M&Aニュース

キリン堂HD(3194)、連結子会社BEAUNETにより化粧品製造ジャパン ゲートウェイと資本業務提携

株式会社キリン堂ホールディングス(3194)は、連結子会社であるBEAUNET CORPORATION LTD(香港)が株式会社ジャパン ゲートウェイ(東京都千代田区)との資本・業務提携を行うことを承認した。
ジャパンゲートウェイは、BEAUNETが実施する第三者割当増資を全額引受け、加えて、キリン堂HD代表取締役 寺西忠幸氏が保有する株式を譲受し、所有割合は2.0%となる。

ドラッグストア業界のM&A

BEAUNETは、中国子会社(キリン堂HDの孫会社)にて日本化粧品を多角的に扱い日本の化粧品メーカーの中国市場アクセスのプラットホーム化を事業コンセプトとしている。

ジャパンゲートウェイは、シャンプーなどのヘアケア製品、ボディウォッシュなどのボディケア製品の販売を主力とする化粧品系メーカーであり、レヴールをはじめとして、メルサボン、リガオス、アンヴィ、チョイス、ヴォルーテなどのブランドを保有している。中でもレヴール(Reveur)は、キリン堂HD連結子会社である株式会社キリン堂が出店する中国消費者向け越境EC モール「天猫国際」における圧倒的な人気商品。

キリン堂HDは、ジャパンゲートウェイが中国リアル店舗向けに事業展開を行うに際し、日本化粧品を多角的に取扱い、且つ、幅広く小売事業者との取引を有するBEAUNET のネットワークを活用することで、両社の更なる事業規模の拡大・企業価値の向上に寄与することを目指す。

●今後の予定
第三者割当増資の払込日及び株式譲渡日 平成28年4月28日

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。