コラム

「成功事例として社会に語られるM&Aにしたい」 夢と未来をつなぐM&A成約式

広報室だより

⽬次

[表示]

テック企業の未来とベンチャー企業の夢が結ばれました。特許技術を誇るWEBプッシュ通知サービス「COINs」を手掛ける株式会社シグニティ(東京都台東区)とIT支援や営業代行など多角化経営で成長する株式会社Road(東京都江東区)がM&Aを締結しました。「令和を代表する企業を創る」との目標を掲げるRoadはベストベンチャー100にも選ばれており、経営者は平成生まれで若さと勢いがある企業です。テレビ局や出版社、家電量販店など大手クライアントを持つITサービス企業を譲り受けることで、さらなる事業の拡大と両社の発展が期待されます。この度の成約は日本M&Aセンターがマッチングして支援しました。

M&A成約式

新年度が間近に迫った2022年3月30日。満開の桜が華を添えた東京湾とレインボーブリッジを一望できるヒルトン東京お台場で、晴れて両社のM&A成約式が開かれました。格別な時期に絶好の場所で晴れてシグニティとRoadが契約書に調印して結ばれました。式典には両社の経営幹部ら計10人が出席しました。

シグニティのWEBマーケティングサービス「COINs」とは

シグニティの山岸辰雄代表取締役社長は「このような日を迎えられて本当にうれしい限りです。株式譲渡するに当たっていろいろな会社にお会いさせてもらいました。迷う局面もたくさんありましたが、最終的にRoadの片江社長の熱意に惹かれました。Roadと一緒になるシグニティがどんな形で成長していくか楽しみです。今後ともサポートしながら、成功を分かち合える日を願っています。本当にありがとうございました」とあいさつしました。

シグニティ代表取締役

共同経営者である河本恭一代表取締役は「我々の会社はつくった時から最終的に事業を拡大させる手段としてM&Aによる株式譲渡を行うことを決めてスタートしました。我々は50歳過ぎのおじさんスタートアップ。20年先、30年先に我々が引っ張っていく姿は考えにくく、今回の選択は正しかったと思っています。結果的にシグニティの事業に大きな力を与えてくれる最高のパートナーと出会うことができました。事業の飛躍的な成長とシグニティの従業員のことをよろしくお願いします」と期待を述べられました。

Roadの片江代表取締役.jpg

事業を譲り受けたRoadの片江光太代表取締役社長は「令和を代表する企業を創るとの大きな目標があり、それを達成するためにはM&Aという大きな武器を駆使することが最適だと考えました。M&Aを勉強している時に協調戦略という言葉に出合いました。M&Aの考え方は様々ありますが、我々にとってのM&Aは協調戦略です。1社単独では成しえなかった技術/経営/伝統/魂を引き継ぎ、次世代に繋いでいく最高の協調戦略だと考えています。私たちの会社には、創業から協調性の精神を磨いてきました。それを一つの成長戦略としてともに発展を目指していくことは本当に素晴らしいことです。シグニティの事業を日本で一番のWEBマーケティングツールにしていきます」と成長ビジョンを語り、「若い会社がM&Aに挑戦する機会になります。1つの成功事例として、日本のM&A業界の風穴を開けるような、未来の若者に夢を与えられるような企業に成長していきます。そのためにもしっかりとM&Aと事業で実績を残していきます」と熱量のある言葉で決意を語りました。

成約式集合写真.jpg

新しい門出を祝してレインボーブリッジを背景に鏡開きを行うなど出席者の高揚感と笑顔があふれました。成約式は両社にとって忘れられない一日。互いの強みが融合して生まれる企業の成長が楽しみでなりません。

株式会社Roadの事業紹介

プロフィール

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「事業譲渡・M&A・成長戦略」に関連するコラム

「子供には好きなことをやってほしい」M&A成約式で家族の想いも引き継いだ人気洋菓子店プラチノ

広報室だより
「子供には好きなことをやってほしい」M&A成約式で家族の想いも引き継いだ人気洋菓子店プラチノ

中小企業の経営者の多くは、会社の行く末、従業員の雇用や働き方など、重たい責任を一人で背負い孤独に戦っています。その孤独な闘いを支えるのが家族です。東京都世田谷区で地域に密着した洋菓子店2店舗を経営する有限会社プラチノの代表取締役田勢克也氏は、25歳でプラチノを設立し32年間先頭に立って会社経営を行ってきました。そして、設立32年目を迎える2022年4月11日、製菓メーカー株式会社ホワイエに譲渡しま

25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

広報室だより
25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

「M&Aは人助け」を信条に2008年から2022年までの間、買い手企業として計25社を譲受した大阪市のハシダ技研工業株式会社。火力発電所に使用されるガスタービン部品は高い技術力から、ゼネラル・エレクトリック(GE)社や三菱重工業など名だたる企業を取引先に持ち、自動ドアの自社ブランドも好調な製造業のグループ企業です。後継者のいない製造業を譲り受けながら成長を果たしています。事業はグループ売上高200

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

アジア最大級の食品・飲料総合展示会「FOODEX JAPAN2022」に日本M&Aセンターが初出展

広報室だより
アジア最大級の食品・飲料総合展示会「FOODEX JAPAN2022」に日本M&Aセンターが初出展

日本とアジア、世界をつなぐ国際食品・飲料総合展示会「FOODEXJAPAN2022(第47回国際食品・飲料展)」が2022年3月8日に千葉市の幕張メッセで開幕しました。アジア最大級の食品・飲料総合展示会に今回、日本M&Aセンター食品業界支援室が初出展しました。展示会では“食”に関わる最新情報や新サービスがお披露目され、4日間のイベントには国内外の1,500社以上の約1,600ブースが一堂に会しまし

「本当にM&Aでこんなことできるのか」 わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

広報室だより
「本当にM&Aでこんなことできるのか」  わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

多くの中小企業の経営者は会社の発展と従業員の雇用の安定を常に考えながら、一人で重責を背負い込み、先行き不安のなかで事業の舵取りを担っています。岡山市の住宅メーカー「サンオリエント」の創業者である磯﨑慎一取締役社長は2022年2月、日本有数の高級住宅街として知られる兵庫県芦屋市で成長する住宅メーカー「髙翔」のグループ入りを選びました。磯﨑社長は50代前半ながらM&Aを決断した背景にも、事業の発展と雇

全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業評価
全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業の後継者不在問題が深刻な沖縄県。帝国データバンクの調査によると、沖縄県の後継者不在率の高さは2011年から2020年まで全国1位、2021年は全国2位となり、2011年の調査開始から一貫して後継者不在率が70%を超えています。こうした状況を受け、同県を拠点とする沖縄銀行ではM&Aや事業承継のサポート体制の強化を進めています。その一環としてこのたび、日本M&Aセンターホールディングスグループ会社

「事業譲渡・M&A・成長戦略」に関連する学ぶコンテンツ

「事業譲渡・M&A・成長戦略」に関連するM&Aニュース

ジェイ・エム・エス、ユニオンツールより携帯型心電計事業を譲受へ

株式会社ジェイ・エム・エス(広島県広島市)は、ユニオンツール株式会社(東京都品川区)のテレメトリー式心電送信機「myBeatホームECG」事業を譲受することを決定した。ジェイ・エム・エスは、医療機器、医薬品の製造・販売および輸出・輸入を行っている。血液透析事業では、基本操作の一部を自動化した血液透析装置や、情報を一元管理できる透析情報システムなどを提供している。ユニオンツールは、切削工具、直線運動

SABU、子会社ORARYより歯科医院向けInstagram運用代行サービスを事業譲受

株式会社SABU(東京都渋谷区)は、子会社である株式会社ORARY(東京都渋谷区)より、歯科医院向けInstagram運用代行サービスを事業譲受した。SABUは、歯科専門オンライン事務代行サービス「SABU」を提供している。主な業務は、採用代行・マニュアル作成・動画編集・SNS運用など。ORARYは、オーラルヘルスケアメディア「ORARY(オラリー)」の運営、歯科医院探し代行サービス、SNS運用サ

伊藤忠商事の米関連会社Pacific Woodtech Corporation、住宅用構造材製造事業を取得へ

伊藤忠商事株式会社(8001)は、関連会社であるPacificWoodtechCorporation(アメリカ・ワシントン州、PWT)を通じて、建材メーカーであるLouisianaPacific(アメリカ・国テネシー州、LP)より、住宅用構造材製造事業を取得することを決定した。PWTは、LPが保有する米国カリフォルニア州およびノースカロライナ州所在の2工場、並びにカナダブリティッシュコロンビア州所

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース