コラム

中小企業白書から読み解くM&A

広報室だより

⽬次

[表示]

中小企業の現状や動向を調査・分析する中小企業白書。毎年、閣議決定後に公表される白書は中小企業にとってバイブルとなっています。2021年版では、M&Aが大きなトピックスになりました。コロナ禍の対応策が特集された第2部「危機を乗り越える力」の中で、「事業承継を通じた企業の成長・発展とM&Aによる経営資源の有効活用」が章立てされています。M&Aにおける意識調査や統計資料にはじまり、実際にM&Aを実施した企業事例と効果検証などが50ページ以上にわたり解説されています。第2部末尾では「事業承継は、企業が更に成長するための転換点と言える。M&Aもまた買い手・売り手双方にとって企業の成長につながる機会と言える。事業承継やM&Aを通じて、これまで企業が培ってきた経営資源を有効活用し、我が国の中小企業が更なる成長・発展を遂げることを期待―」と結ばれています。コラムでは中小企業白書で示されたM&Aのポイントを中心に解説します。

中小企業白書表紙

経営者にとってM&Aは身近な存在に

M&A件数は公表ベースで2012年から増加傾向が続いています。コロナ禍で2020年こそ前年を下回ったものの、2018年以降は年間4,000件前後で推移しています。同様に全国の事業承継・引継ぎ支援センターへの相談数と成約件数も年々増加しており、M&Aの認知度と関心度が高まっています。東京商工リサーチ「中小企業の財務・経営及び事業承継に関するアンケート」では、3割近い中小企業の経営者がM&Aの意向を示し、そのうち8割以上が買い手として希望している意識調査もあります。

マッチングにおける考え方の違い

買い手と売り手の希望先には若干の違いがあります。M&Aで希望する相手先企業の業種について買い手は、半数以上が同業種を希望し、業種関連ありを含めると9割を占めます。一方で売り手は異業種が半数近くを占めます。希望する相手先の所在地では、売り手意向の半数近くが国内全域を選択肢に入れる一方で、買い手意向を見ると同一都道府県または近隣希望が7割以上と違いが表れています。ただ相手企業の探し方では、ともに金融機関に依頼することが最も多く、次に専門仲介機関への依頼が続きました。M&A仲介最大手の日本M&Aセンターが成約した2020年度の成約実績では、買い手が希望する同一都道府県かつ同業種のマッチングは全体の1割程度しかなく、他都道府県エリアかつ異業種が3分の1程度を占めたことから、マッチングが買い手意向よりも売り手の意向に近い結果となっていることが分かります。一般的に買い手は成長戦略のため、売り手は後継者不在による事業承継を目的とすることが多い傾向があります。M&Aを決断した中小企業の事例も多く紹介されています。経営者が自ら相手探しをしたケース、事業承継・引継ぎ支援センター経由で後継者を見つけた社長、取引先の地域金融機関に打診した事例などM&Aの形は十人十色でそれぞれに道が広がっています。

数字に表れるM&Aの効果

M&Aが企業を成長させる根拠がデータに表れています。東京商工リサーチがまとめた「企業情報ファイル再編加工」によると、M&A実施企業と非実施企業を比べた場合、売上高成長率(中央値)と営業利益成長率(同)のいずれもM&A実施企業が非実施企業を上回る数字が出ています。特に営業利益成長率では非実施企業の中央値がマイナスとなるなか、M&A実施企業はプラス成長で大きな違いがありました。結果的にM&A実施の有無と売上高成長率、営業利益成長率との間には相関関係があり、M&Aが営業利益率の向上に大きく貢献している可能性があると紹介されています。

M&Aで危機を乗り越える

事業承継やM&Aを行い、新たな取り組みにチャレンジする中小企業が数多くあります。事業承継は企業の成長と発展のためにも重要です。事業承継の手段であるM&Aのイメージも改善し、多くの中小企業の経営者がM&Aの道を選んでいます。会社の明るい未来を築き、コロナ禍という昨今の危機を乗り越える力として、M&Aが今注目されています。

2021年版「中小企業白書」はこちら

この記事に関連するタグ

「事業譲渡・M&A」に関連するコラム

M&A仲介に表明保証保険を自動付帯する日本初の取り組み 東京海上日動火災保険と業務提携

広報室だより
M&A仲介に表明保証保険を自動付帯する日本初の取り組み 東京海上日動火災保険と業務提携

「審査・保険料負担なし」の日本初の自動付帯型M&A仲介保険が誕生しました。日本M&Aセンターは損保最大手の東京海上日動火災保険(以下、東京海上日動)と2021年10月29日に業務提携を結び、中堅・中小企業の経営者が安心してM&Aをご検討いただける保険サービスの提供を始めます。日本M&Aセンターが仲介する全てのM&A案件に適用され、当社負担で東京海上日動に保険料を支払うため、譲渡・譲受企業は審査不要

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

観光業のコロナ禍における経営意識調査

調査データ
観光業のコロナ禍における経営意識調査

日本M&Aセンターは、2021年4月に観光業の経営層98名を対象に、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う観光業界(ホテル・旅館)の経営実態とM&Aに関する意識調査を実施しました。意識調査の結果、8割を超える観光業経営者がコロナ禍の影響を受け、売り上げが減少したと回答しました。また、そのうち5割近くが売り上げ改善のために「何もすることができない」と回答。今回のコロナ禍による人の移動の制限や自粛、渡航制

鹿児島放送が事業承継・M&Aセミナーを開催 M&Aによる事業承継について解説

事業承継
鹿児島放送が事業承継・M&Aセミナーを開催 M&Aによる事業承継について解説

鹿児島県のテレビ局KKB鹿児島放送は2021年12月23日、地元の経営者向けに事業承継とM&Aを解説するセミナー「事業承継・M&Aセミナー鹿児島企業の10年先の経営を考える」を開催しました。県内で高まる後継者不在率と休廃業数に対する解決策の一つである事業承継型M&Aをテーマにしたセミナーには約百人が参加しました。セミナーに先立って「ニッポンには、跡継ぎが足りない」と題した特別番組も放送され、M&A

2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

広報室だより
2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

2021年のM&A件数は2020年に比べて14.7%増加し、4,280件(レコフデータ調べ)と2019年の4,088件を上回り、過去最多を記録しました。大きな要因は、コロナ禍によるM&Aの後倒しと金融緩和が考えられます。右肩上がりだったM&A件数は2020年こそ2019年に比べてM&A件数は減少しましたが、延期されていた案件が21年に成約した例も少なくありませんでした。世界中でM&A件数が増加して

イグジットとは?その方法やメリット・注意点について徹底解説 !

経営・ビジネス
イグジットとは?その方法やメリット・注意点について徹底解説 !

ビジネスやファンドの世界では、これまでに投下した資本を回収することをイグジット(Exit:出口)といいます。スタートアップやベンチャーなどの企業では、「いつ」「どれくらいの資金を」「どのように回収するのか」を策定するイグジット戦略は、ビジネスをスタートするために必要な資金を集めるうえで最も重要な事項の1つです。企業の創業者にはおもに2種類のイグジットがあり、そのどちらを選択するのかによって、そのた

「事業譲渡・M&A」に関連する学ぶコンテンツ

「事業譲渡・M&A」に関連するM&Aニュース

NTT西日本アセット・プランニング、APハローズ津 インドア・テニススクールをテニスラウンジへ事業譲渡へ

株式会社NTT西日本アセット・プランニング(大阪府大阪市、NTT西日本AP)は、APハローズ津インドア・テニススクールを株式会社テニスラウンジ(愛知県名古屋市)へ事業を譲渡することを決定した。NTT西日本APは、土地の有効利活用、建物の有効利活用、不動産物件の仲介、スポーツ施設運営などを行っている。テニスラウンジは、テニススクール・クラブ運営、テニスインストラクター派遣などスポーツにおける事業を展

愛三工業、デンソーからフューエルポンプモジュール事業を譲受けへ

愛三工業株式会社(7283)は、株式会社デンソー(6902)から、フューエルポンプモジュール(※)の開発・生産・販売の一連の事業を譲り受けることを決定し、事業譲渡契約を締結した。譲受価額は、持分取得を含む本事業譲受全体の対価額であり、現金決済で19,081百万円。本件に伴い、愛三工業は、KYOSANDENSOMANUFACTURINGKENTUCKY,LLC(アメリカ・ケンタッキー州、KDMK)の

ベストケアー、エムスリーグループ子会社ワイズよりヘルスケア事業譲受けへ

株式会社ベストケアー(東京都板橋区)は、株式会社ワイズ(東京都港区)から、鍼灸整骨院3店舗と通所介護事業所3店舗を譲り受けることを決定した。ベストケアーは、首都圏で居宅介護支援、訪問介護、福祉用具貸与・販売・住宅改修、障がい者支援などサービスを提供している。教育および医療福祉事業を中核事業として展開するNSGグループのひとつ。ワイズは、保険外サービス『脳梗塞リハビリセンター』運営、リハビリ支援事業

日揮HDの連結子会社、昭和電工マテリアルズよりセラミック事業を譲受けへ

日揮ホールディングス株式会社(1963)は、連結子会社でグループの機能材製造事業会社である日本ファインセラミックス株式会社(宮城県仙台市)が、昭和電工マテリアルズ株式会社(東京都千代田区)のセラミック事業を譲受けることを決定した。本件に伴い、昭和電工マテリアルズは、新設完全子会社に対し、本事業を吸収分割の方法により承継させ、新会社の全株式を日本ファインセラミックスが譲り受ける。日揮HDは、グループ

ホクリヨウ、トーチクの鶏卵生産販売事業を譲受けへ

株式会社ホクリヨウ(1384)は、株式会社トーチク(北海道札幌市)の鶏卵生産販売事業を譲受けすることを決定した。譲受価額は、現金支払にて約5億円。ホクリヨウは、北海道、東北で鶏卵の生産・販売、加工卵(液卵、温泉卵)の製造・販売を展開している。トーチクは、養鶏業を展開、道内で特徴ある鶏卵製品を製造、イセ食品株式会社を通じて販売している。本件により、ホクリヨウは、北海道における生産販売基盤の強化および

カルチュア・エンタテインメント、DASより街エンタメ事業を譲受け

カルチュア・エンタテインメント株式会社(東京都品川区、CE)は、DAS株式会社(神奈川県横浜市)より一部事業を譲り受けた。本件に伴い、街エンタメ事業である体験型謎解きイベントコンテンツ『NAZOTOWN』および謎解きイベント制作支援アプリ『gototown』に付帯する一切の関連事業を譲り受ける。CEは、映像、出版、音楽のエンターテイメント分野やライフスタイル分野の企画・製作事業を展開している。DA

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース