M&Aニュース

2016年12月6日のM&Aニュース一覧

綜合警備保障(2331)、日立製作所(6501)100%子会社の日立セキュリティサービスを子会社化

綜合警備保障(2331)は、日立製作所(6501)との間で同社の100%子会社である株式会社日立セキュリティサービス(東京都千代田区)の株式90%を取得することを決定し、契約を締結した。本件後、日立セキュリティサービスは社名を変更する予定。綜合警備保障は、機械警備・常駐警備・警備輸送等の警備サービスを日本全国各地にて24時間365日体制で提供している。日立セキュリティサービスは、主に日立グループ内

綜合警備保障(2331)、テルウェル東日本の警備事業を会社分割により新設会社へ承継

綜合警備保障(2331)は、NTTグループのテルウェル東日本株式会社(東京都渋谷区)との間で、綜合警備保障が新設する会社ALSOK-TW東日本株式会社(東京都)(予定)にテルウェル東日本の警備事業を会社分割により承継する契約を締結した。新設会社に対する出資比率は、綜合警備保障80%、テルウェル東日本20%となる。綜合警備保障は、本分割の対価として現金および新設会社株式500株をテルウェル東日本に対

フューチャー(4722)、横河電機(6841)傘下の製造業向けITソリューション事業会社ワイ・ディー・シーを子会社化

フューチャー(4722)は、横河電機(6841)から株式会社ワイ・ディー・シー(東京都府中市)株式の一部を取得することを決定し、株式譲渡契約を締結した。本件により、ワイ・ディー・シーはフューチャーの特定子会社となる。取得価額は2,025百万円。議決権所有割合は75%となる。また、フューチャーは横河電機以外の株主が保有するワイ・ディー・シー株式の全部または一部についても本件と同時に取得する予定。最大

ジーンテクノサイエンス(4584)、化学素材メーカーJSR(4185)と資本業務提携、第三者割当新株式発行

ノーリツ鋼機(7744)傘下のジーンテクノサイエンス(4584)は、JSR(4185)との資本業務提携および同社を割当予定先とする第三者割当による新株式発行を決定した。ジーンテクノサイエンスは、第三者割当増資により、普通株式343,407株(第三者割当後の総議決権数に対する割合3.66%)をJSRに割り当てる。JSRによる払込金額の総額は500,000,592円。ジーンテクノサイエンスの調達資金の

ユニー・ファミリーマートHD(8028)、上海の総合小売事業子会社を譲渡

ユニー・ファミリーマートホールディングス(8028)は、保有するUNY(CaymanIslands)HoldingCo.,Ltd.(UNY)の全株式を聯志投資有限公司(所在地:香港)に譲渡することを決定した。本件により、UNYおよび同社子会社の優友(上海)商貿有限公司(所在地:上海)は、ユニー・ファミリーマートHDの子会社から除外される。UNYは持株会社で、子会社である優友において総合小売事業を手

日本創発グループ(7814)、マーケティング、セールスプロモーションを手掛けるダンホールディングスを子会社化

日本創発グループ(7814)は、株式会社ダンホールディングス(東京都中央区)の全株式を取得することを決定した。取得価額は583百万円。日本創発グループは、クリエイティブサービス事業を営み、汎用的な一般情報用紙への印刷のみならず、特殊素材・立体物への印刷、ノベルティ・フィギュア・3Dプリンター造形、デジタルコンテンツなどのクリエイティブ提案を含めたソリューションの提供を行っている。ダンホールディング

インターアクション(7725)、再生可能エネルギー事業展開の連結子会社BIJを譲渡

インターアクション(7725)は、連結子会社である株式会社BIJ(東京都渋谷区)の全株式を譲渡することを決定した。本件により、BIJはインターアクションの連結の範囲から除外される。譲渡価額は312百万円。インターアクションは、株主価値向上を目指し、投下資本利益率(ROIC)が加重平均資本コスト(WACC)を下回る事業について、縮小撤退を検討する経営方針を定めている。BIJでは、太陽光発電関連製品の

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2016年12月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード