M&Aニュース

芙蓉総合リース(8424)、米国の独立系大手リース会社Pacific Rim Capitalの一部株式取得、持分法適用関連会社化

芙蓉総合リース(8424)は、Pacific Rim Capital,Inc.(米国カリフォルニア州、PRC社)の株式の一部を取得し、持分法適用関連会社化した。

芙蓉総合リースは、進行中の中期経営計画において「海外」を戦略分野の一つとして位置付けており、非日系リース会社への出資や提携により、事業領域の拡大を進めている。

PRC社は、米国の独立系大手リース会社。主に米国、メキシコ、カナダでマテリアルハンドリング機器のオペレーティングリース事業を行っている。芙蓉総合リースとは長年の取引関係にあった。

本件M&Aにより、芙蓉総合リースは、自社が北米エリアで有する日系顧客基盤とPRC社のマッチングを進めることで、PRC社の成長を加速させるとともに、PRC社が持つノウハウを活用することで、北米エリアにおける安定した収益基盤を構築し、海外事業に対する取り組みを一層強化する。

證券・投資・その他金融業界のM&A・事業承継の動向はこちら

芙蓉総合リースに関連するM&Aニュース

芙蓉総合リース、日本風洞製作所と資本業務協定締結

芙蓉総合リース株式会社(8424)は、株式会社日本風洞製作所(福岡県久留米市)が実施する第三者割当増資を引き受け、同社の事業展開をサポートする資本業務協定を締結した。芙蓉総合リースは、総合リース会社。情報関連機器、事務用機器、産業機械、工作機械、商業用店舗設備、医療機器、船舶/航空機/車両並びに輸送用機器、建築土木機械などのリースを行っている。日本風洞製作所は、風洞試験装置※「AeroOptimシ

芙蓉総合リース、PLIC Corp., Ltd.Ltd.の株式取得

芙蓉総合リース株式会社(8424)は、タイの物流ソリューション会社であるPLICCorp.,Ltd.Ltd.(タイ、PLIC社)の株式を取得し、持分法適用関連会社化することを決定した。取得割合は、49%となる。芙蓉総合リースは、日本の大手総合リース会社。PLIC社は、フォークリフト事業およびマシナリー事業を行っている。予防的メンテナンスを軸とするフォークリフトレンタルに加え、自動倉庫システムの導入

芙蓉総合リース(8424)、インフラ点検ロボット開発展開のハイボットと資本業務協定締結へ

芙蓉総合リース株式会社(8424)は、株式会社ハイボット(東京都品川区)の第三者割当増資を引き受け、資本業務協定を締結した。芙蓉総合リースは、情報関連機器など設備や機器のリース及び割賦販売業務、金融業務、不動産リース、各種コンサルタント業務などを展開している。ハイボットは、東京工業大学発のベンチャーとして2004年にスタートしたロボティクス企業。今後、点検ロボット&AIデータプラットフォーム「Hi

芙蓉総合リース(8424)、ヤマトHD(9064)の子会社でトラック流通サポートサービス会社の株式取得、子会社化

芙蓉総合リース株式会社(8424、芙蓉GL)とヤマトホールディングス株式会社(9064、ヤマトHD)は、ヤマトHDの完全子会社であるヤマトリース株式会社(東京都豊島区)の発行済普通株式を芙蓉GLに譲渡し、芙蓉GLとヤマトHDの共同事業とすることについて合意し、株式譲渡契約を締結した。取得価額は、約36億円。取得割合は、60%となる。芙蓉GLは、総合リース会社として、提案型のソリューションビジネスを

芙蓉総合リース(8424)、DBJと共同でBPOサービス会社・インボイスの全株式取得、連結子会社化

芙蓉総合リース(8424)は、株式会社日本政策投資銀行(DBJ)と共同で、LSF8InvoiceHoldingsSCA(ベルギー)及び一般社団法人ジーアイ(東京都千代田区)(以下、総称して「LSF」)より、株式会社インボイス(東京都港区)の発行済全株式を保有する合同会社ジーアイ・ホールディングス(東京都千代田区)の株式会社への組織変更後、ジーアイHDの発行済普通全株式を取得し、インボイスと併せて連

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・持分法適用関連会社化・株式譲渡」に関連するコラム

何故二重帳簿が存在するのか?ベトナムM&Aの問題編(1)

海外M&A
何故二重帳簿が存在するのか?ベトナムM&Aの問題編(1)

Xinchào(シンチャオ:こんにちは)!3月中旬以降、ベトナム政府はWithコロナ政策に切り替え、国境が正常化するとともに、ホーチミン市内で外国人を見かける機会も増えてきたベトナムです。雨期前のホーチミンは少々暑いですが、日本で重度の花粉症で苦しんできた私にとってはこの時期は天国です。※本記事は2022年4月に執筆されました。何故、二重帳簿がベトナムに存在するのか?いきなり超ヘビー級のトピックで

インドネシアM&Aの財務・税務・法務面のポイント

海外M&A
インドネシアM&Aの財務・税務・法務面のポイント

こんにちは、ジャカルタの安丸です。インドネシアでは一か月間のラマダン(断食)が間もなく終了し、レバラン(断食明けの祝日)がまもなく開始となります。今年は政府の意向もあり、有給休暇取得奨励と合わせ、何と10連休となる見込みです。ジャカルタからはコロナ禍に移動を自粛されていた多数の方が、今年こそはとご家族の待つ故郷へ帰省される光景が見られます。4月初旬よりコロナ禍以前のように、ビザなし渡航が解禁され、

マレーシアのM&A事情や女性の働き方は?現地M&Aコンサルタントにインタビュー!

広報室だより
マレーシアのM&A事情や女性の働き方は?現地M&Aコンサルタントにインタビュー!

日本M&Aセンターでは、クロスボーダーM&Aの支援強化に向けて、ASEAN地域に拠点を設けています。今回は、マレーシア現地法人NihonM&ACenterMalaysiaSdn.Bhd.で&Aコンサルタントとして活躍するDaphnieOngさんに、入社の経緯や今後の目標をインタビューしました!プロフィールダフィニーオンさん(写真中央)2020年2月入社。M&Aコンサルタントとして日本とマレーシアの

上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

M&A全般
上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

物流業3PL分野の有力企業同士のM&Aに注目西川:これまで日立物流の事例を取り上げてきましたが、今年に入って行われた物流M&A事例をもう1件紹介したいと思います。買い手は丸和運輸機関、株を売却したのがファイズホールディングス(ファイズHD)です。どちらも上場しているオーナー系の企業であり、今回TOBが用いられました。ただしTOBの後もファイズHDは上場を維持しています。【M&Aニュース】丸和運輸機

クロスボーダーM&Aを実行できる会社とそうでない会社

海外M&A
クロスボーダーM&Aを実行できる会社とそうでない会社

私は日本M&Aセンター海外事業部のIn-Out推進課に所属しており、主な業務は日本国内の譲受企業に対してASEAN地域の譲渡案件のご提案、アドバイザリー業務を主に行っています。日々多くの日本企業オーナーや、役員、経営企画部、国際部などクロスボーダーM&Aに係る方々と接する中で感じたことを今回はご紹介したいと思います。※本記事は2022年3月に執筆されました。クロスボーダーM&Aが実行できる会社とは

2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

「クロスボーダーM&A・持分法適用関連会社化・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2019年1月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード