芙蓉総合リース(8424)、ドンキホーテHD(7532)の金融子会社アクリーティブ(8423)株式を公開買付け

芙蓉総合リース(8424)は、ドンキホーテホールディングス(7532)の連結子会社であるアクリーティブ(8423)の普通株式を、金融商品取引法に基づく公開買付け(TOB)により取得することを決定した。

證券・投資・その他金融業界のM&A

本件はアクリーティブの連結子会社化を企図する一方、同社の上場は維持される方針。買付価格は1株520円。買付予定数は21,859,000株(議決権所有割合51.00%)。応募株券等の数の合計が買付予定数に満たない場合には、応募株券等の全部の買付け等を行わない。

本公開買付けの実施にあたり、芙蓉総合リースは、ドンキホーテHD(アクリーティブ普通株式の所有割合は49.17%)との間で応募契約書を締結しており、ドンキホーテHDは、所有株式のうち16,287,100株(所有割合38.00%)を応募する旨合意している。

芙蓉総合リースは、情報機器、航空機、建物などのリース・割賦販売に加え、ファイナンス、投資商品の組成・募集、太陽光発電など幅広い業務を行う総合リース会社。

アクリーティブは、平成21年にドンキホーテHDと業務・資本提携し、以来売掛債権の早期買取や融資等の金融サービスを行うアセットビジネス事業と支払い業務やレジオペレーション業務等のアウトソーシングを行うソリューション事業を主軸に持続的に成長を続けてきた。

ドンキホーテHDは、今後のアクリーティブの企業価値向上には、金融業に関するノウハウ・専門性を有する新たな親会社のもとでの成長戦略の構築が有効であると判断した。

本件により、芙蓉総合リースは、アクリーティブとの連携を深め、自社グループの幅広い顧客基盤やネットワーク、金融人材、ノウハウと、アクリーティブの金融商品のラインアップを融合し、シナジーを創出していく。

●今後のスケジュール
届出当初の買付け等の期間 平成28年12月15日から平成29年1月19日

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。