日より営業を開始いたしました。今回は、タイにおけるクロスボーダーM&Aの可能性や、今注目すべき領域はどこか?について、タイを拠点に活動するM&Aプレイヤーの視点よりお届けします。タイのクロスボーダーM&A市場動向と2024年の注目ポイントタイにお

2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

海外M&A
2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

日本M&Aセンターの海外事業部でインドネシアのクロスボーダーM&Aを担当している徳永です。世界4位の人口があり、これからさらに成長を遂げることが予想される成長市場のインドネシアにおけるクロスボーダーM&Aについて、その魅力と併せてM&Aにおける難しさについて紹介します。インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力まずはインドネシアで現地企業をクロスボーダーM&Aで譲受けするメリットについて書いてみた

2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

海外M&A
2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

こんにちは。日本M&Aセンター海外事業部の亀井です。本コラムでは、2024年の製造業におけるクロスボーダーM&Aの課題やトレンド、今後狙うべき戦略について紹介します。海外拠点を既にもつ製造業の課題まず、日系企業の海外拠点での販売・調達・生産の課題を考えてみたいと思います。ジェトロの「海外進出日系企業実態調査」によると、多くの海外進出企業が販売先の見直しを検討しており、特に現地市場向けの販売強化を目

ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A
ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

こんにちは、日本M&Aセンター海外事業部の松原です。ベトナムを中心にクロスボーダー案件を担当しております。2023年は日越国交関係樹立50周年の節目となる年で、政治や経済、文化などの分野において友好関係がさらに発展した1年でした。日越間のこの記念すべき1年について、企業の究極的な友好関係であるM&Aの視点から振り返ります。後半では2024年の展望にも触れていきます。2023年ベトナム経済振り返り日

2024年 物流・運送業界のクロスボーダーM&A

海外M&A
2024年 物流・運送業界のクロスボーダーM&A

こんにちは、日本M&Aセンター海外事業部の杉木です。東南アジアを中心としたクロスボーダーM&Aをお手伝いさせていただいています。本コラムでは、物流・運送業界におけるクロスボーダーM&Aの2024年の展望について、ご紹介していきます。「海外・クロスボーダーM&A」って、ハードルが高いと感じていませんか?日本M&Aセンターは、海外進出・撤退・移転などをご検討の企業さまを、海外クロスボーダーM&Aでご支

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード