M&Aニュース

芙蓉総合リース(8424)、ドンキホーテHD(7532)の金融子会社アクリーティブ(8423)株式を公開買付け

芙蓉総合リース(8424)は、ドンキホーテホールディングス(7532)の連結子会社であるアクリーティブ(8423)の普通株式を、金融商品取引法に基づく公開買付け(TOB)により取得することを決定した。

證券・投資・その他金融業界のM&A

本件はアクリーティブの連結子会社化を企図する一方、同社の上場は維持される方針。買付価格は1株520円。買付予定数は21,859,000株(議決権所有割合51.00%)。応募株券等の数の合計が買付予定数に満たない場合には、応募株券等の全部の買付け等を行わない。

本公開買付けの実施にあたり、芙蓉総合リースは、ドンキホーテHD(アクリーティブ普通株式の所有割合は49.17%)との間で応募契約書を締結しており、ドンキホーテHDは、所有株式のうち16,287,100株(所有割合38.00%)を応募する旨合意している。

芙蓉総合リースは、情報機器、航空機、建物などのリース・割賦販売に加え、ファイナンス、投資商品の組成・募集、太陽光発電など幅広い業務を行う総合リース会社。

アクリーティブは、平成21年にドンキホーテHDと業務・資本提携し、以来売掛債権の早期買取や融資等の金融サービスを行うアセットビジネス事業と支払い業務やレジオペレーション業務等のアウトソーシングを行うソリューション事業を主軸に持続的に成長を続けてきた。

ドンキホーテHDは、今後のアクリーティブの企業価値向上には、金融業に関するノウハウ・専門性を有する新たな親会社のもとでの成長戦略の構築が有効であると判断した。

本件により、芙蓉総合リースは、アクリーティブとの連携を深め、自社グループの幅広い顧客基盤やネットワーク、金融人材、ノウハウと、アクリーティブの金融商品のラインアップを融合し、シナジーを創出していく。

●今後のスケジュール
届出当初の買付け等の期間 平成28年12月15日から平成29年1月19日

この記事に関連するタグ

「TOB」に関連するM&Aニュース

芙蓉総合リース(8424)、インフラ点検ロボット開発展開のハイボットと資本業務協定締結へ

芙蓉総合リース株式会社(8424)は、株式会社ハイボット(東京都品川区)の第三者割当増資を引き受け、資本業務協定を締結した。芙蓉総合リースは、情報関連機器など設備や機器のリース及び割賦販売業務、金融業務、不動産リース、各種コンサルタント業務などを展開している。ハイボットは、東京工業大学発のベンチャーとして2004年にスタートしたロボティクス企業。今後、点検ロボット&AIデータプラットフォーム「Hi

芙蓉総合リース(8424)、ヤマトHD(9064)の子会社でトラック流通サポートサービス会社の株式取得、子会社化

芙蓉総合リース株式会社(8424、芙蓉GL)とヤマトホールディングス株式会社(9064、ヤマトHD)は、ヤマトHDの完全子会社であるヤマトリース株式会社(東京都豊島区)の発行済普通株式を芙蓉GLに譲渡し、芙蓉GLとヤマトHDの共同事業とすることについて合意し、株式譲渡契約を締結した。取得価額は、約36億円。取得割合は、60%となる。芙蓉GLは、総合リース会社として、提案型のソリューションビジネスを

芙蓉総合リース(8424)、米国の独立系大手リース会社Pacific Rim Capitalの一部株式取得、持分法適用関連会社化

芙蓉総合リース(8424)は、PacificRimCapital,Inc.(米国カリフォルニア州、PRC社)の株式の一部を取得し、持分法適用関連会社化した。芙蓉総合リースは、進行中の中期経営計画において「海外」を戦略分野の一つとして位置付けており、非日系リース会社への出資や提携により、事業領域の拡大を進めている。PRC社は、米国の独立系大手リース会社。主に米国、メキシコ、カナダでマテリアルハンドリ

芙蓉総合リース(8424)、DBJと共同でBPOサービス会社・インボイスの全株式取得、連結子会社化

芙蓉総合リース(8424)は、株式会社日本政策投資銀行(DBJ)と共同で、LSF8InvoiceHoldingsSCA(ベルギー)及び一般社団法人ジーアイ(東京都千代田区)(以下、総称して「LSF」)より、株式会社インボイス(東京都港区)の発行済全株式を保有する合同会社ジーアイ・ホールディングス(東京都千代田区)の株式会社への組織変更後、ジーアイHDの発行済普通全株式を取得し、インボイスと併せて連

芙蓉総合リース(8424)、カナダのピックアップトラックリース会社に出資の丸紅(8002)子会社の株式取得

芙蓉総合リース(8424)は、丸紅(8002)の子会社であるMarubeniAutoInvestment(CANADA)Inc.(カナダ・バンクーバー、MAICA)の株式の一部を取得し、持分法適用関連会社化することを決定した。議決権所有割合は50.0%となる。MAICAは、カナダでピックアップトラックのレンタル・リース事業を行うTDFGroupInc.(カナダ・アルバータ州、TDF)に100%出資

「TOB」に関連するコラム

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス
敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

経営・ビジネス
TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

本記事ではTOBについて、概要およびメリット・デメリット、対処法について解説します。TOB(株式公開買付)とは?TOBとは、“Take-OverBid”の略で、「株式公開買付」と呼ばれるM&Aの手法の一つです。譲受側(買い手)が事前に買付期間・買取株数・価格を公告して、買収対象の企業の株式を既に保有している不特定多数の株主に対して、株式の買付を呼びかけます。通常の取引市場での買付と異なり、TOBは

上場企業オーナー経営者の主要株式の売却について

M&A全般
上場企業オーナー経営者の主要株式の売却について

上場企業オーナー経営者の企業承継のためには、非上場企業とは異なる金融商品取引法(以下、「金商法」という)に基づき、株式公開買付け(TOB)によることが殆ど不可欠である。発行済み株式の3分の1超の株式の売買を伴うケースでは、オーナー経営者が予め特定の買受人(以下、「承継予定者」という)と相対で株式を売却する場合でも、TOBによることが金商法上必要になる。そこで、検討すべき実務上のポイントを、以下に説

<FUTURE特別対談>調剤薬局業界(患者/病院/薬局/地域)の将来を考えた末、 戦略的な経営統合を決断した両経営トップ

M&A全般
<FUTURE特別対談>調剤薬局業界(患者/病院/薬局/地域)の将来を考えた末、 戦略的な経営統合を決断した両経営トップ

現在、在宅の推進や点数誘導をはじめ、調剤薬局を取り巻く環境が大きく変わりつつある。本対談では、メディカルシステムネットワーク(以下「メディシス社」という)とトータル・メディカルサービス(以下「トータルメディ社」という)の先のM&Aについて、田尻稲雄社長と大野繁樹社長の両当事者に、実情と経緯、そしてM&Aの有効性について語ってもらった。(インタビュー:日本M&Aセンター企業戦略部西川大介)新事業展開

調剤薬局業界におけるM&A事例

M&A全般
調剤薬局業界におけるM&A事例

メディカルシステムネットワークとトータル・メディカルサービス両社の概要とM&Aの背景株式会社メディカルシステムネットワーク(以下、「メディシス社」という)は、札幌を本社とする調剤薬局事業を中核とする企業である。1999年創業と比較的若い企業であるが、282店舗を有する業界の準大手で東証一部に上場している。拠点である北海道では109店舗を有し圧倒的なドミナントエリアを形成しているとともに、関東や関西

プレミアム分析 会計・税務の観点から -イオンによるダイエーの子会社化-

M&A実務
プレミアム分析 会計・税務の観点から -イオンによるダイエーの子会社化-

本公開買付けは、公表日時点において市場株価がTOB価格を上回る価格となっている。上場会社であれば、客観的な株価指標として市場株価が形成されているが、かかる市場株価を下回る価格でのTOB価格となっていることが本公開買付けの特徴と言える。かかる点を踏まえ、以下でプレミアム分析を行う。プレミアム分析本公開買付けの買付価格270円は、本公開買付けの実施について公表した日の前営業日である2013年3月26日

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2016年12月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード